業界の発展と予測に影響を与えるリカンベント自転車 市…|サイクリングシューズマーケット2021-2026:C…|オフロードバイクタイヤ市場(covid-19分析)2…|他

業界の発展と予測に影響を与えるリカンベント自転車 市場に対するCovid-19の影響

2021/01/12 22:40
新しい市場調査レポート リカンベント自転車: グローバルに関する調査報告書リカンベント自転車 Market新しい市場参入者のための包括的なガイドです。レポートは、会社が小売した各製品の市場履歴を提供します。また、予測期間中の製品タイプ、テクノロジー、ボリュームの履歴も提供します。成長率、課題、障害は、Global リカンベント自転車調査レポートでも説明されています。レポートは、製品の製造、製造、およびマーケティングで使用される戦略、製品、および技術の開発速度を強調しています。
以下 Top メーカー このレポートで評価されます:
ICE, Gekko fx, Sun Seeker Bicycles, TerraTrike, JOUTA, Challenge Recumbents & amp; More.
より洞察に満ちた情報|サンプルコピーをリクエスト@
https://www.reportsmonitor.com/request_sample/1112245
タイプ別の市場
デルタトライク
ディスクまたはドラムブレーキ
アプリケーション別の市場
フィットネス
一般的な使用
その他
このレポートに含まれる主な地理的領域は次のとおりです:
1. 北米 (米国、カナダ……

サイクリングシューズマーケット2021-2026:COVID-19の影響に関する分析

2021/01/12 22:37
サイクリングシューズ 2026年までの市場産業予測
調査報告書は、基準年2021年の世界サイクリングシューズ市場の規模と2021年から2026年の間の予測を発表しています。そしてアプリケーションセグメントは、グローバルおよびローカル市場向けに提供されています。
レポートは、アプリケーションと地域の観点から分類することで、世界サイクリングシューズ市場の全体像を把握しています。これらのセグメントは現在および将来の傾向によって調べられます。地域区分は、北米、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、および中東におけるそれらの現在および将来の需要を取り入れています。レポートは総称して各地域の市場の特定のアプリケーションセグメントをカバーしています。
主要メーカーの詳細:
Giro, SHIMANO, Sidi, Bont Cycling, Northwave, DMT, Louis Garneau Sports, Fizik, Pearl Izumi, Specialized, Liv, Nalini, Bontrager, 45Nrth, Lake, Mavic, Look Cycle, Vittoria shoes, Five Ten, QUOC, Luck
PDFサンプルコピー(目次、表、図を含む)を入手する @
https://www.m……

オフロードバイクタイヤ市場(covid-19分析)2021:SWOT分析、主要指標、2026年までの予測

2021/01/12 20:36
オフロードバイクタイヤ市場の見通し2021
オフロードバイクタイヤ市場における新技術もこの調査報告書に描かれています。市場の成長を後押ししており、世界市場で成長するための前向きな推進力を与えている要因を詳細に説明します。
調査報告書は、基準年2021年の世界オフロードバイクタイヤ市場の規模と2021年から2026年の間の予測を発表しています。そしてアプリケーションセグメントは、グローバルおよびローカル市場向けに提供されています。
主要メーカーの詳細:
Michelin, Bridgestone, Dunlop (Goodyear), Continental, Maxxis International, Trelleborg (Mitas), MOTOZ, Shinko Tires, Pirelli (Metzeler), BKT, Kenda Tires, JK Tyre, Giti Tire, Hankook Tire
PDFサンプルコピー(目次、表、図を含む)を入手する@
https://www.marketresearchupdate.com/sample/53623
オフロードバイクタイヤ種類のカバーは以下のとおりです。
ハード地形タイヤ、中間地形タイヤ、ソフト地形タイヤ
オフロードバイクタイヤのアプ……

通勤用自転車市場2021年のビジネスシナリオ–ピナクル、ドース、スペシャライズド、トリバン、ラピエール、コノンデール…

2021/01/12 20:28
世界の 通勤用自転車の 市場調査レポートの予測2021年から2026年は、ビジネスストラテジストにとって洞察に満ちたデータの貴重な情報源です。業界の概要と、成長分析、過去および未来のコスト、収益、需要、供給データ(該当する場合)を提供します。レポートはまた 、通勤用自転車市場に対する新しいCOVID-19パンデミックの影響を考慮に入れており 、予測期間中に予測される市場変動の明確な評価を提供します。リサーチアナリストは、バリューチェーンとそのディストリビューター分析の詳細な説明を提供します。この市場調査は、このレポートの理解、範囲、および適用を強化する包括的な通勤用自転車データを提供します。
レポートは、市場の競争力のある風景と市場の主要ベンダー/キープレーヤーの対応する詳細な分析を提示します。  世界の通勤用自転車市場のトップ企業:  Pinnacle、Dawes、Specialized、Triban、Lapierre、Connondale、Boardman、Whyte、Trek、B’Twin、Brompton、Raleigh、Moustache、Surly、Tern、Genesis、Birdy World Sport、Cyclocross、その他。
(排他的な新年のオファーフラット25%-コードMIR 25を使用):
リンクをクリックして、……

自転車デイタイムランニングライト(DRL)市場分析2021:covid-19(2021-2026)の影響を強調

2021/01/12 20:12
自転車デイタイムランニングライト(DRL) 2026年までの市場産業予測
調査報告書は、基準年2021年の世界自転車デイタイムランニングライト(DRL)市場の規模と2021年から2026年の間の予測を発表しています。そしてアプリケーションセグメントは、グローバルおよびローカル市場向けに提供されています。
レポートは、アプリケーションと地域の観点から分類することで、世界自転車デイタイムランニングライト(DRL)市場の全体像を把握しています。これらのセグメントは現在および将来の傾向によって調べられます。地域区分は、北米、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、および中東におけるそれらの現在および将来の需要を取り入れています。レポートは総称して各地域の市場の特定のアプリケーションセグメントをカバーしています。
主要メーカーの詳細:
CatEye, Knog, Lezyne, See.Sense, Trek Bicycle Corporation
PDFサンプルコピー(目次、表、図を含む)を入手する @
https://www.marketresearchupdate.com/sample/53688
自転車デイタイムランニングライト(DRL)種類のカバーは以下のとおりです。
リアDRL、フロントDRL
自転車デイタイムランニ……

パワフルなエンジンと高性能サスペンションでクラスを超えた走りを実現したピアッジオの125ccオフローダー「RX 12…

2021/01/12 20:04
高性能サスペンションやパワフルなエンジンを搭載した『RX 125』&『SX 125』ピアッジオグループジャパンから原付二種クラスでありながら、本格的な装備やボディサイズ、そしてその走りがクラスを超えた存在感を放つオフロードモデル『RX 125』と、そのモタードバージョンである『SX 125』に新たなグラフィックバージョンを追加した。
この2つのモデルは、本格的なオフロードデザインを追求し、フルサイズホイールをはじめとし、高性能サスペンションやパワフルなエンジンを搭載した125㏄セグメントの中において貴重なモデルだ。
アプリリア RX 125
¥407,000 (消費税10%込)
既存のレッドレースウェイに加え、クールな印象を与える新グラフィック『シルバースピードウェイ』は、当初SX125専用グラフィックでしたが、世界に先駆けて日本市場に先行導入した。
アプリリア SX 125
¥418,000 (消費税10%込)
既存のシルバースピードウェイに加え、情熱的な赤をアクセントとした新グラフィック『レッド レースウェイ』を追加し、イタリアンブランドを強調するアグレッシブなカラーリングを採用している。
アグレッシブでスポーティーなスタイルを求めるライダーに向けて、アプリリア RX125/SX125は妥協のない本格的な装備、……

サイクリングコンピュータマーケット2021-2026:COVID-19の影響に関する分析

2021/01/12 19:23
サイクリングコンピュータ市場の見通し2021
サイクリングコンピュータ市場における新技術もこの調査報告書に描かれています。市場の成長を後押ししており、世界市場で成長するための前向きな推進力を与えている要因を詳細に説明します。
調査報告書は、基準年2021年の世界サイクリングコンピュータ市場の規模と2021年から2026年の間の予測を発表しています。そしてアプリケーションセグメントは、グローバルおよびローカル市場向けに提供されています。
主要メーカーの詳細:
Garmin, Timex, Magellan, Lezyne, Cateye Stealth, Pioneer, Polar, Wahoo, Omata, Topeak
PDFサンプルコピー(目次、表、図を含む)を入手する@
https://www.marketresearchupdate.com/sample/53815
サイクリングコンピュータ種類のカバーは以下のとおりです。
ワイヤレス接続:のWi-Fi、無線接続:ブルートゥース、無線接続:ANT
サイクリングコンピュータのアプリケーションがカバーされています:
カジュアル自転車、熱狂的、競争サイクリスト
グローバルサイクリングコンピュータ市場に関する研究は、現在の市場シナリオと新た……

ヤマハ最高峰のe-MTB「YPJ-MT Pro」はエキスパート向けバイク! 上りも下りも走ってて楽しい!!

2021/01/12 19:20
2020年9月25日に発売されたヤマハの最高峰、電動アシストマウンテンバイク「YPJ-MT Pro」。その体感試乗会が神奈川県横浜市にあるアクティビティ施設「トレイルアドベンチャー・よこはま」で行われ、編集部・乗り物担当の野田が参加してきました。
↑「YPJ-MT Pro」の価格は66万円(税込)
ヤマハの電動アシストマウンテンバイクのフラッグシップモデルまずは、ヤマハ発動機のe-MTBの歴史から。電動アシストはこれまでシティサイクルのための技術でしたが、2013年にロードバイクの初期コンセプトモデル「YPJ-01」が登場し、2015年に「YPJ-R」として商品化されました。2016年にはYPJ-Rのコンセプトをベースにバーハンドルで扱いやすい「YPJ-C」を発表。当初はロード系のバイクでしたが、2018年にはYPJ系第2世代ともいえるバッテリーの大幅向上をはかり、手軽に扱えるライトモデルから、オフロードのMTBモデルの「YPJ-XC」などの4車種を登場させました。そして、2019年の東京モーターショーには「YPJ-YZ」を参考出展。
↑YPJ-MT Proのポジショニング。図からもわかる通り、エキスパート向けのハイエンドモデルとなります
“楽するため”の電動アシストから、“楽しむため”のアシストへ飛躍した「YPJシリーズ」は、年を追うご……

パールイズミがバーチャルグループライドを1月23日に開催 ズイフトで実施し参加費無料

2021/01/12 19:00
 サイクルウェアブランドのパールイズミが1月23日、バーチャルサイクリングアプリのZWIFT(ズイフト)を活用したバーチャルライドイベントを開催する。ペースは体重の2倍のワット数を目安に走行。参加費は無料で、事前申し込み制となる。
パールイズミのサイクリングコミュニティ「PICC」が1月23日にバーチャルグループライドイベントを開催 ©PearlIzumi このライドはパールイズミが運営するサイクリングコミュニティ「PICC」(Pearl Izumi Cycling Community)の主催で実施される。参加者はズイフトの“まとめる”機能を使い、グループライドを行う。この機能は脚力差があっても同一集団内で走行できるもので、どんなレベルのサイクリストでも安心して参加可能だ。
 参加に費用はかからないが、事前に規約を確認のうえ、エントリーフォームからズイフトのアカウント名などを記載して申し込みが必要。また、ズイフトを使用してインドアサイクリングが可能なことが条件となる。申し込み後はPICCコミュニティマネージャーのアカウント「YUKI OHNISHI[PICC]」をフォロー。アカウント名とフォローが確認でき次第、主催者からMEET UP(イベント)へと招待される。
 イベントの開催時間は午後5〜6時の60分間。土曜日の夕方に全国のサイクリストと一……

Uber Eats配達員、自転車で瀬戸内しまなみ海道を疾走(週刊SPA!)

2021/01/12 18:46
Uber Eats配達員、自転車で瀬戸内しまなみ海道を疾走(週刊SPA!)  Yahoo!ニュース

真ん中? 左寄り?? 車線のどこを走るのが正解か諸説紛々 「キープレフト」の意味と狙い

2021/01/12 18:00
教習所の「キープレフト」は、初心者のための工夫 しかし、自動車教習所では、同一車線内の左寄りを走行するよう、教えられます。これはおそらく、運転に不慣れな初心者ドライバーが、自動車の脇をすり抜けようとする、バイクの巻き込みを、なるべく回避することができるように、また、後続車が追い越しをできるように、という、運転教習の工夫があるのではないか、と考えられます。
 ただ、この「キープレフト」が印象に残りすぎていて、本来の意味の「キープレフト」を忘れている方が多いのは、危惧すべきことだと思います。
 近年は、特に都市部において、ロードバイクタイプの自転車が増えてきています。これらの自転車は、わずかな隙間があればクルマの脇をすっとすり抜けることができるため、車線の左寄りを走行することが巻き込みを防ぐことになる、とはいえません。また、あまりに左寄りの走行は、後続車に譲っているように勘違いされかねず、危険です。
 筆者としては、センターラインのある道路において、十分に幅のある車線を走行するのであれば、車線の真ん中を走るのが適切ではないか、と考えます。