レースで捨てられたボトルを拾え! シマノレーシングと…|WHeeLING TOKYO|自転車保険 埼玉の加入率7割で全国5位 18年に義務…|他

レースで捨てられたボトルを拾え! シマノレーシングと走った沖縄ロードクリーン作戦

2019/12/02 11:58
ツール・ド・おきなわのコースを清掃するロードクリーン活動がレース翌日に実施された。シマノレーシングの選手たちと一緒にコースを走りながら、レース中に捨てられたボトルやゴミ拾いを行い、環境美化に貢献するというもの。果たして、どれだけのゴミが収集できたのか?
「シマノレーシングと走る沖縄ロードクリーン活動」参加者の皆さん photo:Makoto.AYANO
ロードレースの祭典ツール・ド・おきなわ。5,000人以上の選手たちがやんばる地方で熱戦を繰り広げた翌日、そのコース上に捨てられたボトルやゴミなどを拾おうという「ロードクリーン作戦」が行われた。企画したのはツール・ド・おきなわ実行委員長の森兵次さん。そしてシマノレーシングが企画に賛同、5人のレース出場選手全員と野寺秀徳監督およびスタッフが参加することに。
クリーン作戦を企画したツール・ド・おきなわ実行委員長の森兵次さん シマノレーシングの木村キャプテン「いつまでもこの素晴らしいレースが走れるよう、心を込めて掃除します」
大会HPなどウェブで一般参加者の募集が呼びかけられたら、それに真っ先に反応して参加を表明してくれたのが内間康平選手(チーム右京)、元シマノレーシング出身選手の阿部良之さん(Abenova)ら。そして市民レースやサイクリングを走った一般参加者の皆さんも参加してくれた。大会翌日……

WHeeLING TOKYO

2019/12/02 11:45
WHeeLING TOKYO - 新サービス「日本全国どこでも届く デリバリー・レンタサイクル」ローンチ!:時事ドットコム  時事通信

自転車保険、埼玉の加入率7割で全国5位 18年に義務化する条例 県、未加入層に向け加入呼び掛け

2019/12/02 11:30
埼玉新聞社からのお知らせ 地震や台風など自然災害に備えを…ザ・防災フォーラム 1/11、さいたま【NEW!】 第50回埼玉文学賞の受賞作品決定!各部門の正賞、準賞を紹介【NEW!】 県内各地で「働き方改革関連法施行!セミナー付き企業向け無料相談会」開催 県内一斉ノー残業デー!キャンペーン参加店舗一覧 働き方改革 先進企業に学ぶ…視察研修で講演や意見交換、参加者募集! 県内公私立中学校へ講師派遣 進路希望、県内入試事情など多様なテーマに対応

【兵庫県】サイクルセンターサンワ「デローザ・SANWAオリジナルロードバイク」!

2019/12/02 11:15
兵庫県のサイクルショップ「サイクルセンターサンワ」では、デローザ・SANWAオリジナル ロードバイクを販売中。
お店からのメッセージ:
当店でも人気のDE ROSA!
カーボンバイクのSK!やアイドル!クロモリのネオプリマート!
名車と呼ばれるロードバイクをSANWAオリジナル仕様でアップグレード!
詳細はこちら

サイクルセンターサンワ
〒660-0881兵庫県尼崎市昭和通8-285
TEL:06-6412-3802
営業時間など店舗情報はこちら

超軽量でしっかり走れるLOUIS GARNEAUの本格キッズスポーツバイク「K18 ADVANCED」

2019/12/02 10:55
LOUIS GARNEAU日本総販売代理権を持つあさひは、11月下旬より超軽量のキッズスポーツバイク「K18 ADVANCED(ケー18 アドバンス)」の販売を開始する。販売価格は41,000円(税別)。
「K18 ADVANCED」は、キックバイクを卒業した子どものステップアップ用に開発されたハイスペックなキッズスポーツバイク。
力強いデザインのハイドロフォーミングフレームにはカラーアルマイトを施したヘッドパーツ・ハブ・ニップルを装備し、タイヤはロードバイクでも使用されるKENDA KRITERIUM ENDURANCEを採用することで走りの良さを実現。
また、日常使いに便利なセンタースタンドを標準装備しながらも車体重量は7.4kgを実現。さらに、パーツ規格が大人用バイクと同一なので、カスタム次第でさらなる軽量化も目指すことも可能。子どもと一緒にカスタマイズを楽しみたい人にもぴったりの1台だ。
サイズは265mm(適正身長110~120cm)。カラーはLG BLACK、METALIC BLUE、SPARKLE SILVER、SUNBURSTの4色を用意する。
製品情報
https://www.louisgarneausports.com/k18-advanced.html
構成/立原尚子

小林(鳥栖市出身)がケイリン「銅」 自転車W杯女子

2019/12/02 09:02
 自転車トラック種目のワールドカップ(W杯)第3戦が1日、香港で行われ、女子ケイリンの小林優香(25)=鳥栖市出身=が銅メダルを獲得した。小林が表彰台に上がるのは、女子ケイリン日本勢初の快挙となった昨年12月のドイツ・ベルリン大会で3位になって以来2度目。
 小林にとっては今シーズンのW杯初戦。1回戦を1着で通過すると、準決勝は3着に入り、決勝へ進んだ。6人で争った決勝では韓国、ウクライナの選手に次いで3着でゴールした。
 小林は2015年に賞金女王に輝くなど、女子競輪界のトップ選手。20年の東京五輪を目指し、現在は日本代表チームで自転車競技に重点を置いて活動しており、五輪出場が有力視されている。
 小林は香港に渡る前の取材に対し、「ワールドカップでメダルを取りたい」と意気込みを語っていた。今後は、W杯第4戦のニュージーランド大会(6~8日)、第5戦のオーストラリア大会(13~15日)にもスプリントとケイリンで出場を予定している。

【買い】シュッピン(3179):インバウンドからの売り上げ伸びる◆あすなろCEO 大石やすし◆ 投稿日時: 08:3…

2019/12/02 08:30
最新投稿日時:2019/12/02 08:30 - 「【買い】シュッピン(3179):インバウンドからの売り上げ伸びる◆あすなろCEO 大石やすし◆」(大石やすし)
【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被……

大阪府警が違反車を見逃し自転車を職質したと、職質を受けた男性が告発

2019/12/02 08:14
大阪府警が違反車を見逃し自転車を職質したと、職質を受けた男性が告発  ニフティニュース

77%オフも!Amazonタイムセールで「アウトドア用テント」や「クッキングツール」が今ならお買い得ですよ

2019/12/02 08:00
Amazon(アマゾン)で毎日開催されているAmazonタイムセール、今日2019年12月2日は「アウトドア用テント」や「クッキングツール」ほか、今すぐ欲しい人気のアイテムがお得に多数登場しています。
なお、以下の表示価格は2019年12月2日8時00分現在のもの。変更や売り切れの可能性もありますので、それぞれ販売ページでご確認ください(サイズやカラー選択も可能ですが、一部セール対象外のサイズ・カラーもありますので、販売ページでよくご確認ください)。

エアーマット 【2019最新版キャンプマット】 AirExpect 車中泊エアーマット アウトドア ハンドポンプ付き 枕付き 折畳み式 テント キャンプ 軽量 コンパクト 防水防潮 防災 40Dナイロン TPU生地 キャンプ用品 収納袋付き
¥2,864(20%オフ:12月2日14時00分まで:限定個数) Amazonで見てみる

マエカワ 超軽量 通気性バツグン 蚊帳付き 2WAY ハンモック パラシュート 生地 二人 フルセット 防虫 2人 用
¥2,704(20%オフ:12月2日14時45分まで:限定個数) Amazonで見てみる

【YOGOTO】寝袋 シュラフ ダウン 連結可 耐寒温度-25℃ スリーピングバック シェラフ マミー型 冬用 羽毛 車内……

【静岡県】自転車安全利用イベントにGT、バーレーが出展。12/15開催

2019/12/02 07:36
静岡県西遠自転車商業組合では2019年12月15日(日)、アクトシティ浜松にて「自転車の安全安心と災害時の利用」を主旨としたイベントを開催。GT、バーレーが出展し、試乗車を用意する。
当日は小学生向けの交通安全教室、電動カート(セニアカー)や電動アシスト自転車を体験できるコーナーもあるので家族や仲間を誘って参加しよう。
自転車に乗る全ての人の安心と安全を守るために!静岡県西遠自転車商業協同組合 展示会企画
自動車 安全 安心 みてくだ祭開催日:2019年12月15日(日)11:00〜15:00
開催地:アクトシティ浜松 展示イベントホール(静岡県浜松市中区板屋町111-1)
入場無料
主催:静岡県西遠自転車商業組合
詳細はこちら
【GT試乗車】
アバランチェ スポーツ29 M ブラック
https://www.riteway-jp.com/bicycle/gt/bikes/avalanche_sport_29_6091/
アグレッサー エキスパート27.5 M シルバー
https://www.riteway-jp.com/bicycle/gt/bikes/aggressor_expert_6091/
ストンパー プライム26 26″ レッド
https://www.ritewa……

【京都産業大学】タンパク質合成の異常から細胞を救う新たなタンパク質を発見 -- 英国科学誌『Nature Commu…

2019/12/02 05:30
 タンパク質は、生体内のほとんどの生命現象に必須の重要な分子である。細胞内では、メッセンジャーRNA(mRNA)という、長いひも状の分子に転写された遺伝情報に基づいて、タンパク質合成装置(リボソーム)により、多種多様なタンパク質が合成される。この過程は翻訳と呼ばれ、すべての生物が共通に持つ、基本的、かつ生育に必須な仕組みである。この翻訳が停滞せず、正しく進行することを保証するための仕組み(翻訳の品質管理機構)もまた、生物が生きていく上ではなくてはならないものである。
 今回、異常なmRNA上で、翻訳を終結できずに停滞してしまったリボソームを解放(レスキュー)する新たな因子として、グラム陽性菌に分類される枯草菌から、BrfAというタンパク質を発見した。翻訳終結は、リリースファクター(RF)と呼ばれる因子が終止コドンを認識することで起こるが、BrfAは、終止コドンがない状況でもRFを活性化し、異常mRNA上で停滞したリボソームを解放することが分かった。RFに依存したリボソームレスキュー機構は、これまで、グラム陰性菌に分類されるごく一部の細菌においてのみ知られていたが、今回の研究から、グラム陰性菌とは分類学上近縁ではないグラム陽性菌の仲間にも、非常に類似した仕組みが進化の過程で備わっていたことが明らかとなった。
 今回の新規レスキュー因子の発見は、将来……

電動自転車を前橋市が貸与 脱・車依存へ実証実験

2019/12/02 05:00
 実証実験の開始を前に、市は11月、前橋商工会議所と太陽誘電、ブリヂストンサイクルなどと連携協定を締結。貸与する自転車は太陽誘電がブリヂストンサイクルから購入し、位置を捕捉する全地球測位システム(GPS)を装着した。商議所を通じ、買い物や通院で使いそうな主婦や高齢者、事業者らにモニターとなってもらい、無償で8月末まで貸し出す。
 分析する際には、GPSで得られるデータに加え、モニターにもSNSで発信してもらい、使い心地なども材料にする。この結果をバス路線の再編や自転車専用レーンの設置、シェアサイクルの導入といった交通政策に生かす。
 市は、車のない人でも公共交通機関などでスムーズに移動できるよう、スマートフォンのアプリを使った「MaaS(マース)」と呼ばれるサービスも検討。環境に優しい自転車も、移動手段の柱に育てていく考えだ。

2人乗り「タンデム自転車」解禁 宇都宮で体験講習【動画】

2019/12/02 05:00
 視覚障害者らも利用できる2人乗りの「タンデム自転車」の公道走行が1日、県内で解禁された。タンデム自転車の特性などを理解してもらおうと県警は同日、宇都宮市陽東7丁目の宇都宮大工学部の敷地内や周辺の公道で体験講習会を開いた。
Web写真館に別カットの写真
 講習会には県サイクリング協会のメンバーや視覚障害者ら約40人が参加。県警の吉田英生(よしだひでお)交通企画課長は「普通の自転車と乗車感覚が違う。安全第一を常に考えてほしい」とあいさつした。
 警察官らが乗車時のルールや自転車の特性を参加者に説明。その後、敷地内で約10台の自転車に2人ずつ乗り、バランスなどを確かめた。公道走行を心待ちにしていたという視覚障害者の同市新里町、無職赤坂赳夫(あかさかたけお)さん(79)は「公道は車の音なども聞こえ、社会の中で走っていると実感した。今後、サイクリングイベントなどにも参加したい」と笑顔で語った。

12年目のブリッツェン

2019/12/02 00:09
先週末は地域密着型チームのパイオニアである「宇都宮ブリッツェン」のファンイベントに参加してきました(ジャパンカップの開催地である宇都宮森林公園をハイキング!)。
チームが本格的なスタートを切ってから、来季で12年目のシーズンを迎えるブリッツェンですが、これまで本当に多くの実績を残し、また新たな自転車文化を創造し続けてきました。
ブリッツェン設立以前の国内主要自転車ロードレースチームといえば、いわゆる「実業団チーム」が中心となっていましたが、そんな中で完全な独立型チームという形態を持ち、更にチーム名に企業名が入らない「地域密着型」チームとして誕生し、その上でずっと拡大を続けてきたことは、ある意味で快挙と言って良いと思います。
また、チーム運営だけでなく、レースを創ることにも力を入れており、ブリッツェンの存在により「ジャパンカップ クリテリウム」や「ツール・ド・とちぎ」、「Jプロツアー 宇都宮ラウンド」などの集客力のある公式レースが続々と誕生していきました。
更にチーム発足当初からずっと続けている地域の学校への出張型自転車教室や、小学生を対象とした本格的な自転車チームである「ブリッツェンステラ」のスタートなど、未来を担う子供たち向けの取り組みにも力を入れています。
そして、「宇都宮ブリッツェン」といえば、やはりチームを応援する熱い熱いフ……