通訳デバイス ポケトーク が名刺サイズに カメラ搭載…|池上通信機 放送用システムカメラの4K/HDベースス…|オリンパス ファインチューン搭載のミラーレス PEN…|他

通訳デバイス「ポケトーク」が名刺サイズに カメラ搭載、大画面化

2019/11/07 16:18
通訳デバイス「ポケトーク」が名刺サイズに カメラ搭載、大画面化  ITmedia名刺大の翻訳機「POCKETALK S」が12月発売、カメラでテキスト翻訳も  Engadget 日本版カメラ翻訳機能を追加! 音声翻訳機「ポケトーク S」は新機能が盛りだくさん  価格.comマガジンAI通訳機「POCKETALK」にカメラ翻訳搭載の新型「POCKETALK S」が登場  ASCII.jp通訳機「POCKETALK(ポケトーク) S」にドラえもんEditionも--カメラ搭載、小型軽量  CNET JapanGoogle ニュースですべての記事を表示

池上通信機、放送用システムカメラの4K/HDベースステーション『BS-43』の開発を発表

2019/11/07 15:23
池上通信機株式会社は、放送用システムカメラの新ラインアップとして新型ベースステーション『BS-43』の開発を発表した。発売日は4K仕様が2020年4月、HD仕様が6月。
BS-43』は、3U ハーフラックサイズの小型・軽量化を実現。実装スペースが限られた中継車などでの運用に最適。4KシステムカメラUNICAM XE(UHK-435/UHK-430)と、HDシステムカメラUnicam HDシリーズ両方の接続に対応。HDと4Kのサイマル運用は勿論、HDから4Kへのバージョンアップなど、運用状況に合わせて柔軟な対応を可能としている。
また、本製品は11月13日~15日に幕張メッセで開催される「InterBEE2019」に出品を予定している。
主な特長■ HDから4Kへのアップグレードによるシステム対応
4KシステムカメラUNICAM XE(UHK-435/UHK-430)と、HDシステムカメラUnicam HDシリーズ両方に接続対応する。実装モジュールの変更により、HD⇒4Kにアップグレードが可能で、さらに、4K/HDどちらのカメラにも接続可能な仕様も用意している。
4K仕様ではネイティブ4K信号に加え、HD信号による出力が可能。4KとHD(4Kダウンコンバート/4Kカットアウト)出力を切り替え、運用に応じて出力を選択することができる。ま……

オリンパス、ファインチューン搭載のミラーレス「PEN E-PL10」発売日決定

2019/11/07 12:40
オリンパスは、マイクロフォーサーズシステムを採用したミラーレスカメラ「OLYMPUS PEN E-PL10」の発売日を決定。ボディ単体、および「OLYMPUS PEN E-PL10 14-42mm EZレンズキット」「OLYMPUS PEN E-PL10 EZダブルズームキット」をラインアップし、11月22日より発売する。
ボディ内に手ぶれ補正機構を搭載し、スマートフォン感覚の簡単タッチ操作で、ぶれを抑えた高画質撮影が可能なモデル。セルフィーがしやすい下開きモニターや印象的な作品に仕上がるアートフィルターなどの機能が充実しているのが特徴だ。
また、専用のスマートフォンアプリを使用することで、カメラと連携して簡単に画像を転送することが可能。スマートフォンアプリ上では、撮影テクニックの動画を閲覧できるため、カメラ初心者でも安心して撮影を楽しめるという。
さらに、夜景や暗い屋内、望遠レンズでの撮影、動画・セルフィー撮影など、手ぶれの発生しやすいシーンでも強力に手ぶれを抑えるボディ内手ぶれ補正機構(最大でシャッター速度約3.5段分)を搭載。上位モデルと同じ画像処理エンジン「TruePic VIII」を採用し、暗いシーンでもノイズを抑えたクリアな写真を撮影できる。
撮像素子には、約1605万画素の4/3型Live MOSセンサーを搭載。動画撮影は4……

マニュアルモードで撮影できるようになろう コンデジで神楽坂の街角スナップに挑戦

2019/11/07 12:17
スマ―トフォンとSNSの普及で、「写真を撮ること=日常」になったいま、記録から一歩進んで、作品として写真を撮ろうとする人も増えています。
そこで、『&M』で写真エッセイ『或る旅と写真』を連載中のフォトグラファー高橋伸哉さんを講師に、写真を上達したい生徒さんと1対1で技術を学ぶ企画をスタートします。
初回の生徒役は、モデルの花柳のぞみさん。就職後に本格的にモデル活動を始めると、フォトグラファーの間で人気となり、MVやスチール作品のモデルを務め、「ミスSNS」のファイナリストにも選ばれています。
最近、被写体としてだけではなく、自分で撮ることにも興味を持ち始めたという花柳さんは、フィルムカメラの「オリンパス ペン(OLYMPUS PEN)」を手に入れたばかり。「見た目がかわいいし、フィルムで撮った写真は質感があって好き」と言います。可愛い女の子が好きなので、自分がフォトグラファーとして撮れるようになるのが、とりあえずの目標です。ちなみに高橋さんとは、SNSを通じて旧知の間柄でした。
ロケ地は、東京都新宿区の神楽坂を選びました。黒い木塀や石畳の路地が独特の雰囲気を生み出している界隈(かいわい)です。
初回のテーマは、「マニュアル操作に慣れる」です。
この日、高橋さんが花柳さんに用意したのは、コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)の人気……

オリンパス、より小型・軽量になったミラーレス「OM-D E-M5 Mark III」発売日決定

2019/11/07 12:10
オリンパスは、11月下旬発売予定としていたミラーレスカメラ「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III」の発売日を決定。ボディ単体、および「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III 14-150mm II レンズキット」(「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II」が付属)を11月22日より発売する。
マイクロフォーサーズシステム規格に準拠した、ミラーレスカメラ。プロフェッショナルモデル「OM-D E-M1 Mark II」と同じく、画面内のさまざまなポイントでフォーカシングが行える、121点オールクロス像面位相差AFを搭載する。遠近の被写体が混在するシーンでも背景抜けを起こしにくいシングルAF(S-AF)を実現したとのことだ。
また、スポーツなどの動きの激しい被写体に対応する、AF/AE追従で最大10コマ/秒の高速連写が可能。ライブビュー画像だけでなく、撮影した画像からのAF情報を活用して測距を行う。
仕様面では、有効約2037万画素の4/3型Live MOSセンサー、最新の高速画像処理エンジン「TruePic VIII」を装備。さらに、小型・軽量なボディと高い手ぶれ補正効果を両立させるため、5軸手ぶれ補正ユニットを新開発した点が特徴だ。
高感度のジャイロセンサーと画像解析によ……

マウントアダプターで広がるフルサイズミラーレスの世界…Nikon ZにSONYレンズを装着してみた

2019/11/07 12:00
ミラーレスカメラ全盛期となり「マウントアダプター」という名をよく耳にするようになった。マウントアダプターと聞くと、ミラーレス機にオールドレンズを装着するために使われるもの、というイメージを持つ人も多いだろう。
マウントアダプターとは、マウントの形が異なるボディとレンズを連結するものだ。「マウントの変換リング」と言っても良い。
このマウントアダプターは、ミラーレス機の普及とともに数を増やしてきた。なぜなら、ミラーを稼働させるスペースが必要な一眼レフカメラと違って、ミラーレス機はフランジバック(マウント面から撮像素子までの距離)が短いため、様々なマウントのマウントアダプターを製造しやすいからだ。
そのマウントアダプターは、フルサイズミラーレス機の登場でさらに注目されるようになった。フルサイズミラーレス機であれば、レンズ本来の画角で撮れるからだ。
さらに、最近のマウントアダプターは電子接点を有しており、AF機能が可能であったり、手ブレ補正や、Exif記録にも対応しているものがある。
以上より、現在はミラーレス機とマウントアダプターを組み合わせることで、レンズ本来の力を生かしつつ、ボディと異なるマウントのレンズを楽しめるようになったといえる。
今回はNikon Z 7にマウントアダプターを装着し、ソニーEマウン……