ソニー ニコンが前年超え レンズ交換型デジカメ年末商戦

ソニー、ニコンが前年超え、レンズ交換型デジカメ年末商戦

2020/01/12 17:00
 BCNランキングで19年12月2日~20年1月5日までの5週間、レンズ交換型デジカメの主要メーカー別販売台数シェアや販売台数同週比を集計した。12月2日週(12月2~8日)では、レンズ交換型デジカメの販売台数が前年同週比44.4%と大きな落ち込みを示した。
 10月に実施された消費増税の影響に加え、18年12月初旬に実施されたPayPayのキャンペーンの反動によるもので、主要メーカーは、いずれも前年比で大きなマイナスに苛まれた。しかし、週を追うごとにマイナス幅は縮小している。
 メーカー別で見ると、キヤノンは30%台の高いシェアを維持しトップを独走している。しかし、販売台数前年比を見ると、12月30日週でも55.7%と競合他社と比べて大きなマイナス圏から脱出できていない。ミラーレスのEOS Kiss M、EOS Rを発売した18年は、ミラーレスカメラの販売で大いに盛り上がったものの、この年末商戦では勢いを維持できなかった。90Dを発売してテコ入れを図った一眼レフも、12月最終週では前年比で販売台数が半減した。