ロードバイク市場の成長する需要 上昇傾向および202…|メディアに取り上げられました 自転車保険比較の方程…|聖火リレー 粛々と準備 …長野|他

ロードバイク市場の成長する需要、上昇傾向および2020年の展望

2020/03/24 17:56
市場洞察レポートは、と題し、リポジトリに新しい統計データの入手性を発表したサフラン市場。レポートは、読者が市場の範囲をより上手に測定できるようにするために、柱、機能、販売戦略、計画モデルなどの幅広いビジネス面への有用な洞察を提供します。さらに、レポートは、業界のパフォーマンスを推進するのに役立つ独特のツールと方法論に加えて、最近の開発と技術プラットフォームにも光を当てています。リンクをクリックして、レポートのサンプルコピーを取得し ます。https ://www.marketinsightsreports.com/reports/04081178500/global-saffron-market-insights-forecast-to-2025/inquiry?Mode = 19トップ企業はサフラン市場レポートで覆われています: ノビンサフラン、シャフリサフラン、ゴハールサフラン、イランサフラン、ローハニサフラン、タルヴァンド、アザフラネスマンチェゴス、SL、クロコスコザニ、上海製薬ホールディングス、サフランビジネス、グランドーア、HEA、キングケサリヤ、Wani Fruit Enterprises、SAFRANTE GLOBAL、Taj Agro Products、Great American Spice Company、その他。タイプ別のサフラン市場セグメ……

【メディアに取り上げられました】自転車保険比較の方程式としてのコメントがダイヤモンド・ザイ5月号(3月21日発売)の…

2020/03/24 16:00
2020/03/24 16:00
【ドリームニュース】https://www.dreamnews.jp/press/0000212283/
【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212283&id=bodyimage1】
株式会社FICE(本社:東京都港区、代表取締役:山本晴一朗)は Diamond ZAI(ダイヤモンド・ザイ)に自転車保険についての情報を提供し、比較サイト「自転車保険比較の方程式」としてコメントが紹介されました。
2020年4月から始まる東京都の自転車保険義務化に先立ち、ダイヤモンド・ザイ 5月号(2020年3月21日発売)では、自転車保険についての特集ページが用意されています。その中で、自転車保険の選び方について、「自転車保険比較の方程式」としての見解が紹介されました。
自転車保険比較の方程式トップページ
https://jitensha.hokenshiki.com
東京都の自転車保険加入義務化について
https://jitensha.hokenshiki.com/column/articlej186
記事が掲載されたダイヤモンド・ザイ 5月号はこちら
https://diamond.jp……

聖火リレー「粛々と準備」…長野

2020/03/24 14:10
 「準備はしっかり整っている。どういうふうにも対応はしていきたいと思っている」。聖火リレー初日のゴールとなる長野市の加藤久雄市長は23日、定例記者会見で聖火リレーについて問われるとそう答えた。
 大会組織委員会は同日、聖火リレーは今月26日に福島県をスタートする計画に変更はないとする一方、実施方法は改めて検討するとした。長野県内での実施方針は、26日までを目安に示される見通しで、加藤市長は「できるだけ早く方針を示してほしい」と述べた。県内で最初に聖火が通る軽井沢町も「聖火リレーが実施される前提で粛々と準備を進めるしかない」とした。
 感染拡大の影響が続く中、延期を含めた検討を行うことに県内自治体で最後に聖火が通る松本市の堀洋一スポーツ推進課長は「もし延期されれば、今リレーを行っても盛り上がりに欠けるのではないか」と口にした。
 聖火ランナーも複雑な胸中を明かした。前回の東京五輪が行われた1964年生まれで、初日に上田市内を走る松本市の松商学園高校野球部監督の足立修さん(56)は「光栄で待ち焦がれている舞台だが、安全が最優先。決定に従うだけ」と話した。
 「感染が拡大する世界の状況を見れば延期を検討するのは当たり前だと思う」と話すのは96年アトランタ五輪マウンテンバイク代表の小林可奈子さん(49)。2日目に地元の安曇野市を駆け抜ける予定で「……

シマノ、創業100周年に向け特設サイトを公開 フォトコンテストも

2020/03/24 12:30
2021年3月、創業100周年シマノは、堺の刃付け職人であった創業者・島野庄三郎が、自転車部品を製造するため創業した「島野鐵工所」が由来だ。庄三郎は創業当初から自転車部品の中でもっとも技術が必要だとされるフリーホイールの生産を目標に定めた。当時、国産のフリーホイールは焼き入れ技術が劣り、ベアリングの品質が高くなかったとされており、この課題を、職人としての持ち前の技術と輸入ベアリングを用いて解決。「自転車のシマノ」の礎を築いただけでなく、20世紀初頭から形成されつつあった「自転車産業のまち」としての堺の発展を決定づけたといわれる。
特設サイトでは、シマノの現在の主幹事業である自転車関連とフィッシング関連の歴史をたどる動画を、月1回、それぞれ1本ずつ公開していく。同時に動画の内容にちなんだ壁紙もダウンロード可能になる予定だ。
フォトコンテストも開催 6つのテーマで作品を順次募集コンテンツ公開と同時に、特設サイトではフォトコンテストの開催も発表された。シマノの事業である「自転車、釣り、ロウイング」に関するテーマに沿った写真を一般から募集。優勝者には記念の写真集が贈呈されるという。順次、以下のテーマで募集する予定だ。
テーマ応募期間

4月のテスト大会延期 自転車

2020/03/24 12:05
4月のテスト大会延期 自転車  時事通信ニュース

あわら市感幸プロモーション動画『幸、感じるまち。あわら市』公開

2020/03/24 12:01
■あわら市感幸プロモーション動画『幸、感じるまち。あわら市』(各編/版)
・あわら市インターネット放送局「ねっとdeあわら」
 http://www.city.awara.lg.jp/mokuteki/cityinfo/kouhou/movie/806/index.html
・YouTube動画「あ!わらってネット」
 https://www.youtube.com/channel/UCRAFuvVcUVjxFb_ASjzltPg上段左からタイトル・田園内のあわら温泉・越前がに・あわら温泉屋台村、下段左から:弁天島・刈安山森林自然公園・蓮如忌・藤野厳九郎記念館と「藤野厳九郎・魯迅の像」
 あわら市は、あと3年後に迫った北陸新幹線芦原温泉駅開業を見据え、昨年、観光振興戦略のコンセプトを「和心あふれる国際的な感幸地」に決定しました。和心の「和」は、心が温まり癒やされる「和(なご)み」、周囲のまちなみや自然、人と人との調和を意味しています。「感幸地」は、県民の幸福度ナンバーワンの福井県において、住む人も、訪れた人も、幸せを感じることができる土地、という想いをこめています。
 動画は、あわら温泉の優れた泉質や日本海、湖や川、緑豊かな山々などの自然、歴史文化、これらがもたらす食の恵み、産業、人々の暮らしぶりをほっと和むナレーション映像と……