レンズ交換できるアクションカム Insta360 O…|LINEモバイルとXiaomi Redmi OneP…|SONYの傑作ミラーレス一眼が夜景の撮影を楽しくして…|他

レンズ交換できるアクションカム「Insta360 ONE R」その実力は?

2020/01/14 23:00
Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。
CES2020に合わせて発表されたInsta360の新しいカメラ「Insta360 ONE R」。
今までにないレンズ交換できるアクションカムのシステムと言うことで大注目となっています。
「360度撮影用レンズ」、「4K撮影が可能な標準広角レンズ」「Leicaと共同開発した5.3K撮影(5312x2988)が可能な1インチセンサー搭載の広角レンズ」の3種類のレンズを交換できます。
価格は標準レンズのみ付属の4K版が3万9600円。360度撮影用レンズ 標準広角レンズのツイン版が5万9400円。1インチセンサー搭載の広角レンズ版が6万8200円。いずれも税込みです。
4K広角レンズと360度レンズがセットになったツイン版をお借りして試用していたのですが、ようやくソフト周りも安定動作するようになったので操作画面や作例を中心に動画でお届けします。
カメラ本体となるコアにはタッチ液晶モニターがあり、ここで殆どの操作が可能となります。今回は4K広角モジュールの画面で解説しました。360度モジュールに切り替えれば当然解像度や撮影モードなどは変わりますが、基本的な操作方法は同じです。360度モードでは画面をぐるぐると回して表示することも可能です。
実際に撮影してみると、従来のI……

LINEモバイルとXiaomi、Redmi、OnePlus、OPPO RealmeでSNSし放題!月の通信費大幅ダウン!

2020/01/14 22:29
HUAWEIがデュアルレンズ搭載のP9をリリースしたのが2016年。当時はカメラが1つから2つに増えた事で、祭り事の様な大騒ぎになった。そしてその頃から、一気にスマートフォカメラの画質は向上した。
カメラの数はさらに増え、今では『4眼カメラ搭載モデル』も当たり前に。カメラが増えた事で、被写体の距離を測定する『深度測定機能』が加わり、一眼レフの様な美しい背景ボケをスマートフォンでも表現できるようになった。さらに超広角レンズを搭載する事で、これまで撮影する事ができなかった、『広大な景色を一枚の写真に収める』事も可能に。システム面も大幅に強化され、デジカメが長年実現しえなかった『夜景を手持ちで撮る』という離れ業もやってのけた。しかもその夜景画像は手ブレが少ないだけでなく、ノイズまで軽減れているのだから、もはやコンデジの出番は無しである。
そして進化しているのはリアカメラだけではない。フロントカメラにもポートレートモードが搭載され、自撮りでも背景のボケた美しい写真が撮れるようになった。ひと昔前はわざとらしかったビューティーモードも大幅に刷新され、プロがメイクしたかの様な仕上がりに。私は男なのでフロントカメラの重要性はあまり分からないが、女性にとってはもしかすると、リアカメラより大切なのかもしれない。
カメラの進化により、SNSで写真を見かける機会が急激……

SONYの傑作ミラーレス一眼が夜景の撮影を楽しくしてくれるワケ│マイ定番スタイル

2020/01/14 19:30
夜ふかしが好きです。
普段人に溢れた町並みが、深夜しんと静まりっているのも好きですし、飲み屋街がネオンや提灯で賑わっている様子も好きです。
そんな夜の光景を収めたくて普段からこのカメラを持ち歩いているんですよね。
ミラーレスカメラが軽くていいよねSONY「α7iii 本体のみ」ソニーストアにて229,880 円(税別)、tamron「28-75mm F/2.8 Di III RXD」希望小売価格100,000円 (税抜)
ソニーのミラーレスカメラ「α7iii」とレンズはtamronの「28-75 F2.8」を普段使いにしてますが、カメラ本体が約565gとかなり軽いので持ち運びやすい!
そして「α7iii」はISOというカメラ側で明るさを調整できる設定の幅が広いので、夜景を撮るにはもってこいなんです。
でもまぁ細かいスペックのお話になるとキリがないので、写真を見ながらちょっと僕の夜ふかしに付き合ってくれませんか。

SNSの投稿用におすすめ!ボケ味たっぷりの写真や本格的な動画の撮影ができるキヤノンのミラーレスカメラ「EOS M200」

2020/01/14 18:46
SNSに投稿する写真にこだわりたい人にキヤノンのミラーレスカメラ『EOS M200』をオススメしたい。
気軽に持ち運べて、簡単な操作で美しいボケ味のある写真や本格的な動画撮影を楽しむことができる。
SNS共有ができるキヤノンの“EOS M200”
有効画素数約2410万画素のAPS-Cサイズ CMOSセンサーと映像エンジンDIGIC 8を搭載し、高画質な写真や動画を撮影、共有したいSNSユーザーやスマホユーザーのステップアップ機として適している。
約108.2mm(幅)x約67.1mm(高さ)x約35.1mm(奥行き)、質量約299g(※2)の小型・軽量ボディーを実現。また、撮影モードの効果が写真やイラストで表示される「ビジュアルガイド」を搭載し、初心者でも簡単に撮影ができる。
上方向に約180°回転するチルト式液晶モニターの採用により、自分の姿をリアルタイムで確認しながら、背景のぼかし具合や美肌効果などを調整して撮影可能だ。
さらに、撮影開始までの秒数が液晶モニターに表示される「動画セルフタイマー」に加え、液晶モニターへのタッチ操作のみで動画撮影が可能なアイコン表示などにより、自撮り動画も簡単に撮影できるのも嬉しいポイント。
Wi-FiやBluetoothを介して、スマホなどによるリモート撮影ができ、集合写真などのさま……

東京ディズニーランドのイベント限定! カメラも入る激かわリュックに、クリアポケットで推しをアピれるランチケースをレビ…

2020/01/14 18:00
 東京ディズニーランドで3月19日まで開催中のスペシャルプログラム「ベリー・ベリー・ミニー!」。ミニーマウスを主役に、東京ディズニーリゾートの過去のエンターテイメントプログラムを振り返るショーやパレードが多くのディズニーファンを感涙させている本イベントでは、ミニーをテーマにしたグッズも多数ラインアップ。中でも、ディズニーファンのライターが心奪われた「リュックサック」と「スーベニアランチケース」の2種類のバッグをレビューします。
カメラも入る! 機能的なリュックサック 「ベリー・ベリー・ミニー!」のグッズは、ミニーのトレードマークであるドット=水玉をモチーフにしたグッズのほか、ミニーやミッキーの写真を使った「実写グッズ」も数多く登場しています。
 その1つがリュックサック(5500円/税込、以下同)。一見、リボンのついた黒い無地のリュックサックですが、なんと内側はミニーたちディズニーキャラクターの実写プリント生地が使われているのです。どこを見てもかわいいな……。