ウィリエールとアスタナがパートナーシップを締結|サンコー 自動車や自転車の空気入れが可能な コンパク…|サイクルエイドジャパン MTBライド磐梯山 2020…|他

ウィリエールとアスタナがパートナーシップを締結

2019/12/03 11:45
UCIワールドツアーチームのアスタナが3年間に渡るアルゴン18との契約を終了し、新たにウィリエールとのパートナーシップを締結した。鮮やかなブルーメタリックにペイントされたオールラウンドモデル、ZERO SLRをメインバイクに据えワールドツアーを戦う。
ウィリエールがアスタナの新たなパートナーに
来季アスタナが使用するウィリエール ZERO SLR (c)Wilier Triestina
12月2日付けでウィリエールがUCIワールドツアーチームのアスタナとのパートナーシップ締結を発表した。ウィリエールは近年、トタル・ディレクトエネルジーやウィリエールトリエスティーナ・セッレイタリアなどのプロコンチネンタルチームへバイクサポートを行ってきたが、ワールドチームとの関わりはランプレに機材供給していた2012年以降途絶えていた。実に8年ぶりとなるワールドツアーへの参戦だ。
カザフスタン籍のワールドチーム、アスタナはヤコブ・フグルサングやミゲルアンヘル・ロペス、アレクセイ・ルツェンコらを中心に2019シーズンは37勝もの勝利を挙げてきた。チームは来季からウィリエールの軽量オールラウンドモデル「ZERO SLR」をメインバイクに据えレースを走る。また、タイムトライアルバイクは同社の「TURBINE」を駆る。これらアスタナチームカラーモデルは一般発売もさ……

サンコー、自動車や自転車の空気入れが可能な、コンパクトな充電式エアコンプレッサー

2019/12/03 11:19
 自動車だけではなく、自転車のタイヤの空気が入れられる自転車用アダプタも付属。英式、仏式の2種類が付属する。そのほかボール用アダプタ、風船用アダプタも付属する。
 本体はUSB充電式。モバイルバッテリーでの充電も可能。また送電機能を備え、モバイル機器を充電することもできる。暗い所でも作業がしやすいLEDを搭載。
 本体サイズは55×221mm(直径×高さ)で、重さは約400g。バッテリー容量は1,000mAh。充電時間は約40分(2AのACアダプター使用時)。使用可能時間は12~16分。連続使用可能時間は最大8分。LEDライト駆動時間は最大60~70分。

サイクルエイドジャパン「MTBライド磐梯山」2020年は10月11日に開催 メイン会場も変更

2019/12/03 11:17
 「サイクルエイドジャパン」は、東日本大震災被災地復興支援を目的としたイベント。自転車協会が2012年に全国各地で立ち上げたもので、参加費の一部が東日本大震災の復興支援金として寄付される。
 「サイクルエイドジャパン 猪苗代 MTB RIDE」では猪苗代町の観光資源開発・活性化を図るため、グリーンシーズンのゲレンデでマウンテンバイク(MTB)を活用。新たな観光の魅力になることを目指している。
MTBを新たな観光の魅力として活用する ©CYCLE AID JAPAN 2020年度の大会はこれまでメイン会場だった「グランドサンピア猪苗代リゾートスキー場」から「リステルスキーファンタジア」に変更。2009年にスキーフリースタイル競技・モーグルの世界選手権が開催されたスキー場を舞台に自転車で走ることができる。
 例年、2時間エンデュランスをはじめとしたレース種目やツーリング、自転車の試乗会などが催されるが、来年度の種目は現在検討中だ。決まり次第大会公式ホームページで告知される。

プレミア「ウインターグローブ」防水・防風・透湿の自転車用グローブ

2019/12/03 10:49
premier(プレミア)の冬用グローブは、防水・防風・透湿のハイポラのインサート仕様で雨・風をシャットアウト。通気性、透湿性で中は蒸れず、快適で暖かい。
premier(プレミア)ウインターグローブ
価格:3900円(税抜)
素材:ナイロン、スパンデックス、ハイポラ
リフレクター付き
サイズ: S(24.5cm)、 M(26cm)、 L(27.5cm)
カラー:ブラック

NCDQRコード対応の駐輪場決済サービスを開始

2019/12/03 10:00
国内最大級の自転車パーキング事業などを展開する日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:下條 治、以下 NCD)は、QRコード決済対応の駐輪場精算システムを開発し2019年12月から自社管理物件を中心に順次導入していきます。
専用のシステム「ES21 QRコード決済システム」を活用し、自転車を止めている駐輪番号を入力すると自動的に料金が表示され、お好みの決済サービスを選択するだけで簡単に決済できるようになります。
   ES21 QRコード決済             

2019年7月の東京都のデータによると都内だけでも1500か所超の駐輪場があり、日々通勤や通学に駐輪場が活用されています。これまでは交通系などの電子マネー決済には対応していましたが、昨今急速に普及しているQRコード決済に対応している精算システムはありませんでした。
多種多様な電子マネー決済に対応することにより駐輪場利用者の利便性の向上を図り、今後も増加が予測される海外からの観光客の利用も見込まれるため、約5カ月前から開発を行いこの度サービスを開始するに至りました。

■ES21 QRコード決済システムの特徴
 ・駐輪場に設置されたQRコードをスマートフォンのカメラやバーコードリーダー、対応マネーのアプリケーション……

ヤマハ発動機が「電動アシスト自転車 賢いバッテリー選び」を公式サイトで公開

2019/12/03 08:41
自転車1台分の重量を肩代わりする実力電動アシスト自転車の開発現場で電装畑一筋に活躍してきた技術者、ヤマハ発動機 SPV事業部開発部の野澤伸治郎さんは電動アシスト自転車のバッテリーについてこう語る。
「世界初の電動アシスト自転車である初代PAS(1993年)には、安価で汎用性の高い鉛電池が使われていました。このモデルの走行距離は約20km(1充電あたり)。四半世紀におよぶ各種技術の進化で、リチウムイオン電池を搭載した最新モデルでは100km(※)まで伸びています。」
※オートエコモードプラス(走行モード)の場合
「仮に100kmという距離を当時の鉛電池を搭載した車両で実現しようとしたら、電池単体でおよそ自転車1台分もの重量になる計算です。つまり、自転車にもう1台の自転車を載せて走るようなものですから、これだけでリチウムイオン電池の実力をご理解いただけるかと思います。」
リチウムイオン電池の開発で、2019年のノーベル化学賞に選ばれた吉野彰さん。その授賞式が12月10日に開かれる。いまや世界のインフラとも呼ばれるリチウムイオン電池は、電動アシスト自転車の性能・機能の向上、また、それに伴うお客様の広がりにも大きな貢献を果たしてきた。
「(授賞のニュースは)自宅のテレビで知りました。リチウムイオンは、社会にとっても私自身にとっても非常に身近……

【茨城新聞】自転車観光 3コース 県央9市町村モデル案発表 名所、グルメ周遊

2019/12/03 08:11
県央地域9市町村と観光協会でつくる「いばらき県央地域観光協議会」は、構成自治体をまたいだサイクリングのモデルコース案を明らかにした。3自治体ごとに総距離50〜70キロの計3コースを設け、観光地の周遊や周辺グルメなどの誘客を促し「サイクル…

自転車:イ・ヘジン、韓国初W杯女子ケイリン金

2019/12/03 08:09
 自転車競技の韓国代表イ・ヘジン(27)=漣川郡庁、世界ランキング4位、写真=が韓国で初めて競輪種目のワールドカップ(W杯)で金メダルを手にした。 イ・ヘジンは1日、香港で行われた2019-20国際自転車競技連合(UCI)トラックW杯第3戦、女子ケイリン決勝で、ウクライナのリウボフ・バソワ(世界24位)と日本の小林優香(世界12位)を抜き、先頭でフィニッシュラインを通過した。第1戦の敗者復活戦を経て、第2戦に出場したイ・ヘジンは、世界ランキング1位のリ・ケイシ=香港=らを抜いて決勝に進み、見事なレースを繰り広げた。 ケイリンは250メートルのトラックを8周して順位を決める短距離種目だ。男子は2000年のシドニー五輪、女子は2012年のロンドン五輪から正式種目に採用されている。 韓国短距離自転車トラックレースの看板選手であるイ・ヘジンは、18歳だった2010年の世界ジュニア選手権スプリントと500メートルで2冠に輝き、韓国自転車競技界で初めて世界選手権の金メダルを手にした。その後、国内では女子短距離競技の第一人者としての地位を築いたが、国際舞台での優勝とは縁がなかった。 2016年のリオデジャネイロ五輪ではケイリン競技中、前を走っていた選手が転倒して一緒にバランスを崩し、決勝に進めなかった。昨年のジャカルタ・アジア大会ではスプリントとケイリンが銀、団体スプリントは……

オフロードウェアの「ネオクラ」、FASTHOUSEの新作が続々と(webオートバイ)(ヘッドライン)

2019/12/03 07:16
オーセンティックかつスタイリッシュ。既存のオフロードウェアの枠にとらわれないFASTHOUSEが、続々と新作ウェアを発売している。オフロードバイクウェアのネオクラシックともいえるスタイルは、おしゃれライダーならチェック必須。
一般的なアパレルと同じように、80年や90年代のデザインがリバイバルされることは、オフロードウェアでも珍しくない。当然オフロードウェアではビビッドなカラーリングの"いかにも"な物になるし、だからこそ当時に思いを馳せる人もいるわけだが、そんな中でFASTHOUSEのウェアのシックでスマートともいえるテイストは異彩を放っているのだ。(webオートバイ)

中高生デザイン自由化 自転車のヘルメット定着へ 山本知事

2019/12/03 00:00
 山本一太知事は2日の県議会一般質問で、自転車通学する中高生へのヘルメット着用の定着に向け、来年度から取り組みを強化する考えを示した。着用が義務化されている中学生を含め、ヘルメットのデザインを自由にす ...