キヤノン カメラ3部門とプリンタ全部門を制覇 201…|キヤノンは最上位EOS 1D X Mark III …|ニコン最上位一眼レフ D6 実機を発見!Z 50やD…|他

キヤノン、カメラ3部門とプリンタ全部門を制覇 2019年年間シェア

2020/01/15 21:00
 BCNが1月15日に発表した「BCN AWARD 2020」で、キヤノンはデジタルカメラ3部門とプリンタ全部門でNo.1を獲得した。
 「BCN AWARD」は、全国の家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどから収集した実売データ「BCNランキング」にもとづき、1年間の累計販売数量が最も多かった企業を表彰する制度。今年で21回目を迎える。
 今回、複合プリンタ部門でキヤノンが3年ぶりに1位を奪還した。その結果、コンパクトデジタルカメラを指すデジタルカメラ(レンズ一体型)、今やレンズ交換型の6割前後~7割を占めるデジタルカメラ(ミラーレス一眼)、デジタルカメラ(一眼レフ)に加え、インクジェットプリンタ、ページプリンタ、サーマルプリンタ、複合プリンタ、フォトプリンタの5部門でもトップに立った。

キヤノンは最上位EOS「1D X Mark III」アピール、ユニークなカメラも

2020/01/15 19:48
キヤノンは、デジタル一眼レフカメラの最上位モデル「EOS-1D X Mark III」を家電・テクノロジー見本市「CES 2020」のブースで全面展開。タッチ&トライコーナーは新機種を試したい人で溢れていた。他にも、1台で広角・望遠・マクロの3種類の撮影が楽しめるカメラなど、製品化を検討中のユニークなコンセプトモデルが展示されていた。
キヤノン EOS-1D X Mark III
CES 2020のキヤノンブースではEOS-1D X Mark IIIを全面展開
人物モデルの撮影を試せるタッチ&トライコーナーを設け、多くの人でにぎわっていた
EOS-1D X Mark IIIは、キヤノンが1月7日に国内でも正式発表した最上位デジタル一眼レフカメラ。2月中旬発売予定で、価格はオープンプライス。店頭価格は税別80万円前後を見込む。
有効2,010画素のフルサイズCMOSセンサーと映像エンジンDIGIC Xを搭載し、高精細、低ノイズ、リアリティを追求。ファインダー撮影時は最高16コマ/秒、ライブビュー撮影で最高約20コマ/秒の高速連写性能を実現。新開発のAFセンサーや、デュアルピクセルCMOS AFの採用で測距精度と追尾性を向上させた。動画機能では、4K DCI/60pのCanon Log撮影に対応し、RAW動画の内部記録を実現している。……

ニコン最上位一眼レフ「D6」実機を発見!Z 50やD780がズラリ

2020/01/15 19:47
ニコンは、開発中のデジタル一眼レフカメラ最上位「D6」を家電・テクノロジー見本市「CES 2020」で参考展示。また、1月24日発売予定の最新機種「D780」や、ミラーレスカメラ「Z 50」を手に取って試せるコーナーを大きく展開していた。
ニコン最上位デジタル一眼レフカメラ「D6」の参考展示
D6はガラスケース内の展示のみで、実機に触れることはできなかった。しかし、上面液晶パネルにはカードが入っていないことを表す「-E-」表示が出ており、既に稼働可能な状態のモックアップであったと思われる。
D6の上面。上面液晶パネルにはカードが入っていないことを表す「-E-」表示が出ている
背面を右側から見たところ
右側面。下に縦位置撮影時のシャッターボタンが見える
背面を左側から見たところ
左側面。豊富な端子群を用意しているものと思われる
ニコンブースではこのほか、D780やZ 50など同社の最新カメラを試せるタッチ&トライコーナーを大きく展開。様々なレンズとの組み合わせで実写できるようになっていた。
1月24日発売予定のD780
ミラーレス機Z 50も、様々なレンズと組み合わせて多数用意されていた
また、2月7日発売予定の超望遠ズームコンパクト「COOLPIX P950」も手に取って試すことができた。
……

カメラ女子、お花好き集合! 「日比谷花壇 日比谷公園店」に、3日間限定のフラワーフォトスポットが登場中

2020/01/15 19:15
『日比谷花壇』は今年で設⽴70周年。それを記念して、本店である「日比谷花壇 日比谷公園店」では7つの大型フラワーオブジェが登場中です。
これまでの感謝を込め「Lots of love」をテーマに作り上げられたオブジェは、見てのとおりフォトジェニック♡ それぞれ高さ・幅ともに約2mの大きさで、圧巻の華やかさを放っています。フォトスポットとしても楽しめるこのオブジェ。あなたはどこでどう写真を撮る?

手ぶらで海外旅行!? 「ANA Travel Hands Free」の実証実験とは?

2020/01/15 18:01
モノのシェアリングプラットフォーム「Alilce.style(アリススタイル)」を運営する株式会社ピーステックラボは、全日本空輸株式会社(以下、ANA)およびANAセールス株式会社とともに、日本メーカーのグッズを渡航先でレンタルする国際線手ぶら旅行サービス「ANA Travel Hands Free」の実証実験をホノルルにて実施。
多様なレンタル商品同実験では、2020年1月20日~2月12日の期間中に、ANAセールスのツアー商品にてホノルルに滞在する人の中から抽選で20組がサービスを体験できる。
当選者は、旅行出発前にレンタル品をホームページにて予約、現地で受取・利用・返却するという流れだ。レンタルできるモノはパッケージ商品となっており、ガイドブックや変圧器などの「ベーシックパッケージ」に加え、シーン別のパッケージ商品1つを選択できる。
例えば、小さな子ども連れの家族旅行にはベビーカーやチャイルドシートなどの「ファミリーパッケージ」、美容ケアが気になる人には海外対応ナノケアやヘアアイロン、フェイスパックなどの「ビューティーパッケージ」、冒険心・好奇心溢れる人にはEOS Kiss X9が借りられる「一眼レフパッケージ」や双眼鏡・探検セットの「アドベンチャーパッケージ」など、実用品からあればうれしいモノまでさまざまだ。
同サービスにより、手……