ソニー 新しいコンセプトのコンパクトカメラ のティ…|まじでVloggerのためのカメラだこれは 噂のソニ…|売り場激減 かつて売れまくった コンデジ 今後ど…|他

まじでVloggerのためのカメラだこれは。噂のソニー「ZV-1」はこんなデザイン

2020/05/21 17:00
欲しいんじゃ〜。
すでにティーザーも公開され、5月27日の発表が予定されているソニーの次期コンパクトカメラ「ZV-1(仮称)」ですが、さらなるリーク画像が登場しました。
Sony Alpha Rumorsでは、同社のコンデジ「RX100 VII」にも似たその姿が確認できます。センサーは2010万画素でレンズの焦点距離は24-70mm、f値1.8-2.8。3.5mmイヤホンジャックや内蔵NDフィルター、瞳AFなどが搭載されるとしています。
海外のニュースサイトにソニー「ZV-1」の画像も追加されました。#噂pic.twitter.com/qcJddqUD9T
— 軒下デジカメ情報局 (@nokishita_c) May 20, 2020Vlogger(Vロガー)の需要に応えるべく、横に展開するバリアングルディスプレイを搭載。これにより、上方向のチルトディスプレイのように画面がマイクや他のアクセサリーに邪魔されません。まさに、自撮りのための進化です。
それ以外にも、大きめのビデオ録画ボタンを搭載。グリップを追加することで、握り心地もよさそうです。なお画像では、Bluetooth接続のシューティンググリップ「GP-VPT2BT」が写り込んでいますね。
プレスリリースらしき資料によれば、ZV-1には美肌効果(Soft Skin Eff……

【売り場激減】かつて売れまくった「コンデジ」 今後どうなる?

2020/05/21 17:00
SNSの普及とスマホカメラの高画質化でコンデジ需要が減り、カメラ市場全体に大きな影響が出ている。そんな状況下で、スマートフォンが苦手としている領域をカバーするモデルもある。オリンパス・Tough(タフ)TG-6などの防水&タフネス仕様、ニコン・COOLPIX(クールピクス)P1000のような超高倍率ズーム搭載などがあげられる。
あなたの疑問にズバリお答え!
コンデジの売り場減少。今後、どうなる?
読者から質問
家電量販店に行ったら、コンデジ(コンパクトデジカメ)のスペースが少ないことに驚き、かつてデジカメが、フィルム売り場を隅に追いやった光景を思い出しました。コンデジは今後どうなるのでしょう?(F.Sさん 埼玉県 64歳)
専門家の回答
編集部:
これは、カメラライターの北村智史さんに聞きます。
専門家:
いわゆるコンデジの市場が現在は大幅に縮小しているのは知っていても、家電量販店やカメラ店の売り場の狭さを見ると、やはり愕然としてしまいますね。
かつては飛ぶように売れていたコンデジですが、2000年を過ぎたあたりから一眼レフのデジタル化が始まって、カメラ好きや写真好きの趣味層がデジタル一眼レフへと移行しはじめました。2003年にはキヤノン・EOS Kissデジタルが登場。デジタル一眼レフが低価格化したこ……

新しいiPad ProとANiU cafe(後編)〜LumaFusionで各種4K素材の編集を試してみる

2020/05/21 14:03
REPORT◉ANiU cafe‏ @AniuCafe
ANiU CafeさんのYouTubeチャンネルはこちら
前編はこちらから
新しいiPad Proの頭脳「A12Z Bionic」と8コアに増えたGPUの恩恵実は、私が新しいiPad Proで何より試してみたかったのが「動画編集能力」なのです!  ビデオサロンの2019年5月号で「ANiUcafeさんの LumaFuionのススメ」と題して記事を書かせていただきましたので、ご存知の方もおられると思いますが。そうなんです!「LumaFusion 」を、新しいiPad Proで使うとどれだけ快適なのかを確認をしたかったのです。
▲LumaFusionの画面
LightningコネクターではなくUSB-C2018年モデルより外部インターフェイスは、Lightningコネクターではなく、「USB-C」に変更され、iPhoneなどほかの機器への給電ができるようになりました。また、iPhoneの写真アプリの素材が取り込めたり、5Kディスプレイへの映像出力に対応したり、USB-C – HDMI アダプタを使用して HDMI対応のディスプレイやテレビに接続して解像度 4K/60 Hz で iPad Pro から映像を出力できるようにもなりました(後述)。 さらに、ハブやドック・キーボードオーデ……

中原一雄氏コラボ、“レンズ交換に最適化した”「シューティングマルチカメラバッグ」

2020/05/21 14:00
ビーハーフは、プロカメラマン・中原一雄氏とコラボレーションした「Endurance シューティングマルチカメラバッグ」を発表。6月1日より販売を開始する。
「レンズ交換に最適化した」というショルダーカメラバッグ。「収納力はあるが、機材が出しづらいリュックタイプのカメラバッグの弱点を補うバッグとして開発した」とのことだ。
収納例として、同社は「標準ズームレンズ+広角ズームレンズ+単焦点レンズ」「単焦点レンズ付きミラーレスカメラ+標準ズームレンズ」「レンズ2本+モバイルバッテリー+三脚雲台」の3つを挙げている。
発表によれば、「ほとんどのメーカーの70-200m F2.8レンズを収納可能」とのこと。加えて、底部のファスナーを回せば、さらに収納スペースが拡張可能。底全面通しの隠しスペースを使用することで、望遠レンズの収納も可能となるという。
また、背面には10.2型iPadや、A5サイズのノートパソコンを収納可能。フロントには、ファスナーポケットを2つ備えた。大きめのポケット内部には、バッテリーやフィルターなどの撮影小物が入れやすいメッシュポケットを採用。小さめのポケットは「パスポートが余裕で収納可能」とのこと。
なお、「Endurance」シリーズのリュックタイプのカメラバッグと組み合わせることで、撮影の拡張性がさらに向上するとのこと。……

アクションカメラのGoProがなぜ?最大200ルーメンで防水仕様のライト「Zeus Mini」を発売

2020/05/21 13:16
GoProは5月20日、個人用の照明という競争が熾烈な業界に参入した。GoPro Zeus Miniだ。小気味いい小さなライトのようだが、アクションカメラ企業が発売するものとしては興味深いプロダクトだ。
防水仕様のZeus Miniの価格は69.99ドル(約7500円)で、磁力スプリングクリップが付いてくる。ライトはGoProの全マウントで使える。Zeus Miniで最も優れているのは多機能なマウントかもしれない。このライトはGoProの製品に投資した人にとっては納得のいくものだ。すでにGoProのマウントを自転車に設置しているなら、そこにカメラもしくはライトを取り付けられる。
照明マーケットの競争は激しさを増す一方だ。過去数年で、Subreddit(サブレディット、ニュースサイトRedditで特定のトピックの議論を目的とするサブフォーラム)、フォーラム、ファンサイトが立ち上がり、そこでは人々が、Fenix、Nitecore、Sofirn、Olightといったブランドからの最新プロダクトについてあれこれ意見を交わしている。筆者のような素人にとってはZeus Miniはそうしたブランドのベストな製品と同レベルのように見える。
Zeusの明るさは4段階で調整でき、最大200ルーメンで照らす。ライトに詳しい人なら「200ルーメンというのはOKだが、で……

スマホ不要で360度ライブ配信できる「Rogy 360」

2020/05/21 13:10
DP Smartは、全天球カメラ「Rogy 360」の先行販売プロジェクトをクラウドファンディングサイトCAMPFIREで5月13日に開始した。目標金額の100万円は達成したが、7月8日まで支援を受け付けている。
Rogy 360は、製品単体で8時間のライブ配信に対応した360度カメラ。カメラ本体のボタンを押すだけで、PCやスマートフォンを使わずにFacebookやYouTubeに配信できるという。
製品には6つのレンズが搭載されており、8Kの静止画と5.7Kの動画撮影が可能だとしている。また、360度画像の生成では6枚の広角画像をつなぎあわせるため、高精度なスティッチングが可能になっているという。

49,280円、4眼カメラ搭載の6.47型有機ELスマホ「TCL 10 Pro」

2020/05/21 13:05
FOXは、6.47型スマートフォン「TCL 10 Pro」(TCL製)を5月29日より発売すると発表した。5月21日11時から予約受付を開始している。
ディスプレイに、アスペクト比19.5:9の6.47型フルHD曲面有機EL(2340×1080ドット、395ppi)を採用したモデル。従来モデル「PLEX」に引き続き、色差△Eは1未満(TCL labによる実測値)を実現し、「よりリアルに近いビジュアルを提供する」とのことだ。「HDR10」コンテンツの再生もサポートする。
カメラ機能は、アウトカメラが6400万画素のメインカメラ+1600万画素の広角カメラ+200万画素の暗所撮影用カメラ+500万画素のマクロレンズカメラのクアッド構成。カメラ機能では、暗所撮影時に自動で切り替わる「low-light」モード、AIによるシーン認識機能を装備した。インカメラは2400万画素だ。
このほか主な仕様は、プロセッサーが「Snapdragon 675」、メモリーが6GB、内蔵ストレージが128GB。外部記録媒体はmicroSDメモリーカード(最大256GB)をサポート。OSは「Android 10」をプリインストールする。
セキュリティ機能は、指紋認証、顔認証の利用が可能。無線通信はIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN規格、Bluet……

Borderless、双眼式HUDと超広角リアカメラを備えた「クロスヘルメット X1」

2020/05/21 12:22
 サイズについては、Mサイズ(58~60cm)、Lサイズ(61~62cm)、カラーはラスターブラックが選択可能。
 Borderlessはデザイナーの大野新氏によって設立された日本発のスタートアップ企業。ソニー、ニコン、ヤマハ、ノキア、フジゼロックスなどで経験を積んだデザイナーとエンジニアを中心に、2014年よりプロジェクトを開始。2017年に海外のクラウドファンディングキャンペーンで目標金額の300%を達成し、その後量産に向けた開発を進め、今回のキャンペーン開催は国内販売に向けた体制を整えることを目的にしているという。