わずか18.3gのアクションカメラ! 小さな巨人 I…|大人気の デジタルインスタントカメラ が進化中! 各…|[BIRTV2019]Vol.05 Tilta 腕の…|他

わずか18.3gのアクションカメラ! 小さな巨人「Insta360 GO」の正体

2019/09/11 17:30
360度の全天周記録が可能なVRカメラが人気のInsta360が、さまざまな場所に取り付けて撮影できる、新コンセプトの超小型カメラ「Insta360 GO」の予約受付開始を8月28日に発表した。このInsta360 GOは非常に小さく軽量なボディとなっており、これまで以上に自由なアングルで撮れ、スマホとリンクさせることでAIによる自動動画編集も可能というユニークな製品だ。本稿では、このInsta360 GOの機能や楽しみ方などについてお伝えする。
↑Insta360 GOを充電ケースに取り付けた状態で手に持ってみた。手や指との比較から、本機がいかに小さいかがわかると思う。充電ケースも小さく、旅先などに持っていっても邪魔になることはないはずだ
驚くほど小さく軽いから使い方いろいろInsta360はこれまで、プロ用VRカメラのほか、一般向け製品として360度全天周カメラの「Insta360 ONE」シリーズや「Insta 360 nano」シリーズ、360度VRと180度の3DVR撮影が可能な「Insta360 EVO」など、360度撮影が可能なVRカメラを多数リリースしてきた。
一方、今回のInsta360 GOは、名称にこそ“360”と付いているものの、あえて撮影範囲を180度とすることで“小ささ・軽さ”と“設置の自由さ”を手に入れた新コンセプ……

大人気の「デジタルインスタントカメラ」が進化中! 各社注目モデルをおさらい

2019/09/11 17:15
撮ってすぐプリントできるのが単純に楽しいインスタントカメラやカメラ付きフォトプリンターだが、ここにきてその数を大いに増やしている。そんな新製品をまとめてチエック!
 
 
プリントを手軽に楽しめる新しいスタイルのカメラ撮ったその場でプリントが得られるインスタントカメラは、デジタル時代の現在でも安定した人気を誇っている。その多くはレンズから直接プリント用紙の乳剤面に露光するものがほとんどで、そのため同じ写真を2枚、3枚とプリントして楽しんだり、凝った加工はほとんど不可能だ。もちろんデジタルカメラやスマホで撮影した写真をプリントすることもできない。
わずかにカメラ部をデジタルとし多彩なプリントに対応する“デジタルインスタントカメラ”として、富士フイルム「instax SQUARE SQ10・20」やコダック「MiniShot」(日本未発売)が存在するぐらいだった。ところがここにきてカードサイズのプリントに対応する、より手軽でリーズナブルな製品が相次いで登場してきている。
富士フイルムの「instax mini LiPlay」は、チェキシリーズのフィルムを使用するカメラ。instax SQUARE SQ10・20よりもプリントサイズが小さく、フィルムも安いため、より気軽にプリントが楽しめる。
キヤノンの「iNSPIC ZV-123」……

[BIRTV2019]Vol.05 Tilta、腕の負担を軽減するジンバルスタビライザのサポートシステム「Armor…

2019/09/11 16:45
txt・構成:編集部さまざまなメーカーのジンバルシステムに対応し、重量を吸収して長時間撮影を実現中国のアクセサリーメーカーの中でも、もっとも勢いがあるメーカーといえばTiltaだ。Tiltaは2008年設立、今年で11年目の会社だ。当初は一眼レフカメラのリグから始まって、無線フォローフォーカスから大型のスタビライザー系も手掛けるようになった。特にTiltaはデザインや開発の部署が強く、リグからクレーンなどの映画撮影で使われるアクセサリーまで揃えることでマーケットのシェアを広げてきたという。
Tiltaブースの中でもっとも目立っていたのは、まもなく発売の「Armor Man 3」だ。Armor Manは、ジンバルの重量を腕から体の中心に移動することで、ジンバル撮影の負担を軽減する。駆動は電動式ではなく、バネの構造で実現している。
シネマカメラとPLマウントレンズを組み合わせたジンバル撮影は、あまりの重量のため長時間撮影は困難だが、Armor Manを使用することで、20kgのジンバルとカメラが約5kgの重量感覚で長時間撮影ができるという。
Armor Manは第3モデル目で、ユーザーのニーズやフィードバックを受けて積極的に改良が続けられている。例えば、初代Armor Manは腰に巻きつけるタイプのため、ハイアングル撮影が困難だという問題が起きてい……

Osmo Pocket=116g【3万3千円】 iPhone 11 Osmo Mibile 3=599g=【9万5千円】

2019/09/11 14:55
極小サイズに技術を凝縮。画質は鮮明で圧倒的に長い駆動時間Osmo pocketの大きさはDJI至上最小サイズ。もちろん他のアクションカメラと比較しても極端に小さいです。他社のアクションカメラやスマートフォンの比較動画で分かるように、手ブレ補正の精度は圧倒的。一度この画質に慣れてしまえば、もう他のカメラで撮影することは出来なくなるでしょう。
Osmo pocketはコンデジやミラーレ一眼レフに使われている1/2.3インチのセンサーを搭載。水平80°の視野角で撮影を可能とし、レンズも2.0と明るめです。明るいレンズを使うことで光を取り込める量が多くなり、手ブレの少ない鮮明な画質に。
さらに超コンパクトなサイズながら4K/60fpsの高解像度に対応。1.55 μmの大き目なピクセルサイズ1200万画素の静止画撮影にも対応し、Osmo pocket1台でどんなシーンも撮りこなします。そしてさらに驚きなのが、最大駆動時間は140分。大きさからは到底考えられない、圧倒的な長時間駆動を実現しています。
ミクロレベルで作られた最高技術による最高の手ブレ補正技術最小のボディに高度な3軸手ブレ補正機能を搭載させるために、ミクロレベルの超最先端技術を採用。DJIが独自開発した『メカニカルスタビライザー』と『ブラシレスモーター』により、常に最適化された精度抜群の補正環……

『「THE PLANET 3」PRECIOUS MOMENTS 高砂淳二 地球が輝く瞬間』第3回:「VENEZUEL…

2019/09/11 13:00
株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:北端 秀行、東京都港区)は、自然写真家 高砂淳二氏によるスペシャルコンテンツ、『「THE PLANET 3」PRECIOUS MOMENTS 高砂淳二 地球が輝く瞬間』の第3回を、2019年9月11日(水)より公開します。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/193087/LL_img_193087_1.jpg
画像1
URL: https://www.nikon-image.com/sp/theplanet/
『「THE PLANET 3」PRECIOUS MOMENTS 高砂淳二 地球が輝く瞬間』は、2015年に公開された「THE PLANET」、2018年公開の「THE PLANET 2」に続き、自然の神秘に導かれ、撮影フィールドを広げてきた自然写真家 高砂淳二氏が、かけがえのない地球を巡り、自然の大切さを伝えるために撮影した作品を連載するスペシャルコンテンツ第3弾です。
全9回にわたってお届けする「THE PLANET 3」、第3回のテーマは「VENEZUELA 命溢れる湿原のゆりかご」です。ニコンデジタル一眼レフカメラ「D850」を用いて、“ロス・リャノス”と呼ばれる大湿地帯に広がる豊かな生態系を構成する魚類、爬虫類、鳥類、哺乳類、植物の……

フェーズワン、シフトとレボルビング機構を内蔵した「XTカメラシステム」

2019/09/11 12:42
フェーズワンジャパン株式会社は9月11日、同社の大型センサー搭載デジタルバック「IQ4 デジタルバック」に対応した新設計のカメラボディおよびシステム「XTカメラシステム」を発表。同日より受注を開始した。約1億5,100万画素のデジタルバックと組み合わせた「Phase One XT IQ4 150MPカメラシステム」の希望小売価格は税別580万7,000円。
53.4×40mmの約1億5,100万画素または、約1億100万画素裏面照射CMOSセンサーを採用したデジタルバックIQ4を接続して使用できるカメラ。完全新設計としており、システムの名称として「XTカメラシステム」の呼称が用いられている。
デジタルバック「IQ4」に最適化したというボディは、ごくシンプルな設計となっており、マウント部およびデジタルバック接続部に電子接点が搭載されている。シャッターと絞りのコントロールは、デジタルバック側のタッチスクリーンに統合されているという。
ボディ側の特徴的な点は、X軸側とY軸側で24mmのシフト幅を内蔵したことと、アルカスイス互換形状の三脚取り付け部がボディと一体になっている点。これにより三脚にとりつけたままでも、ティルト・シフト操作や縦横位置の変更を、ボディを回転させて対応できるとしている。これら特徴をうけて、同社ではXTカメラシステムをフ……

「カチッて音が鳴るのが好きなんですよ」コントローラー製作メーカーが見たビデオゲームの35年

2019/09/11 12:15
トピックス
恋愛相手は…カーネルおじさん!?“KFC公式”恋愛シム『I Love You, Colonel Sanders!』発表【UPDATE】 『ディヴィニティ:OS2』PS4版の日本語アセットはPC版でも使用可能に 『Fallout』のボルトボーイがねんどろいどに!顔パーツやヌカ・コーラ、もげた四肢も同梱 編集部にメッセージを送る
日本のビデオゲーム業界では、コンソールやアーケードで様々なコントローラーを生み出してきました。
十字キーとボタンが配置されたオーソドックスなコントローラーから、より深まったゲームプレイができるように、ジョイスティックの搭載されたものへ進歩していったほか、飛行機や電車、時にはDJのターンテーブルを模したもののように、ゲームプレイの没入感を高めていくコントローラーも製作されました。歴史を振り返ってみると、多様なコントローラーが生み出されています。
そんなコントローラーを製作する側にとって、日本のビデオゲーム業界はどんなふうに映ってきたのでしょうか?今回Game*Sparkでは、過去35年以上に渡ってコントローラーを制作してきた、ユニオン電子工業の磯脇康三氏にお話をうかがいました。
バラエティ豊かなコントローラーを製作
ユニオン電子工業は、任天堂やセガ、ソニーといった……

瀬戸利樹が“あなたと暮らす”2020年版カレンダー発売、「カメラが彼女」

2019/09/11 12:00
瀬戸は「カメラが彼女だと思っていろんなシチュエーションを撮りました! この髪色を写真に収めるという意味でも貴重なカレンダーになると思うので、楽しみにしてもらえたらなと思います。イベントもあるので是非、遊びに来てください!」とコメント。撮影は樽木優美子が担当した。
「瀬戸利樹カレンダー2020(仮)」は全国の書店、ネット書店、研音公式ショップほかで発売。11月16日に東京・SHIBUYA TSUTAYAの6階でイベントも開催される。参加券は店頭で販売中で、9月21日10時からはWebでの受付もスタート。そのほかの詳細はTOKYO NEWS マガジン&ムックの商品ページで確認を。