自転車フレームに設置できるバッグ3製品が発売|自転車留学をするには何が必要? 栗村修の“輪”生…|山のリゾートで仕事したら ワーケーション のやり方が…|他

自転車フレームに設置できるバッグ3製品が発売

2020/11/20 11:57
シマノがPRO(プロ)ブランドの新製品「Discover チームシートバッグ」「Discover トップチューブバッグ」「Discover フレームバッグ」の提供を開始した。
PROは、最新の材料と設計技術を利用し、研究、開発、テストを経て製品を提供。プロのアスリートからカジュアルなライダーまで、レースでもサイクリングでもバイクを最大限に活用するための製品を展開している。今回新たに、自転車に直接設置できるバッグ3製品を発表した。
「Discover チームシートバッグ」は、容量10Lの完全防水仕様のシートバッグ。シームテープとウォータープルーフジッパーを採用し、雨のライドでも安心の保護性を備えている。希望小売価格は20,000円(税抜)。
「Discover トップチューブバッグ」は、自転車のトップチューブ部に設置できる容量0.7Lのバッグ。フレームが傷つきにくいストラップを採用し、フレームにタイトにセットすることができる。希望小売価格は4,000円(税抜)。
「Discover フレームバッグ」は、フレームが傷つきにくいストラップを採用。メイン収納部のジッパーを改良したことで、収納スペースへのアクセスと使い勝手が向上されているという。容量は5.5L。希望小売価格は6,500円(税抜)。

「自転車留学をするには何が必要?」 栗村修の“輪”生相談動画版が掲載

2020/11/20 11:30
 「海外でプロ選手を目指すなら、早いうちから海外で走らなければ!」と以前から言われてきましたが、その理由は何故なのでしょうか。栗村さんは自転車留学に対して目的と手段を考える重要性について説きます。
 自身も高校を中退し、自転車と身一つでフランスへ渡り、プロ選手として活躍した経験を持つ栗村さんだからこその持論で、本当に必要な知識とは何か、国内で準備できることは何があるのかを力説しています。
 海外で選手を目指したい若手は必見の内容です!ご視聴の際には「いいね」とチャンネル登録をお忘れなく。

山のリゾートで仕事したら「ワーケーション」のやり方がわかった気がした

2020/11/20 11:30
澄んだ空気がからだに入ってくるのを感じる。自然の中に身を置くだけで晴れやかな気持ちになった。
○からだを動かし、新しいことを学ぶ
プランの目玉は、自然の中で体験できるアクティビティ。近隣にある国営あづみの公園のコースをマウンテンバイクで走った。マウンテンバイクは想像以上に乗りこなすのが難しく、山のでこぼこやアップダウンは刺激たっぷり。運動不足のからだが目覚めるようだった。
夜には、企業組合 山仕事創造舎のキコリのみなさんの協力のもと、ホテル内の中庭で焚き火が行われた。いつまでも見ていられそうな炎に心安らぐひととき。
翌朝はホテルとなりの林で、同じく山仕事創造舎の「信州大町 森の豊かさをキコリと味わうワークショップ」に参加した。ロープを利用した木登りや薪割り、自然資源を生かした遊具づくりを体験。キコリの仕事に見て触れて、森林の手入れについて学んだ。
○おいしい食事と温泉で休息を
休暇の楽しみといえば、おいしい食事とお風呂。「ボタニカ レストラン」で提供されるのは、長野ならでは旬の食材をふんだんに使用した和洋折衷の料理。
葛温泉の引湯を贅沢にかけ流した天然温泉は、露天風呂から北アルプスの森が一望できる。夜も朝も森の佇まいがすぐそばに感じられて、心が研ぎ澄まされるよう。10月にオープンしたばかりのスパ施設「スロータス スパ」で……

電動アシスト自転車COOZYの、一部完売および予約販売開始のお知らせ(12月中旬入荷予定):時事ドットコム

2020/11/20 11:16
電動アシスト自転車COOZYの、一部完売および予約販売開始のお知らせ(12月中旬入荷予定):時事ドットコム  時事通信

【千葉県】シクル・マーモット「イタリアンハンドメイドバイシクル試乗会」11/29開催

2020/11/20 10:45
ビルダーのダニエル・ポンティルの本業はイタリアのメガネ産業の一大集積地で工場を経営するメガネ職人。そのため、自転車フレームのろう付け溶接でも、抜群の腕前で、極めて丁寧で美しい仕上がりをやってのける。
自転車フレームビルダーの道を志願し、その教えを請うた相手は生前のダリオ・ペゴレッティだ。彼はダニエルに自身のオリジナルフォーク「Pegoretti Falz」の使用を快諾する。このフォークはペゴレッティの他にはBIXXISでも採用しており、性能の評判はとても高い。使用するチューブはステンレスにこだわっている。
ダニエルと「OTTO TUBI」のブランドはまだイタリアでも無名の存在だが、NAHBS主催者のドン・ウォーカーが早くも目をつけ、同イベントへの参加を正式に招待しているというから、注目に値する自転車職人と言える。
※新型コロナウィルスに伴う対応について当イベントをお客様に安心して楽しんでいただくため、下記の予防対策を実施して行います。
皆様のご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。
・マスクの着用
お客様ならびにスタッフの健康と安全確保を考慮しています。
・消毒の徹底
展示品や試乗車に触れることを考慮し、皆様の消毒をお願いします。
また、試乗車はお客様の試乗ごとに消毒を実施しますので、次に試乗のお客様……

自転車レースに裸足で奮闘 カンボジアの少年に続々と支援が届く

2020/11/20 10:40
写真拡大
このほどカンボジアのプノンペンにて行われた自転車レースに参加した少年が、人生の大きな転機を迎えた。壊れかけた自転車に裸足で跨り、不屈の精神で奮闘する少年の姿に多くの人が心を打たれたという。『ASEAN Digest』『Indiatimes.com』などが伝えている。
【この記事の他の写真を見る】
カンボジアのプノンペン、プレックリープで11月8日に自転車レースが開催されたが、15歳以下の部にて1人の少年が大きな注目を集めた。
その少年、ペッシュ・テアラ君(Pech Theara、13)は5人兄弟の末っ子で、父親は建設業、母親は病気で寝込みがちな貧困家庭に生まれた。テアラ君は自転車レースに、ゴミ山から回収され5ドル(約520円)で売られていたボロボロの錆びついた自転車で飛び入り参加した。
他の参加者がヘルメットやプロテクター、新品同様の自転車でレースに臨む中、テアラ君が身につけていたのは衣服とサンダルのみ。しかも「コントロールの邪魔になるから」とそれを脱ぎ捨て、ついには裸足になっていた。
完璧な装備の参加者の中で、テアラ君に勝ち目はほぼない。しかしテアラ君は諦め……

冬支度をはじめよう! e-bikeサイクリングのオススメ防寒対策は?

2020/11/20 08:30
これらをベースにして、アウトドアブランドや最近人気のワークマンプラスなどの防寒インナーやフリース、タイツ、軽量ダウンジャケット、レインウェアなどを、インナーやミッドウェアとして、あるいは念のために携行するウェアとして取り入れるとよいでしょう。
そして、手軽な寒さ対策として「携帯用カイロ」もオススメだそうです。自転車に乗っていると身体の正面が意外に冷えます。体内の臓器を冷やすと体調に悪影響があるため、胸からお腹にかけての中心部分に縦にカイロ2〜3枚を貼るとグッと快適になるそうです。ほかにも、手首の内側や二の腕の前側、靴の中敷なども、カイロが効果的な場所だそうです。
また、これは寒さ対策ではないですが、e-bikeで自転車生活をはじめる方へのアドバイスもいただきました。アシスト領域内で走るe- bikeはペダルへの力が少なくて済むのと比較的前傾姿勢がゆるいぶん、体重がサドルに集中するためにお尻が痛くなりがちです。そのため、ロードバイク入門以上に本格的なパッドのあるパンツがオススメだそうです。
さらに、シューズのソールがやわらかいとペダリングのパワーを吸収してしまい足が疲れやすくなるので、ライトトレッキングシューズやウォーキングシューズなどのようにソールが固めのものを選ぶと良いとのこと。あるいは、カジュアルなデザインのサイクリングシューズ……

BS-TBS「JNNふるさと紀行 HYと旅するスポーツアイランド沖縄」放送。やんばるサイクリングの魅力を紹介!

2020/11/20 07:09
BS-TBSで2020年12月12日(土)午前10時から放送する『JNN ふるさと紀行 HYと旅するスポーツアイランド沖縄』の中で、沖縄出身の人気バンドHYのドラム担当・名嘉 俊さんが、地元沖縄の絶景サイクリングコースを紹介している。
今回は本部町備瀬のフクギ並木や、今帰仁村古宇利島の古宇利大橋など、名嘉さん自身の愛車で沖縄の人気のサイクルスポットを巡る。
*『JNN ふるさと紀行 HYと旅するスポーツアイランド沖縄』はHYの4人メンバーがナビゲーターとなり、1年中スポーツが楽しめる「スポーツアイランド沖縄」の旅の魅力を紹介する番組です。

「安心な環境を整備」 家裁新所長、樋口氏が抱負 /兵庫

2020/11/20 06:35
 神戸家裁の新所長の樋口裕晃氏(63)が19日、記者会見し、「新型コロナウイルスの感染が拡大しているが、安心して利用できる環境整備に努めたい」と抱負を語った。就任は10月24日付。
 北海道出身で早大卒。1982年に札幌地裁判事補となり、京都地裁や大阪高裁の判事を歴任した。
 刑事畑が長く、大阪高裁時代にはイトマン…

県補正予算案447億円 医療体制の整備など中心に /茨城

2020/11/20 06:11
 県は19日、新型コロナウイルスの感染対策費を盛り込んだ一般会計補正予算案を発表した。医療体制の整備や県立学校の感染対策などを中心に計447億8100万円を計上。このうち、老朽化した知事公舎の解体に1億1000万円を充てる。予算案は25日に招集する県議会定例会に提案される。
 県によると、解体するのは2017年に知事が交代してから使用されていない水戸市大町2の知事公舎「茨城県公館」。敷地は約4136平方メートルで、知事公舎のほか洋風、和風の公館2棟が立つ。完工から46年がたっており、老朽化や漏電による火災の恐れもあることから解…

ネックスピーカーは完ッ全に「自転車アイテム」だ

2020/11/20 05:41
自転車通勤にイヤホン? コロナ禍の昨今、ご承知の通り“自転車ツーキニスト”が増えているわけだ。で、自転車乗車中にイヤホンを使ってる人も多い。
 しかし、各都道府県条例などで「自転車乗車中のイヤホン使用は禁止」とされているわけでね。たしかに実際に危険だ、イヤホン自転車は。特に昨今の「カナル型」(※耳栓型のイヤースピース)は音漏れがないのはいいけど、逆に周囲の音が聞こえない。後ろから来るクルマも察知できないし、生活道路の子どもの声なども分からない。
 で、やめようイヤホン、というだけで終わりなら終わりなんだが、分かるぞ、ご同輩。自転車に乗ってる間はアタマがヒマなのですよ。特に「いつもと同じ通勤路」なんて場合、何か欲しいよね、娯楽が(または勉強でもいい)。ということでイヤホンという気持ちは分かるのだ。
ネックスピーカー大レコメンド で、私はどうしているかというと、うふふふ、ネックスピーカー。これが大レコメンドなのだ。
 私が使ってるのはBOSEの「SOUNDWEAR](サウンドウェア)ってやつだが、ネックスピーカー自体はソニーやJBLなど各社から出ている。いずれもまあまあ音がよく、バッテリーももつ。これマジいいよ。スマホとブルートゥースでつなげて、スマホ内の音楽アプリ、ユーチューブほか、何でもござれだ。

サイクルスポーツ2021年1月号

2020/11/20 00:04
Cover Story 自転車遊びを突き詰めるのは楽しいものだ。知識欲を満たし、見識を高める。そうやって趣味に没頭する時間は一切余計なことを考えない。
翻ってもう少しポップに自転車とつきあってみても良いんじゃないのかなとも思う。たまには自分が乗っている自転車とは違うジャンルの世界をのぞいてみるために、余りある好奇心を使うのだ。多様な価値観が許容される時代、趣味の世界においてもそれをお薦めしたい。
好きなものを気軽に選択してほしいというイメージをイラストにしたのが今月の表紙だ。80’sの雰囲気全開のジュークボックスをよく見てみれば、そこに並ぶボタンにはバイクメーカーの名前がずらり。気になるブランドのボタンを押せば、ロードバイクはもちろん、MTBやグラベルバイクが出てくる。サイクリストにとって、夢のジュークボックスなのだ!
illust 村上智行(テイク・オフ)
2021年のバックナンバー

川崎市市民オンブズマン ”苦情”で行政サービス改善 全国初の導入から30年

2020/11/20 00:00
 「歩行者優先なのに、サイクリングコースという名称をやめてほしい」「保育料の日割り計算ができると聞いたのに、説明が間違いだったと言われ1カ月分請求された。納得いかない」。市政に対する市民からの苦情は多岐にわたる。そうした声を聞き客観的に調査してきた「川崎市市民オンブズマン制度」が今年、30周年を迎えた。
 1990年に川崎市が全国の自治体に先駆けて導入したこの制度は、市民からの苦情申し立てを受け、弁護士や大学教授など地方行政に詳しい市民オンブズマンが一つひとつ案件を調査。改善すべき点を市に勧告する。節目の年に代表市民オンブズマンを務める富田善範さんは「苦情というとクレーマーの印象が強いが、何らかの原因があるから申立てがある。市にとって違反でなくても、市民サービスの在り方として問題があると伝えると改善されることも多い」と活動意義を話す。
きっかけはリクルート事件
 制度導入のきっかけは、88年に世間を騒がせた贈収賄事件「リクルート事件」。川崎市助役が関わっていたこともあり、市内では第三者の立場から行政に物を言える機関が求められていた。89年の市長選で市民オンブズマン制度を掲げた高橋清氏が当選し、導入に至ったという。
 今年、30周年を記念して作られたポスターには、メガネをかけたゾウが描かれた。大きい耳で市民の声をよく聴き、視力のよい目でよく……