トレイルアドベンチャー・よこはま が2月29日にオ…|北島康介 聖火ランナーを激励 楽しんで|クルマのタイヤにエアマット 自転車まで! マルチにつ…|他

「トレイルアドベンチャー・よこはま」が2月29日にオープン 森の中でMTBやe-Bikeが楽しめる

2020/02/12 23:45
横浜市旭区に2月29日、「トレイルアドベンチャー・よこはま」(横浜市旭区上白根町 )がオープンする。施設のコンセプトは「多目的フロートレイル」。緩やかな傾斜でのアップダウンやコーナーなどを配置し、MTB(マウンテンバイク)、e-MTB(電動アシスト機能つきMTB)、 e-Bike(電動モーターバイク)などを上級者から初心者、子供から大人まで気軽に楽しめる森の中の多目的なコース。トレイルの設計には、MTBツーリズムの提唱者で、世界各地のトレイルを手掛けるスイス・アレグラ社が協力。バイクやヘルメットのレンタルサービスもあり、手ぶらで来場して遊ぶことができる。運営はパシフィックネットワーク(東京都渋谷区)。「よこはま動物園ズーラシア」近くの自然豊かな森にある「フォレストアドベンチャー・よこはま」に隣接する同施設は、新たなアウトドアの楽しみ方を提案するブランドの第1号施設。市内初の公募設置管理制度「Park-PFI」を活用して整備され、公園内の樹林地を自転車等で利用できる本格的な有料施設としては横浜初。コース利用料は2500円から。

北島康介、聖火ランナーを激励「楽しんで」

2020/02/12 22:17
元競泳日本代表の北島康介さん(37)が12日、都内で行われた「コカ・コーラ社 東京2020オリンピック聖火リレー」のPRイベントに出席した。
同社のチーフ・オリンピック担当・オフィサー(COO)を務める北島さんの「どうぞ!」という掛け声とともに、3月26日からはじまる「東京2020オリンピック聖火リレー」で使用される伴走車「コンボイ車両」が、お披露目された。五輪カラーに彩られた同車を見た北島は「かっこいいですね」と目を輝かせた。
NPO法人の会長で来年100歳の誕生日を迎える矢崎文彦(やざき・ふみひこ)さんが、「チームコカ・コーラ」の一般聖火ランナーとして都内を走行予定。矢崎さんは、自転車メーカーを経て、20年前に「東京葛飾バイコロジー推進協議会」を設立し、環境に優しく心身にも良いサイクリングの普及と正しい自転車利用の啓発活動を続けている。
矢崎さんが「全力で走って、社会のために自転車の良さを普及していきたい」と意気込みを語ると、自身も過去に2度、聖火ランナーを務めた経験がある北島さんは「ケガしないように楽しんでください。緊張すると思うんですけど、まずは楽しんでもらうことが大事だと思います」とエールを送った。

クルマのタイヤにエアマット、自転車まで! マルチにつかえる画期的空気入れを発見!!

2020/02/12 20:00
世界最大の電動工具メーカー「BLACK DECKER(ブラック・アンド・デッカー)」が、アウトドアで大活躍しそうな空気入れをリリースする。
リチウムイオン充電池、コンセント、シガーソケットと、なんと3種類の電源に対応。付属するアダプタも豊富で、使い道はほとんど無限大だ。
3種類の電源に対応する空気入れ。
トリプルパワーソース 電動マルチ空気入れ ¥16280
使用できる電源は3種類。家庭用のコンセントはもちろんのこと、クルマのシガーソケットでも、そして同ブランドの充電池でもOK。つまりはオートキャンプなど、アウトドアで活躍する空気入れだということだ。
たくさんの空気を短時間に吐出する「高容量モード」と、じっくりと大きな空気圧で送り出す「高圧モード」を選べる。キャンプ場でクルマのタイヤに空気を充填することだってできてしまう。
 
付属アダプタでボールもロードバイクもOK。
アウトドアで空気入れが必要となるシーンは意外に多い。キャンプ用のエアマットや子どもたちが遊ぶサッカーボール、ロードバイクを車載して出かけたとき……等など。
海遊びに出かけたきは、本当に助かるギアとなるだろう。もちろん人力で空気を入れてもいいのだが、大きなフロートなどは多くの時間と労力を費やすことに……。
電動の空気入れを持っていたとして……

本格ロードから街乗りまでガンガン走れる万能Eバイク(&GP)

2020/02/12 20:00
電動アシスト付き自転車は、今や“スポーティなスタイル”がトレンド。キャノンデール・ジャパンの「Quick NEO(クイック ネオ)」(29万円/税別)も、スタイリッシュなデザインが魅力の一台。通勤や通学、街乗りが楽しくなること間違いなしのEバイクです!
【部位パーツの詳細はこちら】
「Quick NEO」に搭載されているパワーユニット・Bosch G3アクティブラインプラスは、軽量・小型サイズでありながら静音かつ250Wのパワフルなアシストを提供。始動時や坂道でも、重さ知らずのスムーズで軽やかな踏み出しを実現します。
アシストをオフにしても、ライドを邪魔する走行抵抗が発生しない仕様。バッテリーは500Whの大容量で、航続距離は最長でなんと165km! フレームにスッキリと収まる省設計も魅力的です。
サドルとハンドル間の絶妙なサイズは、高速走行時の安定性と俊敏なハンドル操作を両立。ギア(9段変速)とブレーキは安心と信頼のシマノ製、タイヤサイズは悪路でも安定して走れる700×35c(約27インチ×35mm幅)です。
キックスタンド、フェンダー、ラックマウント、ライト用ケーブルを標準で装備し、スタイルや必要に応じて自由に取り付け・取り外しができます。フレームはSM/MD/LGの3サイズ、カラーはエメラルドのみです。
爽快で楽しいライ……

広島・福山 「ツネイシしまなみビレッジ」宿泊休止へ 11月末、スポーツ施設は継続(山陽新聞デジタル)

2020/02/12 19:16
 レジャー施設運営などのツネイシLR(広島県福山市沼隈町常石)は、運営する研修宿泊施設「ツネイシしまなみビレッジ」(沼隈町中山南)の営業を11月末で休止する。少子高齢化などに伴う利用者減が主な原因。宿泊施設は閉所するが、サッカー場とアリーナなどのスポーツ施設は営業を継続する。
 しまなみビレッジは1973年に設立。10万平方メートルの敷地に中四国最大規模のサッカー場3面、962人が収容できる宿泊棟3棟、アリーナなどを備える。利用者数は公表していないが、中高生の合宿や関西圏の小学生の修学旅行、サッカーやラグビーの練習などに使われてきた。
 同社によると、学校関係の利用が多かったこともあり近年は少子化に伴って利用者が減少していた。部屋に風呂がほしいといった宿泊者の要望の変化に対応するのも難しかったという。
 子どもら向けに実施してきたカッターボート、サイクリングなどの体験プログラムも休止する。
 広報担当者は「宿泊機能はなくなるが、引き続き地元のスポーツ振興に寄与していきたい」としている。

熱狂のツアー・コロンビア開幕 初日TTTでEFプロサイクリングが圧勝

2020/02/12 19:08
コロンビアを舞台にした高地レース「ツアー・コロンビア2.1」が開幕。ベルナルやイギータなどコロンビアンクライマーが揃ったステージレースの初日チームタイムトライアルで、圧倒的なペースを刻んだEFプロサイクリングがステージ優勝に輝いた。
サッカースタジアムで開催されたチームプレゼン。大観衆がスタンドを埋めた (c)CorVos
先のナショナル選手権で大落車したエガン・ベルナル(コロンビア、チームイネオス)が登場 (c)CorVos声援に応えるジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ) (c)CorVos
2月11日(火)から16日(日)までの6日間で開催されるツアー・コロンビア2.1は、その名の通りコロンビアを舞台にしたUCIカテゴリー2.1のステージレース。第3回目の開催ではあるものの、昨年にエガン・ベルナル(チームイネオス)がコロンビア史上初めてツール・ド・フランス優勝を成し遂げるなど、爆発的なロードレース人気を象徴するように6つのワールドチーム(ドゥクーニンク・クイックステップ、EFプロサイクリング、イスラエル・スタートアップネイション、モビスター、チームイネオス、UAEチームエミレーツ)が参加し、トップクラスのコロンビア人選手を中心に多数の豪華メンバーが集結。開幕前日のチームプレゼンテーションでは4万人収容のサ……

トーキョーバイクが新モデル「TOKYOBIKE MONO(モノ)」と「TOKYOBIKE CALIN(カラン)」を2…

2020/02/12 19:05
トーキョーバイクが新モデル「TOKYOBIKE MONO(モノ)」と「TOKYOBIKE CALIN(カラン)」を2020年春に発売  時事通信

サードバイクス・フェスロード発売 初めてのロードバイクに最適なエントリーモデル

2020/02/12 18:12
ホダカのスポーツバイクブランド「THIRDBIKES (サードバイクス)」から、ロードバイクに初めてチャレンジする人に最適な「FESROAD (フェスロード)」が発売された。
フェスロードはロードバイクが初めての人に最適なエントリーモデル。高級ロードバイクにも採用される下側1-1/2インチの上下異径ヘッド規格をフレームに採用している。上位モデルのテクノロジーを受け継いでいるので、強く踏み込んだときやコーナーを速いスピードで走るときの剛性を確保し、ハンドル操作の安定感や安全性を高める。
街乗り用途にも配慮し、ふだん使いに必須のベル、ライト、キックスタンドを標準装備。加えて、一般的なロードバイクよりも幅広なタイヤを装備しているので、ちょっとした段差や低速域でふらつきにくくなっている。