瀬戸大橋塔頂体験ツアー日数拡大 本四高速発表 専門ガ…|初めて三条市の高校生も加わって只見高生とともに国道2…|セントラルラリーのラリーガイド1が発行 モリコロ内の…|他

瀬戸大橋塔頂体験ツアー日数拡大 本四高速発表、専門ガイドも配置

2019/07/30 22:40
 本州四国連絡高速道路(神戸市)は30日、毎年春と秋に開催の「瀬戸大橋塔頂体験ツアー(スカイツアー)」について、各季6日だった開催日数を今秋は9月28日~12月1日の計31日に増やすと発表した。参加申し込みの多さに対応し、総定員を従来(900人)より拡大して920人にした。ツアー専門のガイドも配置し、参加者の満足度アップを目指す。
 開催期間を2カ月余りとすることで、参加希望者の選択肢を拡大した。金土日と祝日などに実施。与島パーキングエリア(坂出市)近くの北備讃瀬戸大橋の主塔に登り、塔頂(海上175メートル)から、つり橋の造形美などを楽しむ。
 従来は社員らが順次案内していたが、今回は午前、午後に各1回(1時間50分、片方のみの日もあり)とし、瀬戸大橋の建設工事や維持管理に携わってきたOBらが専従ガイドを務める。橋の打音点検、しまなみ海道でのサイクリングなどを疑似体験できるVR(バーチャルリアリティー)コーナー、瀬戸大橋の「橋カード」プレゼントもある。参加費は9月末まで2750円(中学生1350円)、消費税率アップの10月以降2800円(同1400円)。
 瀬戸大橋スカイツアーは1998年春に始まり、参加者を決める抽選の当選倍率が10倍前後で推移。本四高速は、より多くの人に参加してもらうため、ツアーの在り方を見直していた。来春以降については今回……

初めて三条市の高校生も加わって只見高生とともに国道289号を自転車で踏破

2019/07/30 22:25
いわき市から新潟市まで約300kmを27区間に分け、1チーム5、6人で1区間約10キロを交代で自転車に乗り、ゴールの新潟県庁を目指してたすきをつないだ。
三条の高校生はスタート前日の26日にいわき市に入って只見町の高校生と合流。午前6時40分に勿来の関(なこそのせき)を出発。福島県内を走り、午後6時半ころ只見町に到着した。
2日目の28日は、午前7時半にどしゃ降りのなかで只見町を出発。工事中の不通区間は自転車をトラックに積み、生徒はマイクロバスなどの車で移動し、三条側ゲートから再び自転車に。猛暑のなか、地図上ではとなり町の三条市でペダルをこいだ。

セントラルラリーのラリーガイド1が発行。モリコロ内のコースも暫定ながら判明

2019/07/30 22:16
コース設定は以下のとおり。●印はギャラリーステージが設けられる予定の場所
【11月9日】
SS1/5 額田14.00km
SS2/6 三河湖14.90km
SS3/4 岡崎中央総合公園1.50km●(「おかざきクルまつり」会場内)
【11月10日】
SS7/12 明智8.04km●(L1ラリーin恵那と共用)
SS8/13 稲武14.63km
SS9/14 設楽14.86km
SS10/11 Expoショート2.05km●
初日は新城ラリーの舞台でもある愛知県東部の額田や三河湖周辺の林道を走り、昼サービスの前後には岡崎中央総合公園にて開催される「おかざきクルまつり」会場内でギャラリーステージとなるスーパーSSを走行。2日目はL1ラリーとコースを共用することが発表されている岐阜県恵那市の明智のほか、稲武、設楽を巡って、昼前後にはモリコロパークのサイクリングロードにてギャラリーステージのスーパーSSを走行する予定とのことだ。
ラリー開催までの今後の予定としては、8月30日に特別規則書が発行され、9月20日にエントリー受付が開始。10月28日にエントリーリストが発表される。ラリーウイークは、11月8日の夕方にシェイクダウン、18時〜モリコロパーク内でセレモニアルスタートが行われる。モリコロパークでは、最……

沖縄でインターハイ開幕 女子500mタイムトライアルで最初の勝者が決まる

2019/07/30 21:12
全国高等学校体育大会、通称インターハイの自転車競技が、7月30日(火)に沖縄県で開幕した。初日は女子500mタイムトライアルの決勝が行われ、田中夢菜(千原台高校、熊本)が優勝。令和最初のインターハイ勝者となった。
沖縄市の沖縄県総合運動公園にある1周333mの自転車競技場がインターハイの舞台 photo:Satoru Kato
今年のインターハイは「南部九州総体」として、鹿児島県、熊本県、宮崎県、沖縄県で各種目が開催される(ヨットのみ和歌山県開催)。沖縄県で開催される自転車競技は、トラック種目が7月30日から8月1日の3日間、ロードが8月2日に行われる。沖縄でのインターハイは2010年以来9年ぶりの開催だ。会場は、トラック競技は沖縄市にある沖縄県総合運動公園の1周333mの自転車競技場、ロードはツール・ド・おきなわでおなじみの名護市で行われる。
関東地方はやっと梅雨明けしたが、沖縄県は6月末に梅雨明け済み。朝から南国の青空が広がり、沖縄本島各地で今年の最高気温を記録する暑さとなった。
初日は女子500mタイムトライアルの決勝と、男子の団体種目であるチームスプリントと4kmチーム・パーシュートの予選などが行われた。
女子500mタイムトライアル 田中夢菜が優勝
女子500mタイムトライアル優勝 田中夢菜(千原台高校) 37秒09……

自転車2台目の入手方法と使い道!マッハ自転車とダート自転車の両方を持つには

2019/07/30 20:44
2台目の自転車の入手方法自転車は「マッハ自転車」か「ダート自転車」のどちらかしか持てず、もう片方を使いたい場合は交換する必要がありますが、エピソードデルタクリア後であれば2台持つことができます。
エピソードデルタクリア後に入手特定の人物に話しかけ、キンセツシティのサイクルショップ「カゼノ」の店長に話しかけると、持ってない方の自転車がもらえます。

トレックワールド2020が東京で開幕 新型「ドマーネ」など注目製品が一堂に集う

2019/07/30 19:00
 また、フレームは全体的にエアロ化が推し進められた。フロントフォークもストレート形状になり、よりエアロロードバイクのマドンに近い精鍛なルックスとなった。ケーブルが内蔵されるほか、ダウンチューブ内にはストレージスペースを確保。ボントレガーのマルチツールを格納できる専用設計で、ライドの必需品をスマートに携帯できるようになった。サドルバッグを取り付ける必要性がなくなったため、空いたサドル下にはリアライトを取り付けることも可能だ。
ボントレガー「フレア」バックライトをスマートに取り付けることが可能 Photo: Shusaku MATSUO ドマーネのラインナップ全てがディスクブレーキ化され、拡張性が高まったこともポイントだ。クリアランスを確保したことで、タイヤ幅は38Cまで対応。フェンダーやバイクバッグなどを装着することで、ツーリングシーンやグラベルでの走破性や快適性を高め、マルチパーパスとして活躍できる仕様となった。

追加抽選は20競技の68万枚=申し込み8月8日開始-東京五輪チケット

2019/07/30 18:57
2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は30日、五輪チケットの1次抽選で1枚も当たらなかった人を対象にした追加抽選について、20競技の計約68万枚を販売 ...

「自転車NAVITIME」、アップデートで検索道路が従来の4倍&トンネル側道も対象に

2019/07/30 18:46
関連記事NAVITIMEとJapanTaxiが連携、ルート検索結果からタクシーを呼べるように
ナビタイムジャパンとJapanTaxiは、3月25日に「NAVITIME」と「JapanTaxi」のAPI連携を開始。NAVITIMEのルート検索結果からそのままJapanTaxiアプリに加盟するタクシーを呼ぶことができる。NAVITIMEアプリへタクシーの乗車位置を変えると所要時間を短縮できる場合に通知する新機能が追加される。ナビタイム、首都圏の電車で「混雑回避ルート」を案内 独自の予測技術を活用
「NAVITIME」と「auナビウォーク」にて、首都圏の電車を対象とした「混雑回避ルート」を提供。新たに混雑を避けたルートが案内される。ナビタイムジャパンが独自で開発した「電車混雑シミュレーション」技術を活用している。「自転車ながらスマホ」の危険性をVRで体験――KDDIなど3社が啓発活動
KDDI、ナビタイムジャパンとau損保が、携帯電話・スマートフォンの「ながら運転」の危険性を啓発するプロジェクトの第2弾を開始する。VRコンテンツも用意し、KDDIが主催・協賛するイベントを中心に体験コーナーを設けるという。どれくらい“危険”なのか、体験してみた。工具不要でスマホを自転車に取り付けられるホルダー ミスターカードから
ミスターカードは、自転車向けスマ……

株式会社アクティビティジャパン『2019年カヌー・カヤックランキング最新版』を発表

2019/07/30 18:27
アクティビティジャパンでは2019年7月26日(金)迄の最新予約データを元に、2019年最新の「カヌー・カヤック」の人気スポットをランキングで紹介します。
【カヌー・カヤックとは】
カヌーの本来の定義としては、「ブレードを使って水を掻き前進する船」ということです。
カヌーの中でも、両端にブレードが付いているダブル・ブレード・パドルを使うものを区別して『カヤック』と称し、片方にだけブレードが付いているシングル・ブレード・パドルを使う「カナディアン・カヌー」を、特に『カヌー』と指している場合が多いです。カヌー競技としては、決められた距離のレーン(水路)で、複数の艇が一斉にスタートして最短時間で漕ぎ、着順を競う「スプリント」と、流れの上流または下流から吊るされたゲートを通過する技術とスタート地点からゴールまでにかかった所要時間の両方を競い、日本代表選手のメダル獲得でも記憶に新しい「スラローム」があります。
 カナディアン・カヌーは、北米のインディアン(ネイティブアメリカン)が使用していたものを起源とし、主にカナダインディアンが湖沼での移動に使用していた為、この名称が付いたとされています。狩猟の際に獲物に気づかれないよう接近するため、水面を滑るようにとても静かに進む技術が求められました。湖や流れの比較的緩やかな川が、カナディアン・カヌーのメインフ……

ファイントラック「ケアファイン」シリーズ ウエアのメンテナンス用品 News

2019/07/30 18:26
ファイントラックのホームケアブランド「ケアファイン」シリーズは、ウエアの性能を保つための用品だ。
高機能な自転車用ウエアであっても、使っていくたびに、また洗濯の仕方次第では、撥水性や吸汗性が落ちてしまう。同社の社員からウエアを100着集めてテストしたところ、8割弱が吸汗性を失っていたという。そこで、自転車のメンテナンスだけではなく、決して安くはない自転車用ウエアにもメンテナンスが必要である。
まず、例えばレインウエアを柔軟剤入りの洗剤で洗うと撥水性が阻害されるが、「オールウォッシュ」は汚れだけを落とし、ウエア本来の機能を維持するための洗剤だ。一般の家庭用洗剤では落としきれない、金属イオンが含まれている泥汚れを落としやすく、また、シャツの襟の黒ずみなどの皮脂汚れもしっかりと落とせる。