Galaxy初の8Kビデオ撮影対応 スマホ新製品 S…|インスタントカメラ Instax mini LiPl…|銀一 MindShiftGEARのインナーボックスS…|他

Galaxy初の8Kビデオ撮影対応、スマホ新製品「S20 5G」「S20+ 5G」発売決定

2020/03/23 19:37
 新製品は、約1200万画素の超広角カメラ、高速AFに対応した約1200万画素の広角カメラ、約6400万画素の望遠カメラで構成される背面トリプルカメラを搭載。広角カメラでは、イメージセンサーが大きくなり、低照度環境の際でも明るい写真を撮ることができる。また、約6400万画素の望遠レンズと30倍ズーム搭載によって遠くの景色や人物も綺麗に撮影できる。
 さらに、Galaxy S20+ 5Gでは被写界深度を測るToFカメラを追加し、クアッドカメラ仕様となった。一眼レフカメラのように背景ボケを適用できるため、普段の写真をより印象的なものに仕上げることができる。
 高画素カメラを搭載することで、Galaxy初の8Kビデオ撮影に対応した。これによって、例えばスタジアムの選手も間近に感じるような、高精細で躍動感のある動画を撮影することができる。また、8Kで撮影した動画を再生しながら、好みのシーンを8K画質のまま約3300万画素相当の写真としてキャプチャすることが可能。
 さらに、センサーサイズの拡大により、低照度環境でもハイパーラプス動画をきれいに撮影できる。進化したスーパー手ブレ補正機能を装備し、まるでアクションカメラのようなブレのない動画撮影が可能となった。
 若い世代を中心とするSNSでの動画や写真投稿ニーズの高まりを背景に、新たに「シングルテイ……

インスタントカメラ「Instax mini LiPlay」レビュー:すべてがF(ujiの色)になる

2020/03/23 19:02
Instax mini LiPlayの内蔵カメラは、センサーが1/5原色CMOS、焦点距離が35mm換算で28mm、F1.8。背景を入れてみんなでパシャリ、みたいな使い方がしやすいです。セルフィー向けな感じですが、レンズの歪みもあまり感じず、露出調整をしっかりやれば思ったよりは撮れるカメラです。ただいかんせん、あまりボケません。その一方で、プリント後の美しい色味にはボケと併用したくなる魔力があると。
というわけで、個人的にはミラーレス一眼やiPhoneで撮った写真を印刷するのが楽しかったですね。好きなカメラで撮った好みの写真を富士フイルムの色に染めて遊ぶ、というのはカメラライフにほどよい刺激を与えてくれます。
その場のノリや勢いで楽しむガジェットという側面が強いけど…背面部。本体はプラスチックです。使っているうちに塗装が剥げてしまいました…Photo: かみやまたくみ公式サイトで紹介されているようなイメージで素朴に使うのはぼくには厳しかったです。いろんな使い方を思いつくんですが、考えているうちに冷めちゃう。
たとえば、音をQRコード化して写真と一緒に印刷する機能なんて楽しそうな機能があって、「海の音を録音して誰かにプレゼントしよう」などと思ったりもしたのですが、理性が「やめておけ、黒歴史を生むだけだ」と釘を刺してくる。
細かいこと気にせず……

銀一、MindShiftGEARのインナーボックスStash Masterを発売

2020/03/23 18:53
銀一は、MindShiftGEAR(マインドシフトギア)のインナーボックス『Stash Master』を3月19日に発売する。価格は7,300円(税別)。
スタッシュマスターは、バックパックやダッフルバッグに収納できる便利なインナーボックス。フラップ内側のフォームパネルを取り外し、予め折り畳んでおくことで、バックパックに入れた状態でもアクセスしやすくなる。ショルダーストラップ(別売)を取り付ければ、ショルダーバッグとしても使用できる。
また、70-200mm F2.8 を取り付けたグリップ付一眼レフのほか、2-3 本の標準ズームレンズ、フラッシュなどを収納できる。
仕様JAN コード : 0819865018217
カラー : グレー
外寸 : H31 × W31 × D19cm
内寸 : H30 × W30 × D18cm
容量 : 13L
重量 : 400g
▲Stash Master収納イメージ、バックライトエリート45L(別売)収納イメージ(右)
▲ショルダーストラップ(別売)装着イメージ
◉製品情報
https://www.ginichi.co.jp/brand/mindshiftgear/
銀一株式会社
https://www.ginichi.co.jp/

2020年春の新製品をプロがチェック! 最新デジタルガジェットを「じっくり使った前と後」

2020/03/23 18:23
性能も見た目も最高で死角ナシのイチオシPCHPといえば、コスパの高さが最大の魅力です。本機もそれは同様で、16万円台の価格にも関わらず、CPUにはグラフィック性能に優れたタイプのコアi7を採用し、16GBのメモリや512GBのSSDを搭載。さらに、バッテリー駆動は約22時間を実現するなど、この時点で「買っていい」と断言できるレベル。ですが、本機にはそれに劣らず魅力的なポイントがあります。それは、質感の高さも含めた高品位なデザインです。
デザイン性の高いノートPCというとまず思い浮かぶのがMacBookでしょう。実際、世の「デザインに注力した」というPCには、「MacBookっぽくした」だけのものが多いのも事実です。しかし、ご覧のとおりこのSpectreは違います。キーボード奥側の角が面取りされた独特なフォルムは視覚的に美しいだけでなく、USB Type-C端子を用いる電源プラグがデスクの上で邪魔になりにくいというメリットが。筐体外周を覆うメタル素材のケバくない上品な輝きも、所有欲を存分に満たしてくれます。
この価格でこの満足感、今春、最も「買い」だと改めて断言します!(森)
ウェブカメラのオンとオフの切り替えボタン
テレワークの浸透で増加しつつあるウェブカメラの使用機会。本機は、カメラのオンオフスイッチを側面に装備しています。これにより、……

iPhone 11シリーズのトリプルレンズカメラを保護するカバー4タイプ

2020/03/23 18:09
割れても飛散防止機能が高透明度ガラスタイプ「PM-A19xFLLP1」シリーズは、高硬度9Hの強化ガラスを採用し、レンズに傷が付きにくい。指紋や皮脂による汚れが付きにくい「指紋防止加工」に加え、万が一割れてしまった際も飛散しないという「飛散防止設計」を施す。
カラーはiPhone 11用がブラック、iPhone 11 Pro/11 Pro Max用がスペースグレー。
アルミフレームタイプ「PM-A19xFLLP2」シリーズは、レンズ周りを保護し撮影に影響を与えないデザイン。レンズより高さを設けたフレーム構造により、背面を下に向け机の上などに置いても傷が付きにくいという。
カラーはiPhone 11用がブラック、シルバー、レッドの3色。iPhone 11 Pro/11 Pro Max用がゴールド、シルバー、スペースグレーの3色。
高透明度ガラスとアルミフレームを組み合わせたハイブリッドタイプは、全面フラットガラスの「PM-A19xFLLP3」、レンズの突起形状に沿った凹凸があり、装着しても違和感のないリアルデザインモデル「PM-A19xFLLP4」の2種を用意。
カラーはiPhone 11用がシルバー×ブラック、レッド×ブラックの2色。iPhone 11 Pro/11 Pro Max用がゴールド×ブラック、シルバー×ブラックの2色。……

360度回転する圧巻のカメラワーク A24新作「WAVES」冒頭映像公開

2020/03/23 18:03
360度回転する圧巻のカメラワーク A24新作「WAVES」冒頭映像公開 2020年3月23日 18:00
楽曲にも注目 (C)2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved.
[映画.com ニュース]「ムーンライト」「レディ・バード」「ミッドサマー」など次々と話題作を発表するスタジオA24の最新作「WAVES ウェイブス」の冒頭映像が披露された。独創的なカメラワークで、一気に本作の世界観に引きずり込んでいく。
「イット・カムズ・アット・ナイト」のトレイ・エドワード・シュルツが監督と脚本を務め、「イット・カムズ・アット・ナイト」のケルビン・ハリソン・Jr、Netflixドラマ「ロスト・イン・スペース」のテイラー・ラッセル、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のルーカス・ヘッジズらが出演。ある夜を境に、幸せな日常を失った兄と妹。傷ついた若者たちが、再び愛を信じて生きるさまを描く。
公開されたのは、主人公タイラーの充実した高校生活を収めた冒頭のシーン。タイラーが恋人アレクシスとドライブデートする様子が映り、フロリダの風を浴びながら歌うタイラーらをカメラは360度回りながら映し続ける。
そのほか、部活動のレスリングに打ち込むタイラーの姿や、アレクシスと海へ出かけるシーン、パー……