ドローンレースから基礎知識まで 効率的に学べるオンラ…|写真家128人に聞いた 風景撮影に最適なレンズとは|ネグレドの衝撃6秒弾を見たか! カメラも追いつかなか…

ドローンレースから基礎知識まで。効率的に学べるオンライン講座が販売開始

2020/01/19 08:00
プロペララボ オンライン講座のメリット好きな時に、好きなだけ勉強できるオンライン講座なら、インターネットの繋がる環境下であればスマホやタブレットからも視聴することが可能。通勤や通学中、お仕事の休憩中など好きな時に受講する事ができ、効率的に知識を習得することができます。視聴期間内(12ヶ月)であれば、わかりにくい・苦手なポイントを重点的に繰り返し受講することができます。
最新の知識を習得できるプロペララボではドローンやドローンレース・カメラに関して、経験豊富な知識をもつ講師の講座を受けることができます。必要に応じて講義の内容をアップデートしているので、常に最新の知識を習得することができます。
リーズナブルな受講料オンライン講座だからこそ、密度の濃い内容をリーズナブルに受講することが可能。また、必要な講座だけを利用することもできるので、費用をグッと抑えて高度な知識を習得することができます。
組立・設定からレース運営まで!
ドローンレース入門講座
この講座は、ドローンレースに必要な知識やノウハウが全て詰まったオンライン講座です。日本ドローンレース協会の副代表を務めると共に、自らも日本代表レーサーとして数多の海外大会で優秀な成績を収めている横田淳さんを講師に迎え、実践的でリアルな知識を学ぶことができます。
ドローンレースはレーサー自身……

写真家128人に聞いた 風景撮影に最適なレンズとは

2020/01/19 08:00
『アサヒカメラ』が写真家128人に「よく使うレンズ」「好きなレンズ」「ほしいレンズ」を聞いたところ、挙げられたレンズの合計は約200本。
 それらを写真家の撮影分野ごとに集計してみた。愛用レンズの傾向や評判のレンズを見ていこう。
*  *  *
 自然や都市の風景を撮る写真家が使うレンズには、ほかの撮影分野にはない特徴がある。それは中・大判カメラ用レンズが含まれていることだ。
 昔は、風景写真といえば大判カメラで撮るのが鉄則であり、「大判でなければ風景写真にあらず」という風潮だった。
 竹内敏信さんによれば、大判カメラは機動力は低いし、使えるレンズも限られていたから、どうしてもおとなしい写真になりがちだったという。
 昔の中判カメラ用レンズのラインアップも似たり寄ったりだった。そんな旧態依然の状況が徐々に解消され、1990年代になると富士フイルム ベルビアの登場と相まって中判カメラがブームとなっていった。
 最近では中判カメラのデジタル化が進んでいる。大型の撮像センサーの画素には余裕があり、それがレンズの描写力を引き出す源となっている。
 リコーイメージングのPENTAX 645 Zを使う大山行男さんは単焦点派で、smc PENTAX-D FA645 25ミリメートルF4AL[IF] SDM AWからsmc PEN……

ネグレドの衝撃6秒弾を見たか! カメラも追いつかなかった今年最速ゴール

2020/01/19 07:30
それは18日に行われた国内カップ戦決勝のアル・アハリ戦でのこと。キックオフと同時にゴールへ走り出したネグレド。そこを目掛けて、ポルトやヴィトーリアでもプレーしたMFトゼがロングボールを供給すると、ワンバウンドしたボールがきれいにネグレドに繋がり、相手GKの股を抜くハーフボレーを決めてネットを揺らした。Al Nasr forması giyen Alvaro Negredo, maçın 6. saniyesinde golünü atarak takımını öne geçirmiş..pic.twitter.com/sURWVCD0kS
— Fırat Günayer (@firatgunayer) January 18, 2020
現地メディアによると、このゴールは開始わずか6秒の出来事。あまりに速過ぎて、ピッチ全体を映す上空からの映像からカメラが切り替わった時には、すでに選手がゴールパフォーマンスを披露する最中だった。