BE BLUES! 田中モトユキが描く カメラで繋…|アイ・オー 大会議室にも対応するWebカメラやスピー…|パナソニック 高感度 低ノイズで色再現性に優れた4K…|他

「BE BLUES!」田中モトユキが描く、カメラで繋がる少年少女の読み切り

2020/07/29 17:00
「BE BLUES!~青になれ~」の田中モトユキによる読み切り「ペンタプリズム」が、本日7月29日発売の週刊少年サンデー 35号(小学館)に掲載された。
田中にとって17年ぶりの新作読み切りとなる「ペンタプリズム」は、亡くなった祖父の古いフィルムカメラを持ち出した少年・山田と、カメラ好きの少女・氷角による青春ストーリー。誌面には田中からのメッセージが掲載され、職場スタッフと自身、それぞれの家族への新型コロナウイルスの感染リスクを考慮し「BE BLUES!~青になれ~」を休載していること、そんな状況の中で、1人で作業を行える今回の読み切りを執筆したことが綴られた。

アイ・オー、大会議室にも対応するWebカメラやスピーカーフォン

2020/07/29 16:46
USB-PTC1  「USB-PTC1」は、左右340度、上下120度の範囲でレンズの向きを調整できるWebカメラ。8月末より発売予定で、税別価格は38,900円。
 首振り機能に加え水平100度の広角レンズを採用し、広い会議室でのWeb会議にも対応。レンズの向きは最大9パターンまで記憶できる。本体サイズは約258×160×194mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.3kg。

パナソニック、高感度、低ノイズで色再現性に優れた4Kスタジオカメラシステムを開発発表

2020/07/29 15:41
AK-UC3300/UC3300Sは、11メガピクセルの大判4Kイメージセンサーを搭載し、オーバーサンプリングにより水平垂直ともに解像度2000TV本を実現。F10(2000lx)の高感度でS/N 62dB以上を確保し、低ノイズで高品位な映像撮影を可能にするとしている。
また、2160/59.94pや1080/59.94pなど制作用途にあわせた運用が可能な4K/HDマルチフォーマットに対応。インターフェイスは、非圧縮4K映像を同軸ケーブル1本で伝送可能な12G-SDI出力※や、従来の3G-SDIケーブルから4K信号を伝送可能なTICO over SDI(4K over 3G-SDI)出力※、そしてSMPTE ST2110※※にも対応する。
※カメラコントロールユニット(CCU)AK-UCU600/UCU600S接続時
※※カメラコントロールユニット(CCU)AK-UCU600 /UCU600SにIP/12G/3GインターフェイスキットAK-NP600G(別売)を装着することで対応(HDモード時)0.7型フルHD OLEDカラービューファインダー「AJ-CVF70GJ」関連機器として0.7型フルHD OLEDカラービューファインダー「AJ-CVF70GJ」も開発している。高コントラスト比とピュアブラックにより高い映像表現が可能。光学ズームレンズを……

デュアルカメラとシングルレーザーにより高精度な3D構築を実現するスマートプロファイルセンサ「MatroxAltiZ(…

2020/07/29 14:41
デュアルカメラとシングルレーザーにより高精度な3D構築を実現するスマートプロファイルセンサ「MatroxAltiZ(マトロックスアルティス)」を販売開始  時事通信

ソニー、4K/120p記録対応のフルサイズミラーレスカメラ 「α7S III」

2020/07/29 13:50
ソニーは、フルサイズミラーレスカメラ 「α7S III ILCE-7SM3」を発表。8月4日10時より予約受付を開始し、10月9日から発売する(※画像1枚目は「FE 16-35mm F2.8 GM」装着イメージ)。
新開発の35mmフルサイズ有効約1210万画素裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R(エクスモアアール)」や、従来比(「BIONZ X」との比較)で約8倍の処理性能をもつ新開発の画像処理エンジン「BIONZ XR(ビオンズエックスアール)」を装備したモデル。
大きい画素サイズによる高い集光効率に加えて、「α7S」シリーズで初となる裏面照射型構造により、静止画・動画ともに常用ISO 80〜102400(拡張感度は、静止画時ISO 40〜409600、動画時ISO 80〜409600)の幅広い感度域によってノイズの発生を抑え、高い描写力を得るという。
特に、室内などの中高感度域においては、イメージセンサーの性能を最大限に引き出す画像処理アルゴリズムとの組み合わせで、静止画・動画ともに、ノイズ低減による1段分(従来機「α7S II」との比較。ソニー測定条件)の画質向上を実現するとのことだ。
同時に、動画においては、15 ストップ(S-Log3動画撮影時。ソニー測定条件)の広いダイナミックレンジによって、階調豊かな映像を生……

ソニー、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α7S III」を発表。最高ISO409600、4K120p動画などの撮影性…

2020/07/29 13:43
α7S IIIは、最高ISO409600(拡張時)の高感度性能と15 ストップ(S-Log3動画撮影時)の広いダイナミックレンジに加え、間引きや加算のない全画素情報の読み出しにより、フルサイズならではの表現力はそのままに、モアレ(縞模様)やジャギー(階段状の線)を抑えた高い解像力による4K映像記録を実現するという。
最大120pのハイフレームレート映像を4K解像度でカメラ内部に記録可能。4K解像度の最大5倍の滑らかなスローモーションも可能となる。また4:2:2 10bitのサンプリングにも対応し、従来の4:2:0 8bit比で約128倍の情報を保有しているため、カラーグレーディング時の微細な階調・色調整が可能だという。圧縮方式においては、従来のLong GOPに加え、フレーム単位で圧縮し高画質記録を行いスロー&クイックモードでの撮影時は最大1200Mbpsの記録ビットレートとなるAll-intra(XAVC S-I撮影時)方式や、高効率圧縮コーデックのMPEG-H HEVC/H.265を採用したXAVC HSに新たに対応している。高い圧縮効率により、同じファイルサイズの場合、従来よりも高画質に記録できるという。
ソニーの業務用カメラに搭載されているS-Log3/S-Gamut3にも対応し、カラーグレーディングを前提とした映像制作時の業務用カメラとの親……

GOPPA、デジタルマイクを内蔵したWEBカメラ「GP-UCAM2FA」

2020/07/29 13:02
アイ・オー・データ機器は、GOPPA製WEBカメラ「GP-UCAM2FA」の取り扱いを開始。8月上旬より発売する。
デジタルマイクを内蔵しており、WEB会議などに適したモデル。有効200万画素で、フルHD(1920×1080ドット)画質を実現。ピント合わせが不要なオートフォーカスに対応する。
また、スタンドの角度を調整することで、卓上において利用したり、液晶ディスプレイの上に引っかけて利用することも可能。三脚穴を備えており、カメラ用の三脚などに装着できる。
電源はUSBバスパワー駆動を採用。対応OSは、Windows 10/8/7、macOS 10.12 Sierra以降。
このほか、インターフェイスはUSB 2.0に対応。本体サイズは87.2(幅)×58.0(高さ)×46.3(奥行)mm。重量は93g。
直販価格は6,160円。