デジタル時代に求められる機能が満載!大自然を遊び尽く…|iPhone 11シリーズ カメラテクニック で簡単…|iPhone 11シリーズ カメラテクニック で簡単…

デジタル時代に求められる機能が満載!大自然を遊び尽くすためのバックパック「ラドパック2.0」

2020/02/22 14:45
こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。
ライフハッカー[日本版]より転載:
アウトドアスポーツや大自然の中に出かけるときに、少し高級なカメラやレンズを持参して、ダイナミックな撮影を楽しみたいというニーズが増えています。
そんなときに心配になるのが、高価な機材をちゃんと保護しながら、大自然の中を快適に歩けるのかというところ。
そんなデジタル時代のニーズに答えてくれるのが、現在、姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の、大自然を遊び尽くすためのバックパック「ラドパック2.0」です。
電子機器を保護するコンパートメントImage: machi-ya「ラドパック2.0」には、カメラやレンズなどを収納できる、分厚いクッション素材のコンパートメントが内蔵されています。
機材ひとつひとつは専用ケースに入れたとしても、機材同士がバックパックの中でぶつかって壊れたりしないか心配になりますよね。その点、ラドパック2.0はくくりつけのコンパートメントがあるので、大切な電子機器が中で動かないようにしっかりとホールドすることができます。
アウトドアで撮影する場合、いちいち専用ケースに入れたり、出したりしている暇も余裕もないということが多いのではないでしょうか。その点、コンパートメント形式なら、すぐに機材を取り出すことができて……

iPhone 11シリーズ「カメラテクニック」で簡単SNS映え (1/4)

2020/02/22 12:00
 春は桜の季節、旅行の計画を立てているという方も多いと思う。皆がまだ知らない、または知っているけれど活用できていない最新iPhone 11シリーズのカメラに関連する「使えるテクニック」をまとめてみた。この春からの新生活がスタートする前に、iPhoneのカメラを極めて周囲の注目を独占しよう。
写真表現の幅も広がる「超広角」 iPhone 11シリーズは、すべての機種が視野角120度の超広角を含むマルチレンズ仕様のカメラを搭載する。超広角レンズと言えば、デジタル一眼レフに慣れている愛好家でも使いこなすのが難しいと言われているトリッキーなレンズだが、上手に使いこなせばアーティスティックな写真表現が楽しめる。
 ただ標準・望遠ズームのレンズに比べるとつぶしが効かないため、使える場面が限られていた。要は経験を積めば面白い写真が撮れるレンズなのだが、iPhoneのようなスマホでも超広角写真が手軽に撮れるようになると、いよいよその魅力は一般にも広く浸透していきそうだ。

iPhone 11シリーズ「カメラテクニック」で簡単SNS映え(アスキー)

2020/02/22 12:00
 春は桜の季節、旅行の計画を立てているという方も多いと思う。皆がまだ知らない、または知っているけれど活用できていない最新iPhone 11シリーズのカメラに関連する「使えるテクニック」をまとめてみた。この春からの新生活がスタートする前に、iPhoneのカメラを極めて周囲の注目を独占しよう。
写真表現の幅も広がる「超広角」
 iPhone 11シリーズは、すべての機種が視野角120度の超広角を含むマルチレンズ仕様のカメラを搭載する。超広角レンズと言えば、デジタル一眼レフに慣れている愛好家でも使いこなすのが難しいと言われているトリッキーなレンズだが、上手に使いこなせばアーティスティックな写真表現が楽しめる。
 ただ標準・望遠ズームのレンズに比べるとつぶしが効かないため、使える場面が限られていた。要は経験を積めば面白い写真が撮れるレンズなのだが、iPhoneのようなスマホでも超広角写真が手軽に撮れるようになると、いよいよその魅力は一般にも広く浸透していきそうだ。
 例えば人物の背景がより広く写し込めるので、観光名所でスナップ写真を撮る時にはぜひ広角レンズを使いたい。カメラアプリを開いて「0.5x」のアイコンをタップするだけだ。
 通常はてっぺんがフレームからはみ出てしまう高層ビルディングも、iPhoneをタテに構えて超広角レンズに切り換え……