都市の自転車移動におすすめしたい Arc’teryx…|今まで自転車に乗っていて幽霊を見たことがありますか…|県20年度当初予算案 一般会計1兆2792億円 豊か…|他

Contents

都市の自転車移動におすすめしたい Arc'teryxの耐水ショルダー・トートバッグ

2020/02/14 11:38
吉田大ライター・編集者。大学卒業後、児童書出版社勤務を経て、フリーランスに。ファッション、アート、音楽、ストリートカルチャーから、政治経済、社会問題、テクノロジー、グルメに至るまで、多岐にわたるジャンルにおいて、長年にわたり執筆活動を続けている。趣味は自転車と立ち食いそば店めぐり。お酒や煙草を嗜まないストレート・エッジな生活を送っている。

「今まで自転車に乗っていて幽霊を見たことがありますか?」 コメントを募集します

2020/02/14 11:30
新着ニュース よみもの 「今まで自転車に乗っていて幽霊を見たことがありますか?」 コメントを募集します 2020/02/14 11:30
プロダクト 真っ赤な“レーゼロ”が登場 玉虫色の「ドグマ」にも注目が集まる 2020/02/14 06:00
プロダクト キャノンデールから日本仕様初のe-BIKE「クイック ネオ」が発売 ボッシュ製ユニットを搭載 2020/02/13 19:00
イベント 窪木⼀茂・増田成幸両選手と走る「あぶくまサイクリングin鮫川&古殿」 福島県で3月7日開催 2020/02/13 18:00
プロダクト フェルト「AR」を実走インプレッション 速さと扱いやすさを両立させたエアロロード 2020/02/13 11:30
レース NIPPOの中根英登「ようやく勝てた」 プロチームサポート6年目で悲願の日本人初優勝 2020/02/13 06:35
もっと見る
PR
ピックアップ レース ファンデルプールが圧巻の独走で男子エリート2連覇 2位にはピドコック
よみもの 現代を生きる企業戦士たち必見のドキュメンタリー映画『栄光のマイヨジョーヌ』をレビュー
よみもの スキルアップにケガの予防、自転車トレーニングに効……

県20年度当初予算案 一般会計1兆2792億円 豊かな街づくり実現へ(その1) /静岡

2020/02/14 11:30
02年度以降で最大規模  県は13日、1兆2792億円の2020年度一般会計当初予算案を発表した。前年度を726億円(6・0%)上回った。台風の災害復旧や社会保障費の増加などから、02年度以降で最も規模が大きくなった。県東部での東京五輪・パラリンピックの自転車競技開催に向けて、重点的な取り組みの一つにスポーツを掲げた。【山田英之、古川幸奈】

諏訪で1000回、体力の限り日本語教室 72歳・小野川さん

2020/02/14 11:29
 五年後、英語を学ぶためカナダへ。通学したのは政府が運営する無料の語学教室で、生徒の大半が難民だった。「一クラスに二十二、三人いて、アフガニスタンやグアテマラ、コンゴなど国はさまざま。十七の言語が飛び交っていました」と思い出す。

自転車 宇都宮の増田成幸を五輪へ 運営会社がクラウドファンディング

2020/02/14 10:43
 自転車ロードレースの宇都宮ブリッツェンを運営するサイクルスポーツマネージメント(宇都宮市今泉町、柿沼章(かきぬまあきら)社長)は14日から、増田成幸(ますだなりゆき)主将の東京五輪日本代表選出を後押 ...

自転車 ツール・ド・ランカウイ 宇都宮は鈴木龍が28位

2020/02/14 10:42
 国際自転車競技連合(UCI)アジアツアー「ツール・ド・ランカウイ」は13日、マレーシアのバガン~アロースター間の130・4キロで第7ステージを行い、宇都宮ブリッツェンは鈴木龍(すずきりゅう)の28位 ...

カイホウジャパン、電動アシスト自転車「SUISUI(スイスイ)」の販売強化において武田産業と業務提携:時事ドットコム

2020/02/14 10:35
カイホウジャパン、電動アシスト自転車「SUISUI(スイスイ)」の販売強化において武田産業と業務提携:時事ドットコム  時事通信

“不死鳥”増田を五輪へ ブリッツェン運営会社がクラウドファンディング 目標500万円、海外強化費に

2020/02/14 10:11
 自転車ロードレースの宇都宮ブリッツェンを運営するサイクルスポーツマネージメント(宇都宮市今泉町、柿沼章(かきぬまあきら)社長)は14日から、増田成幸(ますだなりゆき)主将の東京五輪日本代表選出を後押しするクラウドファンディング(CF)を実施する。500万円を目標に一般から幅広く出資を募り、海外遠征費や高地トレーニング費などに充てる。柿沼社長は「増田を大舞台へ送り出すという夢を、支援者の皆さんと共有していきたい」と呼び掛けている。
 CFは「フェニックス・プロジェクト」と名付けた。度重なるけがや甲状腺疾患「バセドー病」などから何度も第一線に復活し、「不死鳥」と呼ばれる増田にちなんだ。CFを通してチーム活動をさらに知ってもらうことも狙いの一つだ。
 東京五輪の日本代表男子の出場枠は2。5月末までの国際自転車競技連合(UCI)ポイントの獲得状況を基にした国内選考ランキングで、上位2選手が選出される。増田は同2位(3日現在)につけるが、今後は海外チーム所属選手の大幅なポイント獲得が予想され、国内外で開催されるUCIレースでポイントを加算する必要がある。
 ブリッツェンは今季、増田の五輪代表入りを最大の目標に掲げる。海外レース出場費などとして約450万円の予算を確保しているが、増田の上位入賞を支えるチームメートの強化も必須。高地トレーニングを複数回行う……

長い期間楽しく遊べる日本限定27.5インチのキッズ用MTB コナ KILAUEA SE

2020/02/14 09:02
カナダ発祥のノースショアスタイルを原点に持つオフロードバイクブランド「KONA」。日本のKONA RACING TEAMを率いる選手兼監督の井手川直樹の想いに応え、日本限定のキッズMTB「KILAUEA SE」を作り上げた。著しく成長する子供でも長く使える設計とされていることが特徴だ。
コナ KILAUEA SE(GLOSS DESERT TAN) (c)KONA
ハワイ島の火山の名前が与えられたコナのキッズMTB「KILAUEA SE(キラウエア)」。コナのキッズMTBは20インチ、24インチのみの展開だったが、KILAUEA SEは27.5インチを採用する日本限定で展開するモデル。日本のみという特別品である理由は、日本のKONA RACING TEAMで選手兼監督を務める井手川直樹さんの活動が深く関わっている。
井手川さんはグラビティ系MTB競技で最前線に立つ傍ら、日本キッズバイク安全普及推進協会の代表理事を務めており、子どもたちへのMTBスクールを開催し続けている。その経験から井手川さんが得た「子どもたちにとって最適なサイズのMTBに楽しく長く乗って欲しい」という想いに、コナ本国が応える形でKILAUEA SEが生み出された。既存モデルのアレンジではなく、いちから図面を書き起こすほど手間がかけられているスペシャルバイクだ。
フォーク……

集団スプリントでサレーが大会2勝目 伊藤雅和が逃げ、大前翔が9位

2020/02/14 08:33
伊藤雅和(愛三工業レーシングチーム)が逃げたツール・ド・ランカウイ第7ステージは大会4度目の集団スプリントで決着。モハメドハリフ・サレー(マレーシア、トレンガヌInc.TSGサイクリングチーム)が2勝目を挙げ、大前翔(愛三工業レーシングチーム)が9位に入った。
雨の中逃げる伊藤雅和(愛三工業レーシングチーム)ら (c)www.ltdlangkawi.my
マレーシアを舞台に開催されてきたツール・ド・ランカウイ(UCI2.Pro)もいよいよ大詰め。全8日間中の7日目は、世界三大仏教遺跡のひとつと称される地方バガンから、ケダ州の州都アロー・スターを目指して北上する130kmの短距離ステージだ。海岸線に沿って北上するど平坦コースの最後に、この日もスプリンターがスピードを競い合った。
雨の中スタートを切るとすぐに、伊藤雅和(愛三工業レーシングチーム)を含む5名がエスケープ。前日にアタックに次ぐアタックが終始続いた消耗戦を経ていたメイン集団はスピードを緩め、最大4分40秒のリードを許した。
後半は曇り時々晴れ。緩やかなアップダウンを駆け抜ける (c)www.ltdlangkawi.my
のどかな田園風景の中を走るプロトン (c)www.ltdlangkawi.my
総合首位の証であるイエロージャージを着るダニーロ・セラーノ(イタリア)を……

ラファ ファウンデーションが新たに4つの自転車団体を支援

2020/02/14 08:14
次世代の選手たちに感動と力を与えてサポートし、サイクリング界により良い未来をもたらすというミッションを継続する『ラファ ファウンデーション』。
すで助成金を受け取っているアメリカの5つの団体に加えて、2020年より新たにイギリスとヨーロッパで地域に根ざした草の根活動を行う4つの自転車団体を支援する。
これらの支援団体には、南ロンドンの歴史的なヴェロドロームや、女性サイクリストの権利を守る活動を行っている団体なども含まれている。
・ヘレン100:シクロクロスにおける若い女性にチャンスを与えるために設立された。
・レイナー ファウンデーション:キャリアの一歩を踏み出す若いサイクリストをサポートするため1995年に設立。
・サイクリストアライアンス:オランダを拠点にし、女性サイクリストの権利を守る活動を行っている。
・ハーンヒル ヴェロドローム トラスト:南ロンドンの歴史ある競技場を運営するためのチャリティー団体。
詳細はこちら

大手航空会社のCAが退職してたどり着いた意外な職業 父親の自転車店を復活「自分だけの1台を」(47NEWS)

2020/02/14 07:02
 笑中さんは短大卒業後、フィットネスジムのインストラクターに就いたが、小 学生の頃からなりたかった職業は客室乗務員。夢を諦め切れず、98年に全日空 に入社、国内外を飛び回った。「お客さんと話すのが何より楽しかった」と振り 返る。
 ▽猛反対の父を説得
 充実した日々だったが、14年に3人目の子どもを出産した際、産休中に「新 しいことに挑戦したい」という思いが強くなった。そのとき頭に浮かんだのが、 公三さんが客と楽しそうに話をしていた姿。店は2004年に閉店していたもの の、在庫は残っていた。
 店の手伝いさえしたことがなかった笑中さんだったが、「自分で店をやってみ たい」という気持ちが芽生えた。店の復活を相談すると、公三さんは「なんでし んどい道を進むんや」と猛反対。それでも思いを断ち切ることはできず、15年 秋に全日空を退社。大阪市の自転車店で約8カ月間、基本を一から学んだ。
 説得を重ねるうちに公三さんも応援してくれるようになった。「自転車だけ売 るんじゃない。自転車のある生活を売るんや」「客室乗務員の経験を無駄にする な」。助言を受け、16年に開業にこぎ着けた。

今週末のシンクロニシティ占い(2月14日 ~ 16日)

2020/02/14 07:00
今週末のあなたの運勢はどのようなものでしょうか?幸運、不運、出会いに別れ、嬉し恥ずかしバレンタイン。巡り巡る子羊たちの週末の運勢を占ってさしあげましょう。

初心者&リターンライダーの不安解消スクール開催情報【ヤマハライディングアカデミー】

2020/02/14 06:30
「ヤマハライディングアカデミー(YRA)」は、ヤマハ発動機販売が主催するバイクレッスンスクール。免許を取得したばかりで公道には少し不安がある、久しぶりにバイクに乗ってみたいけどスキルに自信がない…、そんな初心者ライダーやリターンライダーのために「安全」「楽しい」「 正しい」「役に立つ」をポイントとしたカリキュラムが用意されている。コースやカリキュラムに応じた車両が用意されるだけでなく、ヘルメット・グローブ・プロテクターもレンタルOKで、自前で何も持っていなくても気軽に参加できるのも◎だ。
また、「平成生まれ限定」「女性限定」のレッスンも用意されており、若年層や女性でも臆することなく参加できるのも特徴だ。
レッスン内容はオンロード向けとオフロード向けの2種に分かれている。特にオフロードはなかなか実体験できる機会がないので、「オンロードバイクに乗っているけどオフロードは未経験」「オフロードはやってみたいけど敷居が高そう」と思っている人にはオススメだ。こちらもオフロード車両/装備を持っていなくても参加できるので、気になる人はホームページを確認してみよう。

真っ赤な“レーゼロ”が登場 玉虫色の「ドグマ」にも注目が集まる

2020/02/14 06:00
 国内外の自転車パーツブランドを取り扱うカワシマサイクルサプライが製品展示会を開催した。会場にはフルクラムの人気ホイール「レーシングゼロ」や、ピナレロ「ドグマF12」の新色が並び注目を集めていた。
“レーゼロ”こと「レーシングゼロ コンペティツィオーネ DB」に新色が追加 Photo: Shusaku MATSUO カワシマサイクルサプライの展示会「Rioshow」は春と秋に開催されており、主にパーツブランドの注目製品が展示される。一般に開かれた展示会ではなく、プロショップのスタッフが対象で、春のサイクリングシーズン到来を前に店舗に並べる商品を熱心に選定する来場者で賑わった。
ディスクブレーキ仕様となり、リムの際まで色付けが施された Photo: Shusaku MATSUO なかでも注目を集めたのがリムやスポークまで真っ赤な装いとなったフルクラムのアルミフラッグシップホイール「レーシングゼロ コンペティツィオーネ DB カスタム」だ。通称“レーゼロ”の愛称で知られるこのホイールは、2007年に初代が登場して以来、プロ選手からホビーレーサーまで幅広い層に支持を受けている。ディスクブレーキ仕様が昨年末に登場していたが、今回このモデルに新色が追加された。

楢原 秀太郎(ならはらひでたろう)さん

2020/02/14 00:00
 ○…仕事終わりに座間駅近くの居酒屋で酒を呑む。「それが一日を締めくくる欠かせない日課なんだ」といい、好物の魚料理をつまみながら笑う。行きつけの店では女将さんや常連の間で、面白い自転車を作る人として名が通っている。「今は三輪・四輪の自転車を作っている。使う人それぞれに合った自転車を届けたいんだ」と話す。

 ○…生まれは愛知県半田市。物心ついたころから戦車や車が好きで、それが高じて大学は工学部に進み、大手車両メーカーに就職。建設現場などで使われる重機の開発に携わった。42歳で独立し、現在は立野台で株式会社リキシャマンの代表として三輪・四輪自転車を作っている。転ばないため子育て世代や高齢者にも人気だという。「好きなことを追いかけ続けてきたから、開発に成功できた。最初の信念がブレちゃいけないんだ」

 ○…立野台にはマイホームを買うため、妻と物件を巡っている時にたどり着いた。最初は東京や横浜といった都心部に居を構えたかったが、妻が現在の家と近くの公園を気に入り購入した。妻は5年ほど前に他界。「自分が住みたかった都心に比べれば、ここは田舎。奥さんとの思い出もあるし、自分も座間の一員って気持ちが芽生えてきたよ」と座間愛をのぞかせる。

 ○…1993年から三輪・四輪自転車の研究を続けてきた。テレビで取り上げられることもあり……

新愛称に「ふれあい」 多摩川サイクリングコース

2020/02/14 00:00
 歩行者と自転車が安全に利用できるコースを目指し、市は「多摩川サイクリングコース」等の愛称を公募。投票結果を受けて2月4日、「かわさき多摩川ふれあいロード」に決まった。
 市内の多摩川河川敷にある全長20・2キロの「多摩川サイクリングコース」と、臨海部の「多摩川河口青少年サイクリングコース」は歩行者優先の道。「サイクリング」という名称のイメージを刷新しようと、昨年10月に愛称を募集し、401点の応募があった。有識者らによる会議で4つの候補に絞り、先月末までウェブサイトでの市民投票を実施。古市場小学校(幸区)の瀬賀稔太さん(11)ほか5人が考案した「かわさき多摩川ふれあいロード」が選ばれた。
 候補に残った名称はいずれも「かわさき多摩川」で始まり、「ゆずり愛のみち」「いこいの道」などの案があった。

NPO法人丹沢を愛する会 新プロジェクト始動 地域と自然繋ぐまち興し

2020/02/14 00:00
 丹沢の環境保護や観光資源としての魅力発信などを行うNPO法人丹沢を愛する会(山本哲史理事長)が2月8日、新たな取り組みとして「丹沢活性化プロジェクト」を本格始動した。この日は県立秦野戸川公園のYAMA CAFEに地域住民など20人が集まり、活動の趣旨や今後の展望について説明した。
 同プロジェクトは丹沢の環境づくりを行うとともに、その魅力を市内外に発信し、登山などアウトドア観光の誘客を図る取り組み。建設が進められている新東名高速道路開通前に、丹沢という観光資源を地域と一体になって活用し、集客の要にしようという狙いもある。昨年12月に山本さんと会員の安藤康洋さんが中心となって立ち上げ、現在は数人の協力者とともに活動している。
広域連携目指し
 プロジェクトの主な取り組みは、林道の整備や遊休地の有効活用をすることで山林の保全を行うこと。これらを遊び場や農業体験の場として提供し地域と山とを繋ぎ、青少年育成やアウトドア観光促進にも繋げていきたい考えだ。
 「例えば遊休地に少し起伏をつければマウンテンバイクのコースができるし、農業体験を上手く活用すれば高齢化で手が付かない農地を蘇らせることもできる。キャンプ場の可能性も模索していきたい」と山本さんは話す。いくつかの取り組みは、すでに提案と交渉を行っているという。
 参加者の前で山本さんは「長……