オフロードバイクの技術力を自転車のフレームにも!? …|キャサリン妃一家 観光業サポートに子どもたちと国内ス…|クロカン以上 オールマウンテン未満 を楽しむ里山ラ…|他

オフロードバイクの技術力を自転車のフレームにも!? ヤマハの新型スポーツ電アシ「YPJ-MT Pro」登場(バイクの…

2020/08/01 17:00
業界ニュース2020.07.30YZシリーズ21年モデルが、国内発表。ニューモデルYZ450FXは102万円
業界ニュース2020.07.30ヤマハのE-MTBにフルサス・フルスペックモデルが登場。まるでその御姿“YZ”也
業界ニュース2020.07.30ドゥカティ最新モデル「e-Scrambler」発売 電動アシスト自転車版「スクランブラー」登場!
ニューモデル2020.08.01「最新モデル試乗」安全機能向上! 韋駄天コンパクト、スズキ・スイフトスポーツの痛快世界
……

キャサリン妃一家、観光業サポートに子どもたちと国内ステイケーション

2020/08/01 14:30
一家みんなで島へお出かけ写真:SPLASH/アフロウィリアム王子とキャサリン妃は、例年、英王室御用達のカリブ海のプライベートアイランド、マスティク島で夏休みを過ごすのが常だが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあって旅行もままならないのが現状だ。しかし2人は、自国の観光産業をサポートするべく、ジョージ王子とシャーロット王女、ルイ王子と共にイギリスのシリー諸島のトレスコ島にステイケーションしていたようだ。
「Mirror」によれば、観光客が、島をサイクリングしているウィリアム王子とキャサリン妃に出くわしたようで、「2人は楽しそうに笑いながらサイクリングをしていました。あとから気が付いて驚いたのですが、とてもフレンドリーで、気軽に声をかけてくれた」という。
この場所は1989年、ウィリアム王子が7歳の時に、父親のチャールズ皇太子と母親の故ダイアナ妃、弟のヘンリー王子と訪れた思い出の場所。スーツ姿のチャールズ皇太子とピンクのセーターに白いパンツ姿のダイアナ妃、赤いセーターにギンガムチェックの短パンのウィリアム王子、紺のセーターにギンガムチェックの短パンのヘンリー王子が、自転車に乗っている当時の4ショット写真が掲載されている。
また「Daily Mail」には、キャサリン妃と2016年に島を訪れた時の様子を捉えた写真も掲載されているが、「今英国……

「クロカン以上、オールマウンテン未満」を楽しむ里山ライドのタイヤ選び

2020/08/01 13:28
インプレッションモデルバイクは世界中のXCレーサーに愛用者が多く居るハードテイル29er、モンドレイカーPODIUM。この軽量XCレーシングバイクをベースに、里山のトレイルライドを楽しむスタイルを提案します。
この章で紹介するヴィットリアAGGARO(アガーロ) は、クロスカントリータイヤの系譜でありながらも純XCレースタイヤに比べるとノブが大きく、グリップ力に余裕をもちます。XCバイクにこのタイヤとドロッパーポストを装着することで、開放感を味わうトレイルバイクとしての遊び方が可能になります。
AGGARO 29×23.5 ケーシングはTRAILのみだ
軽量なXCタイヤに慣れているライダーには970g(29×23.5サイズ)という重量は重たく感じると思うけど、速く走る事を追求する「トレーニング」や「レース」とは視点を変えて、いつもの身近なフィールドで「トレイルライド」を楽しんでみてはいかがでしょう? 急な登りを低速で上ってトラクションコントロールの向上に取り組んだり、いつもは直線的なラインで通過しているトレイルでも、視点を変えてバンクを積極的に利用して「フローを感じるライン取り」にチャレンジするなど、テクニックの向上に取り組めば走りの幅を広げることができます。その副産物として、レースでは技術面で余裕が出てレース中のテクニカルな場面でスムーズに……

下りメインで楽しむ里山エクストリームライドのタイヤ選び

2020/08/01 13:27
インプレッションモデルとしたチタン製のハードテイルバイク モノラルAEは、150mmストロークのFサスを基準に設計された下り系29er。日本発のアウトドアギアブランド「MONORAL」のMTB好き開発者が、日本の地形にあったバイクとして設計した下り系バイクで、「AE」はAll MountainとEnduroの2つの頭文字をとっています。下りメインにジオメトリーが引かれた、ロングストロークのFサスの性能を最大限に生かして下る「登れるダウンヒル系ハードテイルバイク」。こうした現代の遊び心あるセッティングのバイクは高性能タイヤと組み合わせれば十分に楽しめるでしょう。
フロント&リアともにMAZZA 29×2.6を装着。ケーシングはしなやかなTRAILだ
フロントフォークに36mm径の150mmストロークのものをセット。ヘッドアングルも64°で、下りを攻めることを楽しもうというバイク。そのフレームとフロントフォークの剛性の高さにあったタイヤの選択が必要になる。もしこれにグリップの悪いタイヤを使ってしまうと、フレームもフォークも硬すぎて路面を掴む能力がない全然トンチンカンな走りのバイクになってしまうので、軽さでタイヤを選ばず、フレームとフォークの能力を受け止められるハイパフォーマンスタイヤを選ぶべきです。
MAZZA 29×2.6 エアボリュームとノ……

エンデューロ&オールマウンテン 下り系レースに勝つタイヤ選択

2020/08/01 13:24
インプレッション超人気車種サンタクルズCAMEREON、ハードテイルのカーボンフレームにFサスは130mmストローク、そしてこのシーンでは29インチで乗ります(CAMEREONは29と27.5インチのコンパチ使用が可能なバイク)。
フロント:MAZZA 29×2.4 TRAILケーシング
タイヤサイズはフロントがMAZZAの2.4、リアがMARTELLOの2.6と、前タイヤが細くて後ろが太い組み合わせになっています。これが僕が今エンデューロレースに出場するときに選びたい組み合わせです。国内のエンデューロレースにもハードテールクラスがありますが、あえて総合順位でWサス勢に対してどこまで食い込めるか楽しんでいます。テクニックで勝負という面はありますが、タイヤの性能が試されるとも言えますね。
MAZZA 29×2.4 前輪は路面に刺して走りたいため2.4のチョイス ノブが大きく張り出すMAZZA 29×2.4。前タイヤが細く、リアが太い組み合わせ。
ダウンヒルやエンデューロで標準的な太さのタイヤを選びます。乗り心地の面白さを求めるなら前後共に29+(29プラス)で、フロントにも2.6の太さを入れてあげるとフワフワして面白くはなるんですが、それだとフロントの面圧が低いんです。つまりコーナリングでエッジが効かない。フロントタイヤが太いとブロック……

トレイル/エンデューロ系MTBタイヤはライディングシーンに合わせて選べ!

2020/08/01 13:18
ヴィットリアのトレイル/エンデューロタイヤってどんな性質?ヴィットリアタイヤのサービスアドバイザー 豊口泰弘さんと三上和志さん(サイクルハウスMIKAMI) photo:Makoto.AYANO3つのタイヤの実走&インプレに入る前に、三上さんとヴィットリア日本総代理店V.T.J(ブイ・ティー・ジェイ)のサービスアドバイザー 豊口さんによるQ&A対談を紹介しよう。
豊口さんは一昨年まで某タイヤメーカーに勤務。オフロード系タイヤの設計・開発に携わった。退職後の昨年からは、CJシリーズや各レース会場でヴィットリアのタイヤサポートブースを展開。出場選手のトラブルに対応したり、タイヤの使い方のアドバイスを行っている頼もしい存在だ。
三上和志さん×豊口泰弘さん対談から見るタイヤの特徴三上:改めてヴィットリアのトレイル/エンデューロタイヤ、今回テストする3モデルについてそれぞれ性格を教えて下さい。
ヴィットリアMAZZA、MARTELLO、AGARRO photo:Makoto.AYANO
豊口:まずAGGAROはヴィットリアのXCタイヤとエンデューロタイヤ両方の良いところを採用したトレイルタイヤですね。上りも下りもあるテレインに対応すべく、センタートレッドのノブは密、しかし泥捌けに配慮してあります。サイドは小さめのノブでそこそこに横へ張り出して、コー……

バイクでトレッキング オフロードバイクで行ってみたい林道ツーリング その魅力とは?(バイクのニュース)

2020/08/01 13:04
\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/pcore-1.0.2.min.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/security/pf/yjsecure.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\" src=\"https://s.yimg.jp/images/mempf/mt_pc_mhd.js\">\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\nwindow.msthdPromo = function() {\n YAHOO.JP.msthd.Promo.init();\n};\n\u003c/script>\n\u003cscript type=\"text/javascript\">\n (function(d,t){var s=d.getElementsByTagName(t)[0],n=d.createElement(t);n.id='msthdScr……

ダボスより軽量な「FR-1 フロントラック」が発売 ロード・クロスバイク向け軽量キャリア

2020/08/01 12:00
 フカヤがツーリング向けバイクや用品をラインナップするオリジナルブランド「DAVOS」(ダボス)より、ロードバイク・クロスバイク向けの軽量フロントキャリア「FR-1 フロントラック」を発売した。発売以来好評な箕浦製の「ポーティアラック KCL3-F」をよりコンパクトに、より軽量化して使いやすくした。
 「FR-1 フロントラック」もポーティアラックと同様に、箕浦製のメイド・イン・ジャパン。前フォークのダボとフォーククラウン中央貫通孔の3カ所で取り付ける。素材を天板はスチール、脚部はアルミ材にし、構造を工夫したことで、重量はポーティアラックの1.8kgから695gという半分以下の軽量化に成功。漕ぎ出しの際にラックの重さでふらつくことなくスムーズに発進できる。