折りたたみ電動自転車市場でCovid-19の影響20…|IPX7強化防水! スマホも充電できるソーラーリュッ…|バーチャルサイクリングイベント GRANFOND K…|他

折りたたみ電動自転車市場でCovid-19の影響2020:2026にすることで世界の産業用アプリケーション、キープレ…

2020/06/27 22:51
折りたたみ電動自転車産業2020年のグローバル市場調査レポートプレゼント折りたたみ電動自転車の市場規模、成長、シェア、セグメント、メーカー、および技術、主要動向、市場ドライバ、課題、標準化、導入モデル、機会、将来のロードマップと2026年見通しの詳細な分析。
www.precisionreports.co/enquiry/request-sample/15652468でレポートのサンプルコピーを要求
電動自転車折りたたみ電動自転車は、輸送及び保管を容易に、コンパクトな形状に折り畳むように設計された自転車であるpropulsion.Andのために使用することができる一体型電動モーター付き自転車です。
折りたたみ電動自転車市場は市場を協調されます。トップ15メーカーの売上高は、2017年ハイエンド製品の総売上高の約65%は、主にアメリカやヨーロッパから来占めています。グローバル折りたたみ電動自転車市場は、北米、欧州、中国、日本、そこでRoAと行に分割されています。
このレポートでは、折りたたみ電動自転車のためのグローバルな市場での完全な定量的データおよび定性的な分析を提供しています。市場規模は、国、製品の種類、アプリケーション、および競合他社によって分析されます。拡張カバレッジは、追加のエンドユーザー業界の故障との綿密なプロデューサー……

IPX7強化防水! スマホも充電できるソーラーリュック「SUVPACK」

2020/06/27 20:04
“水陸両用”なんていうとちょっと大袈裟かもしれませんが、それに近いバッグがあります。その名も「SUVPACK」です!
こちらは、現在machi-yaでクラウドファンディングを実施中。IPX7強化防水かつ発電効率23%のソーラー発電が可能なスグレモノのリュックです。簡単に説明すると、水に沈めても浸水しない高い防水性を備えており、移動しながらスマホやモバイルバッテリーを充電できます。“水陸両用”たるゆえん、おわかりいただけたでしょうか?
支援期間も残りわずかとなりましたので、今回は「SUVPACK」の魅力をおさらいしていきたいと思います。
浸水知らずのIPX7強化防水!Image: oztradeinc「IPX」とは防水の等級を示し、9段階で表現されます。「SUV PACK」が取得しているIPX7は、水面下・15cm〜1mに30分沈めても、内部への浸水がない等級です。バックパック史上、ここまで高い防水性を持っている物は珍しいかもしれませんね。
Image: oztradeinc日本は、台風がやってきたり、梅雨があったりと、雨がまとまって降る時節が多いですよね。バッグを水の中に沈めることはあまりないかもしれませんが、土砂降りでそれに近いような状況になることはあるはず。そんな時、大切なパソコンや資料を雨水から守ってくれるのが、この「SUV PAC……

バーチャルサイクリングイベント「GRANFOND KOMORO feat. Long Rider Stories! …

2020/06/27 20:00
バーチャルサイクリングイベント「GRANFOND KOMORO feat. Long Rider Stories! Enjoy Ride」の累計参加者が5,000人を突破したことが発表された。
「GRANFOND KOMORO feat. Long Rider Stories! Enjoy Ride」
「GRANFOND KOMORO feat. Long Rider Stories! Enjoy Ride」は、「Zwift」「ブシロードメディア」「グランフォンドKOMORO実行委員会」の3社がコラボレーションし、5月3日より開催されているバーチャルサイクリングイベント。5月3日から6月21日まではトレーニングライドとして、計8回のライドイベントが開催され、累計参加者数は5,183人となった。
そして、6月28日にはメインイベントである山岳ロングライド「GRANFONDO KOMORO Feat. Long Rider Stories!Enjoy Ride」が開催される。
●GRANFONDO KOMORO Feat. Long Rider Stories!Enjoy Ride
開催日時:6月28日
◆Aグループ:10:00スタート ルート:Watopia The Mega Pretzel(距離:107km、獲得標高:1642……

編集部のイチオシ記事「人気連載『 栗村修の輪”生相談』が動画化!」など 6月20~26日掲載

2020/06/27 19:00
 「ツール・ド・ニッポン」等のイベントを手掛けるルーツ・スポーツ・ジャパンが打ち出した分散型? イベント。相次ぐイベント中止を嘆くのではなく、それを逆手にとった柔軟な発想はさすがです。
 私も、このコロナ禍における自転車のキーワードの一つに「旅」があると思います。イベントやレース等の‟目標”がない当面は、それに費やしていた時間と脚力を使って、自由に旅をしてみるのも良いのではないかと思います。
 クラスターになることになく旅ができるのも自転車の強味。こんなシーズンもなかなかありませんから、前向きに楽しみを見つけていきましょう。それにしてもこのイベント、「願い」ってどこまで叶えてくれるんでしょう…?