自転車共有市場:開発 現在の分析および2028年まで…|ヤマハ発動機 24型子乗せ電動アシスト自転車のカラー…|自転車競技ナショナルチームのブノワ・コーチが前橋競輪…|他

自転車共有市場:開発、現在の分析および2028年までの推定予測

2020/10/18 16:53
“グローバル自転車共有マーケットレポートでは、自転車共有マーケットの新しい進歩と展望について説明しています。この市場レポートは、自転車共有の業界の主要な課題、採用動向、将来の成長の可能性、競争力のある見通し、主要な推進力、制約、市場のエコシステム、機会、およびバリューチェーン分析を分析します。 自転車共有市場レポートの目的は、自転車共有の業界にわたる新たなアプリケーション分野を特定することにより、最近の開発動向と今後の機会を知ることです。
このレポートのサンプルコピー: https://www.quincemarketinsights.com/request-sample-64327?utm_source=SA/SN
自転車共有マーケットの主要プレーヤーにはLyft、Ofo、Uber、Neutron Holdings Inc. dba Lime(以前のLimeBike)、Youon Bike、Mobike、BirdRides。が含まれます
自転車共有市場は自転車の種類別(従来型/通常の自転車、電動自転車)、共有システム別(ドッキング、ドックレス)に分割することができます
自転車共有
このレポートは、グローバル自転車共有市場の分析のための包括的な環境を提供します。分析で提供される市場調査の見積もりは、徹底的な一次インタビュー、二次調査……

ヤマハ発動機、24型子乗せ電動アシスト自転車のカラーリング変更…2021年モデル発売へ

2020/10/18 16:30
ヤマハ発動機は、パパとママで共用しやすい、幼児2人同乗基準に適合した24型子乗せ電動アシスト自転車『PASクルー』のカラーリングを変更し、2021年2月3日に発売する。
PASクルーは、優れた登坂性能を発揮する「PAS」シリーズ最上位のアシスト力、登坂時などの高回転ペダリングでものびやかで快適なアシストフィーリングと状況に合わせて全自動でアシスト力を制御する「スマートパワーアシスト」を装備。また、子どもの頭部を270度包み込む安心感のあるリヤチャイルドシートや、お子様の通園時期が終わった後にチャイルドシートを外しても末永く使えるオシャレなスタイリングも特徴だ。
2021年モデルは、スタイリングや快適機能はそのままに、スタイリッシュな大人の上質感を感じる「マットアンバー2」、定番の人気カラーである「マットブラック」を追加。継続色の「パウダーブルー」と合わせた3色を設定した。
価格は16万8300円。
《纐纈敏也@DAYS》

自転車競技ナショナルチームのブノワ・コーチが前橋競輪場でトークショー

2020/10/18 15:48
 自転車競技ナショナルチームのブノワ・ベトゥヘッドコーチと、同スタッフで元競輪選手の佐々木龍也氏が18日、「第29回寛仁親王牌」最終日を開催中の群馬・前橋競輪場(ヤマダグリーンドーム前橋)の2階正面特設ステージでトークショーを行った。
 11月5日から8日まで「第89回 全日本自転車競技選手権大会トラック・レース」が行われる会場でトークショーに登場したブノワは、集まったファンを前に「こんにちは。よろしくお願いします」と開口一番、日本語であいさつ。「コロナ渦で海外の大会がないなかで、今回や来月の小倉『競輪祭』など国内の大会が、ナショナルチームにとっても大切な目的になっている」と説明。
 今大会でも決勝に勝ち進んだ、東京五輪代表で日本のエース・脇本雄太や、新田祐大については「脇本は毎日トレーニングで見ているが、今回は、そんな自分でも圧倒される走りを見せている。新田は、まだ今年G1を取れていないので今回と小倉は大事な大会」と話した。

コース短縮も難易度は共通 「クラシックの王様」ロンド・ファン・フラーンデレンが本日開催

2020/10/18 14:21
ファンデルプールとファンアールトの再戦に注目 ウルフパックのエースはアラフィリップ
なんといっても注目は、1週間前の前哨戦ヘント〜ウェヴェルヘムで互いをライバル視し勝負を捨てることとなったマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)とワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィズマ)の二人だろう。
1週間前のヘント〜ウェヴェルヘムで戦うファンアールトとファンデルプール photo:CorVos
ミラノ〜サンレモを制したファンアールトは、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュで落車しDNSを余儀なくされたグレッグ・ファンアーヴェルマート(ベルギー、CCCチーム)無き母国ベルギー勢期待の星。初出場2018年に9位、昨年は14位と表彰台を逃しているファンアールトは、ツール・ド・フランスでタッグを組んだアムントグレンダール・ヤンセン(ノルウェー)やマイク・テウニッセン(オランダ)といったメンバーを引き連れて今季モニュメント2勝目を目指す。
ヘントフィニッシュ後、ファンアールトの口撃を避けたオランダ王者ファンデルプールは2年連続2度目の出場だ。昨年はレース途中に前輪破損で落車したが、そこから長時間追い上げる走りで4位。アルペシン・フェニックスはセカンドディビジョンながらワールドチームに匹敵するチーム力を備えており、それはヘントで……

ポラール、ランニング・ロードバイクのパフォーマンステスト機能を搭載した「Polar Vantage V2」を発売

2020/10/18 14:16
 「Vantage V2」は、心拍数計測に加えてパワー計測を使い、トレーニング効果や回復レベルを可視化する。新設計のアルミニウム合金素材ボディを採用することで、より安定したGPSの受信が可能になり精度が向上、また重さも52gとトレーニング時に気にならない軽量性を実現した。バッテリーは、トレーニング時にGPSや心拍計測などの全機能を使った場合は最大40時間、心拍計測をオフ・GPSの記録間隔を変更できる省電力設定にした場合は最大100時間の連続使用が可能とのこと。堅牢性(耐衝撃、防水、防塵など)では、ミルスペック「MIL-STD-810G」に準拠している。
 新機能の「ランニング パフォーマンス テスト」は、徐々にスピードを上げていくビルドアップ走を行い、最大有酸素スピード(MAS)、最大有酸素パワー(MAP)、最大酸素摂取量(VO2max)を計測する。時計画面に表示されたスピードに合わせて走り、表示されるスピードは時間がたつにつれ少しずつ早くなっていく。表示されるスピードについていけなくなると計測は自動で終了し、MAX、MAP、VO2maxなどの数値をフィードバックする。テスト結果によって、心拍ゾーン、スピード、パワーゾーンが最適化(更新)され、より現状の能力に合ったトレーニングを行うことができる。「Vantage V2」でパワー計測が可能なため、フットポッ……

また旅に出る日のために――ロンリープラネットが選ぶ世界の旅行先ベスト10

2020/10/18 12:30
オカバンゴ川は毎年、アンゴラ高原からの雨水で洪水を起こし、デルタ地帯の景観を変化させてきた。ここにもゾウから爬虫(はちゅう)類まで、さまざまな野生生物がいる。モーターボートや丸太のカヌー「モコロ」での川下りも楽しめる。
第3位:ウルルカタジュタ国立公園(豪州)巨大な一枚岩「ウルル」が夕日を受けて輝く姿は忘れられない光景になるだろう。先住民にとっては先祖の魂が宿る聖地だ。
第2位:ガラパゴス島(エクアドル)イグアナ、カメ、ペンギン、オットセイなど多様な野生生物に出会える。火山岩やターコイズの海と合わせて、これが同島の魅力だ。
第1位:ペトラ(ヨルダン)