こんな時だから近くを撮ろう 僕が持ち出す3つのカメラと使い分け|ソニーデザインの歴史を振り返るWebギャラリーが公開

こんな時だから近くを撮ろう 僕が持ち出す3つのカメラと使い分け

2020/05/23 11:45
長く感じた緊急事態宣言、最後まで残った東京・神奈川・千葉・埼玉・北海道でも、ついに解除が濃厚となってきました。しかし、旅行は引き続き自粛が要請され、観光や遊興施設のほとんどは何らかの制限がある状態です。写真撮影でも風景や鉄道、ポートレートなど、ロケが難しいジャンルはまだたくさんあります。かといって、撮影を諦めるのはもったいない話です。
必要に迫られたり、気分転換で近場を出歩くこともあるでしょう。そんなときにカメラを持ち歩くと、制限や自粛だらけの国民我慢大会も少しは楽しくなりますよ、というのがこの短期連載のテーマです。近所の街角やちょっとした光景も立派な被写体になりますし、そうして撮りためた写真はのちのち今回の出来事を振り返るときの材料になります。いざ緊急事態宣言が明けたときに、すんなり“現場”へと復帰するためのトレーニングという側面もあります。
毎日の何気ない撮影が子どもの成長記録に僕も緊急事態宣言が発令されてから、新たにnoteを始め、写真と日記を毎日公開しています。それもあり、限られた時間と範囲の中でも、意識して写真を撮るようにしています。仕事はほとんどがキャンセルになり、朝と夕方は1歳7カ月の息子と散歩。息子は保育園が休園でいろいろ持て余しており、まさに怪獣そのもの。毎日が育児でぐったりですが、思えば息子にあまりカメラを向けることがありませんで……

ソニーデザインの歴史を振り返るWebギャラリーが公開

2020/05/23 00:00
ソニーは5月21日、同社Webサイト「Sony Design」のGalleryページをリニューアル。1960年代から現在にかけての製品やサービスの一部について、そのデザインを写真で紹介している。
スチルカメラでは、サイバーショット1号機の「DSC-F1」(1996年)をはじめ、Eマウントミラーレスカメラの原点「NEX-5」(2010年)、スマートフォンとの組み合わせを前提とした"レンズスタイルカメラ"「DSC-QX100」(2013年)などが取り上げられている。
なお、同Webサイト内「Stories」のコーナーでは、これまでに公開されている様々なソニー製品のデザインストーリーを読める。