[再現:CP 2020]Vol.03 フェイユーテッ…|片手でもピントがブレにくい!1200万画素のカメラを…|KDDIとフェイスブックが協業 ARカメラでメイクレ…|他

[再現:CP 2020]Vol.03 フェイユーテックの目玉はジンバルだけじゃない。意外な新製品「Feiyu Poc…

2020/03/24 17:17
取材・文:編集部縦グリップデザインのスタビライザー付き小型カメラ「Feiyu Pocket」登場アクションカムから一眼レフ、スマートフォンの3軸ジンバルを手掛けるフェイユーテック。フェイユーテックは、昨年に続いて今年のCP も出展を予定していた。そこで、フェイユーテックの国内総代理店であるTS TRADEにCP 2020の出展内容を聞いてみた。
「実は今年のCP で新製品の展示予定がありました」と少しもったいぶって見せて頂いたのは、スタビライザー付き小型カメラの「Feiyu Pocket」。見た瞬間「えっ!!」と思わず二度見してしまうインパクト。確かに「FeiyuTech」の文字が入っているが、どこか親しみのあるデザインにびっくりだ。Feiyu Pocketは、本国のWebサイトでも紹介されていない、かなりレアな新製品だ。
最近デジタルガジェット系メディアでOsmo Pocket似のXiaomi社製小型カメラ「FIMI PALM」が話題になったが、Feiyu Pocketはそれとは別の製品。デモ機は稼働する状態で、撮影も可能。発売は5~6月で、価格は税別29,500円を予定している。
また、まだ発売前の試作機の段階で仕様が確定したわけではないとのことだが、ディスプレイサイズ、ファストフォーカス、レンズ、シャッタースピードなどで競合製品を上回って……

片手でもピントがブレにくい!1200万画素のカメラを搭載した「GimbaLuce」がキャンペーン終了目前

2020/03/24 17:02
日々生活していると、「今の瞬間を映像で残しておきたい!」と思う場面によく遭遇します。最近は手軽にスマホで動画を撮ることもできますが、動くものの撮影だとどうしても手ブレが気になる…。
思い出をよりキレイに保存しておくためにも、ピントのズレを簡単に抑えることができるカメラがあればいいのに、と思ったことはありませんか?
現在、姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の「GimbaLuce」は、ジンバルシステムを搭載したハンドヘルドカメラ。片手で持てるほど軽量なので、素人でも簡単にプロ並みのブレない動画を記録することが可能です。
こちらのプロダクトのキャンペーンが終了目前となりましたので、もう一度チェックしましょう!
ブレを抑えるジンバルシステムImage: AOI tradingジンバルシステムとは、ブラシレスモーターの力でカメラのブレを制御するシステムのこと。
センサーで被写体を感知しながらカメラ自体がチルト・パン・ロールという3つの軸で自在に動くので、ブレない動画撮影が可能になります。
Video: GimbaLuce!/ YouTube動いている人やものを追いかける動画でも、終始ピントがズレません。
カメラが本体に固定されたスマホや家庭用ビデオカメラでは難しい技術なので、嬉しいですよね。
1200万画素のカメラと……

KDDIとフェイスブックが協業、ARカメラでメイクレッスンなどが試せる次世代型オンラインストア開設

2020/03/24 16:48
 フューチャーポップアップストアでは、KDDIの先端テクノロジーやインスタグラム(Instagram)のARカメラ技術「Spark AR」などを活用し、ネットとリアルを融合した5G時代の新しいショッピング体験を提供するという。ストア第1弾では、花王、「ゾフ(Zoff)」を展開するインターメスティック、ニトリ、フランフラン(Francfran)、AR機能によって自宅で家具の配置を試すアプリ「ルムコエーアール」を開発したリビングスタイルの5社がパートナー企業として参画。ビューティーとライフスタイルの2つのカテゴリーでコンテンツを展開している。一部の商品はau PAY マーケットで購入することもできる。
 ビューティーカテゴリーでは、インスタグラムのARカメラを活用したチークやリップのタッチアップ機能を実装。カメラが顔のパーツを認識して表示するチークのガイドラインに沿ってメイクが体験できるレッスンも提供する。このほか、ゾフのメガネを画面上で試着するコンテンツを用意。試着は「UVクリアサングラス」のみ対象となっている。
 ライフスタイルカテゴリーは、AI店員へのインテリアの相談をはじめ、ニトリやフランフランの家具をルムコエーアールを使って自宅の部屋でコーディネートするコンテンツを用意。また、花王の洗剤「フレグランスニュービーズジェル」の香りを表現したインスタ……

EOS R5が欲しくなっちゃう! キヤノンの新クラウドプラットフォーム「image.canon」は4月14日サービス開始

2020/03/24 16:45
RAWだってクラウドに保存できる!
キヤノンが開発発表をしているフルサイズミラーレス一眼「EOS R5」。魅力的な仕上がりになっている本機ですが、そのなかでとても気になる新機能が。それが「image.canon」(イメージ・ドット・キヤノン)です。
このimage.canonのサービス開始日が2020年4月14日(火)と発表されました。と、いうことは…。EOS R5もそのくらいには出るのかな? 期待しちゃうぜ!
オリジナル画質のままクラウドに保存できるImage: キヤノンimage.canonは、カメラとクラウドが一体化する「コネクテッド・カメラ」をコンセプトとした新クラウドプラットフォーム。EOS R5など自動転送機能を搭載したカメラからWi-Fi経由で、静止画や動画をオリジナル画質のままクラウドストレージ「image.canon」に自動転送してくれるサービスです。保存期間は30日。
Image: キヤノンその間は、クラウド上からパソコンなどにダウンロードすることが可能です。30日経過後も長辺2,048ピクセルのサムネイルはimage.canon上に保存されます。なお、10GBまではオリジナル画質のまま長期保存が可能となっています。
これだけで神サービスの予感がプンプンします。それ魅力。
Image: キヤノンそれだけじゃ……

デジタルミラーと広角フルハイビジョンカメラで後方もバッチリ録画できるモジのドライブレコーダー「ネオトーキョー ミラー…

2020/03/24 16:05
近年の車に関する報道は、あおりなどの危険運転、シニアによる不慮の事故など、いずれも“視野の狭さ”が問題になっているものが多い。特に後方の視野は死角も多く、危険な運転に対する判断も遅れがちだ。
そこでモジは、視界角の改善、危険運転に対する対応策のひとつとして新しいドライブレコーダー『ネオトーキョー ミラーカム』を発売した。
視界を広げるドライブレコーダー『ネオトーキョー ミラーカム』従来のバックミラーを広角リアカメラ+デジタルミラーへ変更通常の室内ミラーは、狭いリアウインド越しでしか後方を確認できない。後部ピラー部が完全に死角になることも。ミラーカムは、後部に設置したカメラ映像をそのまま映し出せるようデジタルミラーを採用することで、圧倒的に視野角が広くなり、死角も少なくなる。
当然、カメラは後部に設置しているため、乗員や荷物などで視界ふさぐ心配もないし、後方からの突然の危険運転をいち早く認識できる。また、このカメラは防水仕様(IP67)になっており、車外への設置可能だ。
前方・後方ともフルハイビジョン高性能センサーで車両ナンバーを正確に判断ドライブレコーダーに多いのは、前方カメラはフルハイビジョンで高画質センサー採用、後方カメラは低画質というものが一般的だった。
モジが販売するミラーカムは、前後ともフルHD(1920x1080)解像度……

お花見ライブカメラ 目黒川沿いの桜を配信中!

2020/03/24 15:32
西日本・東日本では桜の開花が進み、早くも見頃を迎えている名所があります。
ウェザーニュースでは、桜の様子が分かるように、目黒川沿いにライブカメラを設置しました。
お花見へ行く前に、桜の様子や現地の状況をチェックしたり、自宅でプチお花見を楽しんだり出来るよう、YouTubeにてリアルタイムなライブカメラとして公開しています。

ドコモの「AQUOS R2」と「AQUOS R3」がAndroid 10に カメラの機能追加も

2020/03/24 15:09
関連記事AQUOS R3の「動画」と「ディスプレイ」は何が変わったのか? シャープ開発陣にじっくりと聞く
シャープの新スマホ「AQUOS R3」は、前モデル「AQUOS R2」に続いて動画専用カメラを搭載。撮った動画をリアルタイムで約15秒のダイジェスト動画にする「AIライブストーリー」を提案してきた。ディスプレイは第5世代のIGZOに進化。そんなR3で改善したポイントを開発陣に聞いた。「AQUOS R3」がドコモからも登場 下り最大1576Mbpsに 価格は8万円台後半
ドコモがシャープの「AQUOS R3」を6月1日に発売する。ドコモオリジナルの「ラグジュアリーレッド」を用意。新開発の「Pro IGZO」ディスプレイや15秒のダイジェスト動画を作成するカメラが特徴。“動画撮りっぱなし問題”の解決に シャープが「AQUOS R3」で目指すもの
シャープが夏商戦向けに投入する新型スマートフォン「AQUOS R3」は、カメラ、ディスプレイ、基本性能を強化したフラグシップモデル。5月8日に開催した発表会でその狙いが語られた。3年連続、国内のAndroidスマートフォン出荷台数1位を目指す。シャープが新フラグシップ「AQUOS R3」発表 ディスプレイが「Pro IGZO」に進化
シャープが「AQUOS R3」を発表。2019年初夏以降に発売す……

3カメラ搭載のドライブレコーダー「P3 pro」登場

2020/03/24 14:11
Alinksはこのほど、YAZACO製の3カメラを搭載したドライブレコーダー「P3 pro」の取り扱いを開始した。
YAZACO製の3カメラを搭載したドライブレコーダー「P3 pro」登場
「P3 pro」は、フロントカメラ、車内カメラ、リアカメラの3カメラを採用したドライブレコーダーで、従来の2カメラでは撮影しきれなかった死角を減らし、近年問題になっているあおり運転をはじめとするトラブル時に、証拠能力の高い撮影が可能だという。
3カメラともソニー社製CMOSセンサーSTARVIS(IMX415 IMX307 IMX291)を搭載
フロントカメラはなんと800万画素 の4K高画質。車内とリアカメラも共にフルHDとかなりハイスペックなモデルとなっており、事故の記録としてだけでなく、ドライブや旅行の思い出の記録にも最適なカメラに。また、3カメラともソニー社製CMOSセンサーSTARVIS(IMX415 IMX307 IMX291)を搭載し、F1.4の光学6G多層ガラスレンズなどを採用していることから、夜間や駐車場内でも鮮明な画像を記録することが可能だ。
さらに、フロントカメラは360度、車内カメラは90度、リアカメラは230度回転可能で、各カメラを最適な角度に調整することもできるほか、Google mapと連動したGPS搭載により、走行……

冨永愛、10年ぶりにパリコレに挑む姿をカメラが追う…「セブンルール」

2020/03/24 12:20
テレビ
「24」リメイク、唐沢寿明主演で10月放送開始!S1ベースに全24話で描く 浜辺美波&横浜流星、和菓子屋を舞台にラブミステリー「私たちはどうかしている」ドラマ化 『パラサイト』イ・ソンギュン主演、食欲そそるリーガルドラマ「検事内伝」初放送へ 編集部にメッセージを送る
モデルで女優の冨永愛が、3月24日(火)今夜の「セブンルール」に登場。今年10年ぶりにパリコレ復帰を目指す冨永さんに番組のカメラが密着する。
ティーン誌のモデルとして活動を開始、制服姿の写真がたまたま「ヴォーグ」誌に掲載されたことで世界の注目を集め、17歳にしてニューヨーク・コレクションデビュー。その後はファッション界の最高峰、パリ・コレクションを始め、ニューヨークやミラノなど、世界中の名だたるショーに出演。世界の第一線でトップモデルとして活躍する。
子育てのため、2014年から3年間休業したものの2017年に復帰。昨年秋クールの日曜劇場「グランメゾン東京」では、木村拓哉演じる主人公の元恋人にして最強の敵として出演。179cmという日本人離れしたスタイルと世界で活躍したモデルならではの存在感で物語に深みを与えた。
今回番組では10年ぶりにパリコレ復帰を目指す彼女の挑戦を追うことに。
神奈川県相模原市で三姉妹の二女として生まれた……

カメラを守るイージーカバーに「ソニーα6600」用(Impress Watch)

2020/03/24 12:17
株式会社ジャパンホビーツールは、シリコンカバー「イージーカバー SONY α6600用」を3月19日に発売した。希望小売価格は税別4,740円。カラーはブラックとカモフラージュの2色をラインナップする。
【この記事に関する別の画像を見る】
カメラ本体を傷や衝撃などから保護するためのシリコン製カバー。カメラの形状にあわせて成型されており、ボタンや背面モニターなどの操作を妨げないつくりとなっている。
液晶保護シールとクリーニングクロスが付属する。

『新型コロナウイルスの感染防止のため、赤外線サーモグラフィカメラによる発熱者検知システムの一括レンタルサービス』を開始

2020/03/24 12:04
赤外線サーモグラフィカメラを使用して検査を行うには、赤外線カメラの機種選定、購入から始まり、その取扱いを覚え、モニター、パソコンを準備設置し、人員を配置することが必要となり、想像以上に面倒で経費と時間がかかります。
弊社のサービスは、その手間、時間、経費を削減したワンストップで完結するものであります。そして、そのメリットは赤外線サーモグラフィカメラの撮影技術者と共にすべての機材を一括したパッケージとしてレンタルするので即日検査が実施できる点にあります。
世界的に新型コロナウイルスの感染が拡大する中、感染拡大防止に用いられる赤外線サーモグラフィカメラが注目されています。現在、東京都庁や参議院会館、映画館などで入口に赤外線サーモグラフィカメラを設置し感染拡大を防ぐ対策を取っています。また、メディアなどで報道されているように、空港では水際対策として赤外線サーモグラフィカメラを設置し、体表温を確認することで二次感染防止の対策を行っております。
このサービスは、空港でも使用されている赤外線サーモグラフィカメラの最大手FLIR(フリアー)社のT640シリーズを使用し、発熱者のイベント会場、商業施設への入場規制を行い、二次感染のリスクを最小限にくい止めるものです。
現在、様々なイベントが自粛され、観光業なども大きな打撃を受けています。日本国内全体で再開……