広島の太田川沿いサイクリングコース走行会 2年ぶり再…|中村輪夢が帰国 勝てて良かった 自転車BMX世界選…|“自転車で淡路島を1周するイベント”県の職員が体験し…|他

Contents

広島の太田川沿いサイクリングコース走行会 2年ぶり再開へ

2022/11/15 17:50
 当日は太田川の河川敷にある「川内自転車公園」(広島市安佐南区川内6)を出発し、シェアキッチン&交流スペース「寺升(てらます)」(安佐北区安佐町小河内)までを往復する。走行距離は50キロ。参加者は30人がスタッフとともに、5人1組で走行するほか、ロードレースチーム「ヴィクトワール広島」の中村圭佑選手と林伶音選手がゲスト参加する。
 「かわなみサイクリングロード」は、広島市安佐南区八木エリアの太田川橋北側を起点に、JR可部線の廃線と並行して流れる太田川沿いを走る約23キロメートルのサイクリングコース。自然豊かな太田川と廃線になった旧可部線跡地の地域資源を生かしたコースが特徴で、「ヴィクトワール広島」が監修した。

中村輪夢が帰国「勝てて良かった」 自転車BMX世界選手権初優勝

2022/11/15 17:17
自転車BMXフリースタイル・パークの男子で13日に世界選手権の日本勢初優勝を果たした中村輪夢(ウイングアーク1st)が15日、成田空港に帰国して取材に応じ「技が決まってちゃんとジャッジに評価してもらえた。勝てて良かった」と笑みを浮かべた。
今大会は2024年パリ五輪出場の国・地域枠が懸かり、日本は同年3~6月に行われるパリ五輪予選シリーズの総合6位以内にアジア選手が入らなかった場合の出場枠を確保した。中村は「もっとコンスタントに結果を出せるようになりたい」と成長を期した。

“自転車で淡路島を1周するイベント”県の職員が体験してPR

2022/11/15 16:49
淡路島に観光客を呼び込むため、自転車で島を1周すると景品が当たるイベントを行っている兵庫県は、職員たちが現地でみずから体験して利用を呼びかけました。
「淡路島ロングライド」は自然豊かな淡路島を自転車愛好家に巡ってもらおうと、スポーツ新聞や県などが作る団体が主催して、ことし9月から今月末にかけて行われています。
コースは、島を1周する150キロと、淡路市の山間部を通る30キロの2種類です。
位置情報などがわかる専用のスマートフォンアプリを利用して完走すると、抽せんで特産の淡路牛やたまねぎなどが400人に当たります。
利用を呼びかけようと、県の職員らが15日朝、スタート地点の淡路市の岩屋ポートターミナルで、サイクリングに訪れた観光客にイベントのチラシを配りました。
そしてみずからも体験するため、アプリを立ち上げて「出発するぞ!」という一声で出発し、およそ7キロ離れた1つめのチェックポイントの「東浦バスターミナル」に向かいました。
芦屋市から訪れた30代男性は「ただ淡路島を走るだけではなく、イベントに参加することでより楽しみになりました。仲間たちと全員で完走できるように頑張ります」と話していました。
兵庫県淡路県民局 総務企画室の岡田佳久室長は「景色と食を満喫しながら、1周する達成感を味わってもらいたいです。そして地元の観光振……

一周約91kmのサイクリングコース「伊賀いち」お披露目走行会 11/26開催

2022/11/15 16:14
企画背景〜安全ガイドラインを新設し日本有数のサイクリングロードに〜忍びの里としても有名な三重県伊賀市に近年サイクリストが集まるサイクリングコースがあります。隣の名張市にまたがる全長91kmの広域農道「コリドールロード」(=通称:くのいち)。獲得標高は1600m以上という「激坂ヒルクライム」の名所で中・上級者に人気のコースです。近年サイクリストが増加傾向にある一方で、一部道幅が狭い場所や、双方向からの通行により危険な場所など、安全面が課題でした。このコースをより安全に楽しく走行してもらうために、一部迂回ルートを設定。伊賀市のサイクリング協会と連携し、「一方通行」「交通ルール遵守」「アプリを使用した楽しみ方」など安全ガイドラインを定め、新たに「伊賀いち」と名付けました。
主催「感じる伊賀」代表取締役社長CEO 児島永作氏コメント
株式会社感じる伊賀 代表取締役社長CEO 児島永作氏
サイクルツーリズムを伊賀市で実施するにあたり、ただ走るだけのルート提案ではなく「体験」を軸に観光につなげる仕組みを作りたいと考えました。ミッションアプリ「DIIIG(ディグ)」で正しいルートに誘導したり、ミッションを通して伊賀の魅力を知ってもらったり、現地で買ったお土産を後日自宅へ送るためのECサイトにつないだり、サイクリングをしながら「伊賀」の魅力を存分にを楽しめ……

初代バチェロレッテ福田萌子、独特すぎる“なれ初め”告白 パートナー・井手川直樹氏もタジタジに

2022/11/15 16:00
 Amazon Prime Video『バチェラー・ジャパン』の男女逆転版・婚活サバイバル番組『バチェロレッテ・ジャパン』で初代ヒロインを務めたモデルの福田萌子とパートナーでプロマウンテンバイク選手の井手川直樹氏が、結婚情報誌『ゼクシィ』(11月22日発売 ※一部地域を除く/リクルート)のとじ込み付録『福田萌子流お付き合いマナーmethod -結婚の常識&マナーBOOK-』に登場する。
【アザーカット】部屋でのリラックスした姿を見せた福田萌子
■幸せいっぱいのマタニティーショットを公開 たった数日で「親に会わせたい」独特すぎる2人のなれ初めのエピソード
 「自分自身にうそがなく、無理がない」福田流の対人術をまとめる今回の企画。撮影では、妊娠中の福田がドレススタイルなどの衣裳姿を披露した。幸せいっぱいの福田に、なれ初めについて聞くと「『お付き合いしましょう』という日は特になかったのですが、なんとなく一緒にいるようになってまだ2~3日しかたっていないときに『(井手川さんのご実家の)広島に帰ろう。親に会わせたい』って言われて、そのときは怖かったですね(笑)」と振り返る。
 これに対して井手川は「僕は言葉にするのが得意ではなくて感覚派なので、そのとき早く親に会わせたいってビビッときたんです」とタジタジ。福田は「彼は下手すると生死を分けてしまうよう……

アルカンシェルは誰が作ってる?35年以上も続くUCIパートナー「Santini」

2022/11/15 15:11
UCIが主催する各自転車競技の世界選手権で、優勝した選手のみが着用することができる「世界選手権者ジャージ」。
通称、「アルカンシェル 」や「レインボージャージ」と呼ばれる白地に5色線が入ったジャージだ。
ではこのアルカンシェルは、誰が作っているのだろうか。本記事では、UCIと長年パートナー契約を結んでいるSantini社について簡単にご紹介していく。
「マイヨ・アルカンシェル」って何?誰がいつ着れる? その制度を紹介/UCI世界選手権
UCI公式パートナーとして35年以上の歴史UCI世界選手権にてチャンピオンにアルカンシェルが贈呈されるようになったのは、約100年前の1927年のこと。
SantiniがUCIとパートナー契約を初めて結んだのは1988年。それから途切れることなく、ロードやトラック、MTBやパラサイクリングなど、UCI世界選手権で優勝した選手たちのためにアルカンシェルをデザインし、製造を行ってきた。
2020年には契約延長として2021年〜2024年のパートナー契約を結んだUCIとSantini。この際のリリースでは、2021年より環境に配慮した新アルカンシェルを世界チャンピオンたちに贈呈していくことも発表した。
UCI会長のダビデ・ラパルティアン氏は以下のようにコメントしている。
「歴史的なパートナ……

<ブラボーふくい!特別編>カラーで見る福井の今昔 永平寺福井自転車道が開通:中日新聞Web

2022/11/15 14:37
 県内で初めての自転車道の誕生だった。テープカットの後ろにいる人たちは愛車で早く走ってみたい、とわくわくしているように映る。「永平寺福井自転車道」の福井市郡町−同市中藤新保町の七キロ区間が開通したことを伝える一九七七(昭和五十二)年十一月六日の紙面。「100人が通り初め」と見出しにあるように、前日の開通式では秋晴れの下、ボーイスカウトやサイクリング愛好者らが快適にペダルを踏んでいたという。...

ソウルで5千人参加のサイクリングイベント 20日開催=都心で交通規制

2022/11/15 14:02
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。

北上を自転車でぐるり100キロ レーサー新城さんらとイベント

2022/11/15 14:01
 北上市全域の最大100キロを自転車で巡るイベント「希望の襷(たすき) 北上ライド新城100」(東京・シェフード主催)は13日、同市立花の展勝地レストハウス前を発着点に初開催された。参加した県内外の約500人は、同市の友好都市・沖縄県石垣市出身で、世界で活躍する自転車ロードレース選手新城(あらしろ)幸也さん(38)らと共に、心地よい秋風を受けながら北上の美景や食の魅力に触れた。
 新城さんが監修した北上市内の自転車コース「きたかみ新城ロード100」(約100キロ)を基本に、100キロと65キロの2コースを用意。同市出身のプロロードレース選手及川一総(かずさ)さん(24)もゲストとして参加した。会場は色とりどりのユニホームを着た人々で埋まり、地元の黒岩鬼剣舞保存会が勇壮な演舞で歓迎した。
◇      ◇
 記事全文は、11月15日付の岩手日報本紙をご覧ください。

自転車に関わる業界・都市を盛り上げたい! 国内初メッセンジャーの日本大会“JCMC“を開催

2022/11/15 14:00
横浜・赤レンガ倉庫&パークでは、2022年11月19日(土)、メッセンジャーによる日本初開催の都市型バイシクルフェス『JCMC(Japan Cycle Messenger Championship)』を開催します。この日本大会は、2023年に同じく横浜で開催される“世界大会”『CMWC(Cycle Messenger World Championship)』の前哨戦でもあります。
メッセンジャーとは、都市部における多種多様なデリバリー(配送)を、主に自転車を使って最速で担う職業および人々のことを指します。自転車のジャンル以外にも、音楽・ファッション・アートなどさまざまなカルチャーと独自に繋がるコミュニティを形成し、クリエイターとしての一面を持つ人も多いことから、そのライフスタイルが自転車やストリート界隈で注目されてきました。
そして、サステナブルやQOLの観点から自転車がフィーチャーされ始めている中、 メッセンジャーはその持続可能な未来を体現する存在としても期待されています。
JCMCでは、メインの日本最速メッセンジャーを決めるデリバリーレースに加えて、カーゴバイクレース、クリテリウムレース、トリック系のサブイベントなどを実施し、自転車があれば誰でも参加可能。さらに 会場内では、キッズ向けの自転車スクール&ショー、マーケット&フードなどの出店な……

【3タイプのサイズから選べる】自転車パーツブランド「GORIX」のツールケース(GX-CASE/GX-SCASE/G…

2022/11/15 12:30
自転車パーツブランド「GORIX」の新商品の「ツールケース (GX-sssCASE)」は
GORIX ツールケース(GX-SCASE 22.5cm)のスリムサイズで外径が6~6.5cmに細くなりました。
自転車サイクリングに必需品のアイテムをコンパクトに持ち運べる定番のジップケース。
お持ちのフレームのボトルケージサイズに合わせて差し込んで使えます。
自転車ライドに必要な道具をまとめてコンパクトに収納、さらに中身も見やすく取り出しやすく、
ロードバイクやクロスバイク、MTBなどの自転車全般に最適です。
商品の特徴
[3サイズ]
長さ25cmのロングサイズと小さいフレームの方におすすめの長さ22.5cmがあり
長さ22.5cmから外径が細くなったスリムタイプが今回の新商品です。
ボトルケージに収めやすくなっています。
ペダリング時に邪魔にならないように先端は細めにデザイン
ロングサイズにする事により長さ24cm程の携帯ポンプも収納可能になりました。(※ロングサイズの場合)
[大容量の収納力]
携帯ポンプや交換用チューブ、パンク修理キット、携帯工具、Co2ボンベ、タイヤレバーなどの装備を収納する事ができ緊急時にも安心して対応。
[必要な物を取り出しやすい]
ツールカンで……

スペシャライズドの「サドル、シューズ、ヘルメット」が購入後30日間返品交換可能な満足保証プログラムがスタート

2022/11/15 12:07
アメリカのカルフォルニア州に本社を置くスポーツ自転車ブランド。
「Pedal the Planet Forward (ペダルを回して地球を前に進めよう)」を存在意義に掲げ、サイクリングを通して人々の健康や生活の質を向上させるとともに、環境や社会問題の改善を目指しています。
スペシャライズドは、より速く走りたいというライダーのニーズに応えるため、2013年には業界で初めて自社内に自転車専用の風洞実験施設Win Tunnel(ウィントンネル)を建設し、エアロダイナミクスを追求。ツール・ド・フランスなどのワールドツアーで勝利を量産するトップチームにバイクをはじめとする機材を提供しています。
特に『S-WORKS(エス・ワークス)』と呼ばれるハイエンドモデルは、プロフェッショナルが実際に使用する最高グレードの製品を意味し、多くの本格的なアマチュアライダーにも支持されています。
技術革新への飽くなき挑戦の姿勢は、「Innovate or Die(革新を、さもなくば死を)」という行動指針にも表れています。
またトップアスリート向けだけではなく世界各国で一般ユーザー向けの幅広いラインアップを展開し、マウンテンバイクやロードバイク、クロスバイク、キッズバイク、e-Bikeなど、トッププロライダーが乗るバイクと同じ技術を活かした……

自転車パーツブランド「GORIX」が新商品の、秋冬向けサイクルビブタイツ (GW-BTMega)のTwitterプレ…

2022/11/15 12:06
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。 メディアユーザー新規登録 無料 メディアユーザーログイン 既に登録済みの方はこちら ……

【東京・稲城市】MET&DMT展示試着会 in CROSS COFFEE 11/20開催

2022/11/15 12:05
多摩地域サイクリスト定番コース「尾根幹」の入り口にある憩いの場所「クロスコーヒー」にて2022年11月20日(日)、MET、DMTの最新モデル展示試着会を開催する。
スペシャリティコーヒー、チョコレート、こだわりのバゲットサンドを楽しめる最高の空間で、最新のヘルメットやサイクリングシューズをお試しできるチャンス!
また、ポガチャルファンに向けて「ポガ毛キャンペーン」も同時開催する。
MET、DMT展示試着会 in CROSS COFFEE
開催日:2022年11月20日(日)
開催場所:クロスコーヒー(東京都稲城市 矢野口227−1 グランツドルフ 1F)
開催時間:9時~16時
参加料金:無料
展示ラインナップDMT:
ツールドフランス覇者のタデイ・ポガチャルが愛用するKRSLをはじめ、KR0等最新モデルの試し履きが可能。
MET:
UAEチーム・エミレーツを支えるイタリアブランドMET。MET史上最高のエアフローを実現したTrentaを筆頭に全モデル(ロード)の試着が可能。
#ポガ毛キャンペーン同時開催!インスタグラムの「#ポガ毛キャンペーン」を同時開催する。
ヘルメットから髪の毛を出す「ポガ毛」。
忠実にポガ毛を再現してキャンペーンに応募しよう!
見事に素晴らしいポガ……