カメラを止めるな! 濱津隆之のその後 絶メシロー…|鶴ヶ城と猪苗代湖で撮影!富士フイルム X-Pro3 …|動く被写体もバシッと撮影できるエントリー向き一眼レフ…|他

「カメラを止めるな!」濱津隆之のその後 「絶メシロード」がある意味すごい――青木るえか「テレビ健康診断」

2020/02/21 21:15
 合ってないわけではない。このお父さんの旅にはシバリがあって、予算の都合で車中泊、そこでちょっとヘンな目に遭う。それをなんとかやりすごし、味のある食べ物屋を発見して入って食べる。見るからに「変わった店」に吸いこまれていってしまう。そして思わぬ美味しいものを食べる。お父さんの心の声で、ドラマは進んでいく。
『ひとりキャンプ~』の時も思ったけど、この『絶メシ~』も『孤独のグルメ』の影響をモロに受けている。つくづくあの番組で「たいしてヤマもない日常を心の声で描写することによって味に転化する三十分」というジャンルは確立されたよなあ。ヤマのない日常の、わずかなヤマ場ってどうしても食べ物のことになっちゃうし。原作マンガも上手だったが、ドラマ化もうまかった。それだけに、後発の番組は似せたいし似せたくないし、たいへんだ。
 で、この『絶メシ』を見ていて途中で混乱してくるのが「これは食べ物屋を見せたいのか、それとも濱津隆之を見せたいのか」がわかんなくなってくるのだ。どっかの道ばたで車中泊してると、外でパラピラパラピラとうるさい暴走族みたいなのに取り囲まれて、困った顔で耐える場面がやけに長く続く。想像通りの困り顔がずっと。
 そもそも、これ車中泊する必要ないんじゃないの。何か原作みたいなものがあるならわかるが。「車中泊ブログ」とか。
 と思ったら、ほんとに原……

鶴ヶ城と猪苗代湖で撮影!富士フイルム「X-Pro3」は使えば使うほど欲しくなるカメラだった

2020/02/21 20:42
小学館ダイム公式サイト「@DIMEアットダイム」。
最新の家電、スマホ、クレジットカード、クルマ、アプリ、日用品、各種トレンド情報、仕事術からグルメまで、すぐに使える情報が満載のライフハックマガジンです。

動く被写体もバシッと撮影できるエントリー向き一眼レフ「EOS Kiss X10i」

2020/02/21 19:00
「一眼レフ買おうかな」と考え始めるきっかけのひとつは、家族を持ったときかもしれません。スマホやコンデジもいいけど、家族行事や子どもの成長、ペットの記録などを美しく残そうと思ったら、やっぱり “ちょっといいカメラ” が欲しくなりますよね。
動きの多い小さな子どもや動物をバシッと撮るときにオススメなのが、キヤノンEOS Kissシリーズの新モデル。エントリー向けモデルながらミドルクラスに迫る高精度AFを搭載したデジタル一眼レフ「EOS Kiss X10i」(オープン価格)をご紹介します。
【次ページ】簡単操作で一瞬を撮り逃さない▶
12

「慣れすぎておられる」「笑いました」 どんなにレンズを近づけても動じないウサギさんの大御所感がすごい

2020/02/21 18:00
 ペットのかわいい表情をしっかり撮影したい……! と思ってカメラを近づけすぎてしまうのは飼い主さんあるある。近づけすぎてペットに嫌がられてしまったという人も多いのではないでしょうか。しかし、とってもカメラ慣れしているうさぎさんもいるんですよ。
 ひくひくお鼻がかわいいジャージーウーリーのうさこさん。そのかわいさをカメラに収めようと飼い主さんが一眼レフを近づけています。すでに結構な至近距離ですが、そこからさらにどんどん、どんどん近づけていき……ついにはレンズカバーにすっぽりお鼻が覆われてしまうまでカメラは近づいています! しかし、うさこさんはどっしり構えて微動だにしません。カメラ慣れがすごいです。