買ってよかった電動自転車!メーカーは? 先輩ママパパ…|親子おそろいで乗れる ハローキティ自転車 でお出かけ…|上り坂では自動でパワフル!新アシスト機能でラクラク自…|他

買ってよかった電動自転車!メーカーは?【先輩ママパパのおすすめ】

2019/11/06 22:00
もりのまもりびとさんヤマハのバビーに乗っています。最初はきれいなスモークブルーの色味に惹かれてこちらを購入したい!と思いましたが、他にも子ども乗せ自転車はいろんな種類があるので、事前調査したり、試乗したりして決めました。
タイヤがしっかりしていて低めのため、子どもを乗せやすく、段々重くなっていく息子もすんなり乗せることができました。ゆくゆくはもうひとり子どもが欲しかったので、後部座席はすでに設置されており、前に取り付け式の席を付けられるタイプを選びました。
息子が小さいうち(一歳四ヶ月の頃に購入)は前に乗せており、いま後ろが指定席です。現在第二子妊娠中のため、前席もこれからまた日の目を見そうです。充電も充分もち、走行性も良いので、生活の足としてなくてはならない存在になっている電動付き自転車です。

親子おそろいで乗れる「ハローキティ自転車」でお出かけがもっと楽しく! 子供用は赤、大人用はモノクロ配色なのがオシャレ♪

2019/11/06 20:05
子どもが自転車に乗れるようになると、行動範囲が少し広がって、親子でのお出かけもさらに楽しくなりますよね。
このたび自転車専門店の「あさひ」から登場したのは、親子おそろいで乗れるキティちゃんデザインの自転車! 大人用小径車とキッズサイクルがあって、一緒に走っていると楽しくハッピーな気持ちになれそうです♪
【キティちゃんが大きくデザインされたキッズ用】こちらのハローキティとのコラボ自転車、何がいいって、おそろいでありながら大人用と子ども用でまったく同じデザインじゃないところ。
子ども用のほうは赤と白ベースのカラーで、チェーンケースにキティちゃんが大きくデザインされていて可愛らしい印象。
プレートがリボン型だったり、金属製の前カゴや補助輪にリボンのマークが入っていたりなども、キティちゃん好きの子どもは大喜びしそうです。
【白黒でシックな印象の大人用サイクル】いっぽう大人用はというと、黒と白でシックなイメージ。
子ども用と同じくプレートやカゴにリボンがデザインされていますが、プレートは白色、カゴは黒色なのでそこまで目立たず。一見しただけではキティちゃんだとわからない、この絶妙さがオッシャレ~!
【ネットで注文、お店で受取りもOK!】お値段はキッズサイクルが税込2万4980円、大人用小径車が税込4万6980円。タイヤサイズは、キッ……

上り坂では自動でパワフル!新アシスト機能でラクラク自転車ライフ

2019/11/06 20:00
電動アシスト自転車は、特に小さい子どもがいる家庭にとっては3種の神器のような存在。でも、さすがに子どもを乗せて坂道を登るとなるとやっぱりラクラクとはいきませんよね。そこで注目なのが、ヤマハの「PAS With」シリーズ2020年モデル。
ファッショナブルなデザインと実用性はそのままに、「新アシスト制御」を搭載したことで、軽いギアに切り替えてもこれまで以上にパワフルにアシストしてくれ、坂道走行も快適ですよ。
【次ページ】自動で最適なアシスト力を提供する新モードも搭載▶
12

しまなみ海道に大量の画びょう 手がかりなく捜査難航 自転車30台以上パンク

2019/11/06 19:18
 広島県尾道市から愛媛県今治市までの島々を結ぶ「瀬戸内しまなみ海道」(全長約60キロ)のサイクリングロード。景色が美しいことから海外でも知られるこの道で9月、大量の画びょうが落ちているのが見つかった。針が上を向くように粘着剤で路面に張り付けられたものもあり、自転車30台以上がパンクした。両県警は故意にばらまかれたとみて、器物損壊や道交法違反の疑いで捜査をしているが、有力な手がかりは見つかっていない。
 サイクリングロードの一部を管理する愛媛県今治土木事務所によると、9月18日、今治市が沿道に開設した宿泊施設「サンライズ糸山」などに、サイクリストから「画びょうが落ちていて自転車がパンクした」といった連絡が相次いだ。
 同事務所が確認すると、来島(くるしま)海峡大橋▽伯方(はかた)・大島大橋▽大三島(おおみしま)橋――の路上5カ所で計100個以上の画びょうが見つかった。中には50個超が落ちていた場所もあった。拾い集めたサイクリストもおり、もっと多くの画びょうがまかれたとみられる。
 愛媛県側では9月下旬までに、パンクしたり、タイヤに画びょうが刺さったりした自転車が36台確認された。広島県側では、生口(いくち)橋の両端の路上で約40個が見つかり、自転車3台がパンクした。修理した今治市の自転車専門店は「1本のタイヤに複数の画びょうが刺さっており、異常だ……

カヤック・自転車・登山で海から山へ モンベル「沖縄 やんばる SEA TO SUMMIT」12月14、15日開催

2019/11/06 19:00
 アウトドア総合ブランドのモンベルが手掛ける、カヤック・バイク・登山を組み合わせたスポーツイベント「SEA TO SUMMIT」(シートゥーサミット)が12月14日(土)と15日(日)、沖縄県名護市を中心に開催される。サンゴ礁が広がるエメラルドグリーンの海をカヤックで漕ぎ、「やんばる路」の風景を楽しみながら自転車で走り抜け、絶景広がる多野岳の頂を目指す。海から山頂へ、総距離65kmの行程で沖縄の自然を満喫できるアウトドアイベントだ。

業界初の試み!パナソニック×コンビの協業で生まれた子乗せ電アシ「ギュット・クルームR」のリアシートが至れり尽くせり

2019/11/06 18:12
パナソニック サイクルテックは、ベビー用品業界のリーディングカンパニーであるコンビと共同開発した後子乗せ電動アシスト自転車「ギュット・クルームR」を12月4日より発売。その発表会へ、乗り物担当編集の野田が行ってきました。業界シェア率を上位を誇るパナソニックが、どのような新作子乗せ電アシを発売したのか気になりますね。
パパ・ママ、子どもに快適な後子乗せ電動アシスト自転車登壇したパナソニック サイクルテック専務取締役の大西一正さんが言うには、「子乗せ電動アシスト自転車の市場は年々拡大し、当社の子乗せモデルの出荷台数も年率約17%で成長しています。特に後子乗せタイプは当社の子乗せモデル出荷台数の約7割を占める人気モデルです。今回、両社の技術融合により利便性だけでなく、お子さまの快適性も向上させた後子乗せ電動アシスト自転車を開発しました」とのこと。
↑パナソニック サイクルテック専務取締役の大西さん
パナソニックの子乗せ電動アシスト自転車、“ギュット”は人気シリーズです。そのシリーズに新たに、サンシェードを標準搭載した(これは業界初!)ギュット・クルームRが加わったわけです。そして同製品は簡潔に言うと、3つの特徴がありました。
①サンシェード標準搭載により表面温度上昇を最大約19度抑える「クリームリアシート」
今までオプションだったサンシェ……