バンクシー 自転車で新作 少女が車輪をフラフープに|デジタルジャパンカップ はNTTプロサイクリングの…|自転車通勤におすすめ 本格登山ウェアにも採用の生地を…|他

バンクシー、自転車で新作 少女が車輪をフラフープに

2020/10/17 22:11
 【ロンドン共同】素性不明の芸術家バンクシーが17日、写真共有アプリ「インスタグラム」で新作を公表した。自転車のタイヤをフラフープ代わりにして遊ぶ少女を街中の壁に描いた。英メディアによると、新作は中部ノッティンガムにある。

「デジタルジャパンカップ」はNTTプロサイクリングのコナー・ブラウンが優勝、2位に日本人選手

2020/10/17 21:26
2位ほか、多くの日本人選手がトップ10に入るゴール前、猛追するホフラントを振り切ろうとする大前翔(愛三工業レーシングチーム)/ジャパンカップYouTube公式チャンネルより本日開催された「デジタルジャパンカップサイクルロードレースうつのみや」は、コロナ禍で中止となったジャパンカップサイクルロードレースの代替大会として、バーチャルサイクリングサービス「ROUVY」上に本番さながらのコースを設定、開催されたバーチャルレースだ。ワールドチーム3チームを含む14チームに、スペシャルライダーとしてアルベルト・コンタドール氏も加えた総勢37人で、宇都宮森林公園の実際のコースを撮影した周回コースを3周するかたちで開催された。
バーチャルレースの場合は実際のレースと違い風の影響がなく、最初から最後まで高出力を出し続けなければならないため、選手の消耗が激しくなる。そのため、今年多く開催されたレースはいずれも1時間程度で終了するようにオーガナイズされており、今回も3周回という短いコースとなった。
スタート直後からパワーを見せつけたのは、NTTプロサイクリングのコナー・ブラウン。エリートチームではなくU-23の選手だが、終始パワーレシオ5倍前後の高出力を出し続け独走。その後ろに10人前後の日本人選手を中心とした後続集団が形成され(もちろんバーチャル上であり、集団による効果……

自転車通勤におすすめ。本格登山ウェアにも採用の生地を採用した高機能アウター

2020/10/17 19:45
デザインバリエーションとして、コート丈になっているAll Purpose Trench Coatも用意されているので好みに合わせて選べるのは良いですね。
Photo: Junya Masuda
メーカーの「PANTAVUS」は、アークテリクスなど有名アウトドアブランドを送り出すカナダの新興メーカー。創業者は有名メーカーなどの製造を請け負っていたそうですが、それらの経験を元に2016年に創業したようです。
製品クオリティへのこだわりはもちろん、安く使われる海外下請け工場を問題視するなど社会課題にも目を向け、製品はすべてカナダの自社工場で職人の手によって生み出されているとのことで、品質の高さは感じられました。
Photo: Junya Masuda
生地自体は薄手で軽く、快適な着心地。風を通さないので寒さは感じにくいと思います。
より寒い時期にはセーターなどを中に着れば耐えられそうなので、たくさん着込みたい人は1サイズ大きめを選ぶといいかもしれませんね。
ピッタリなシルエットがお好みであればジャストサイズがおすすめ。
Photo: Junya Masuda
モデル身長176cm / 着用サイズ Everyday Commuter Men's M
バックシルエットがこちら。
控えめな同色系のロゴプリント……

「自転車に乗って参加する野外音楽イベント」が開催されてしまう

2020/10/17 18:06
新型コロナで音楽イベントの開催が困難な中、新しい楽しみ方の提案と言えるでしょうか。詳細は以下から。
イギリスのリヴァプールにて先週の土曜日、数百台もの自転車が爆音でダンスミュージックを流すバスを追いかけながら走るという前代未聞の音楽イベントが開催されました。
この「Ride and Rave」イベントはオープンエアに改造され、サウンドシステムとDJブースを搭載したイベント用のバスによって行われました。
Billie ClementsさんとRobert McPartlandさんがDJとしてこのバスに搭乗し、2時間にわたってエレクトロやハウスをプレイしながらリヴァプール市内を爆走。それを最大200台の自転車が追いかけるというえらいことに。