EVFは必要か? シグマ初のフルサイズ機 SIGMA fp で撮ってみた

【EVFは必要か?】シグマ初のフルサイズ機「SIGMA fp」で撮ってみた

2020/02/11 18:00
シグマ初のフルサイズ機で、従来のFOVEON(フオビオン)ではなく、一般的なベイヤーセンサーを搭載する。動画撮影に軸足を置くが、静止画も気軽に高画質が撮れるのがいい。実際に使ってみたところ、シグマらしい色乗りのよさも従来どおりだ。
解説者のプロフィール
[ 画像が省略されました ]大浦タケシ(フォトグラファー)
宮崎県都城市生まれ。EVF搭載のミラーレス一眼は今や手放せない。撮影時のほか、画像の閲覧やメニューの表示も可能で老眼持ちにはフレンドリーだからだ。
こんなカメラで撮ってみた!
シグマ SIGMA fp
動画撮影に軸足を置くが、静止画も気軽に高画質が撮れる!
実売価格例:22万円(ボディのみ)
シグマ初のフルサイズ機で、従来のFOVEON(フオビオン)ではなく、一般的なベイヤーセンサーを搭載する。
EVF(電子ビューファインダー)を省略したボディは、フルサイズとは思えぬほどコンパクト。グリップも備えておらず、ちょっとホールド感が乏しい。
撮影時のボタンやダイヤルの操作もしづらいが、別売のグリップHG-11(実売価格例6530円)かHG-21(同1万1000円)を装着すると、ホールド感、操作感とも飛躍的に向上する。
フルサイズ一眼カメラとしては極めてコンパクトなボディ