アミュレット ハイエンド・ミラーレス一眼カメラ/デジ…|1,980円の マイク内蔵WEBカメラ100万画素 …|3眼レンズで3D写真が撮影できるフィルムカメラ RE…|他

アミュレット、ハイエンド・ミラーレス一眼カメラ/デジタルシネマカメラ対応の「Wise CFexpress Type …

2020/07/30 15:33
アミュレット株式会社は、ハイエンド・ミラーレス一眼カメラやデジタルシネマカメラに対応したCFexpress Type Bカード「Wise CFexpress Type BカードCFX-Bシリーズ 1TB/512GB」と、CFexpress Type BカードおよびSDカードをパソコンで読み書きするためのUSB 3.2 Gen 2(10Gbps)対応カードリーダー「Wise CFX/SDコンボカードリーダー」を2020年8月7日に発売する。希望小売価格はオープン。市場想定価格は以下の通り。
Wise CFexpress Type BカードCFX-Bシリーズ 1TB:税込120,000円Wise CFexpress Type BカードCFX-Bシリーズ 512GB:税込69,800円Wise CFX/SDコンボカードリーダー:税込11,000円Wise CFexpress Type BカードCFX-Bシリーズは、CFexpress 2.0準拠のメモリカード。キヤノン「EOS-1D X Mark III」、ニコン「Z 7」、パナソニック「LUMIX S1R」などのハイエンド・ミラーレス一眼カメラで動作確認済み。また、1TB/512GBについては上記カメラに加えて、キヤノンのデジタルシネマカメラ「EOS C500 Mark II」および「EOS C300 Mark……

1,980円の「マイク内蔵WEBカメラ100万画素」がセブン‐イレブンで販売! 販売地域は東京都と大阪府

2020/07/30 15:23
 セブン‐イレブンが、センチュリー(CENTURY)の「マイク内蔵WEBカメラ100万画素」を2020年7月28日(火)以降順次販売しています。価格は1,980円(税込2,178円)。販売地域は東京都、大阪府。

3眼レンズで3D写真が撮影できるフィルムカメラ「RETO3D」

2020/07/30 14:30
現像した写真をデジタル化します。
この時代にあえてフィルムを使う、トイカメラのような3眼カメラ「RETO3D」がちょっと面白そうです。
フィルムの良さとテクノロジーの融合このカメラは3つのレンズが横並びになっているため、視点がちょっぴりズレた写真を同時に3枚撮影します。それを一度現像してから専用アプリで取り込むと、約1~2秒ほどの立体視画像が作成される、というもの。そこからはイマドキに、SNSでシェアするといった楽しみ方ができるのです。
Image:https://www.reto3d-japan.com/
工夫次第で迫力のある画も視差を利用して簡単な立体視を作り出すこのカメラ。公式サイトの作例を見ると、シャボン玉のようなちょっと速く動くものを撮ると動きが大きくダイナミックになり、カメラを立てて撮影すると、横向きの写真になります。
Video: Urban Outfitters Television/YouTube「RETO3D」は7月下旬にクラウド・ファンディングを行なうとのこと。LINE公式アカウントと友だち登録しておくと先行販売情報が届き、先着30名に最大35%の割り引きが受けられるそう。気になる方はぜひ。
これがあれば、SNSに投稿する写真にオリジナリティーが出そうですね。現像から上がってくるときの、あのなつかしいワク……

Creative、ドライバ不要で使える1080p対応Webカメラを直販限定で発売

2020/07/30 14:14
クリエイティブメディア株式会社は、WindowsやMacのOS標準ドライバで動作するWebカメラ「Live! Cam Sync 1080p」を直販オンラインストアで7月下旬より発売する。直販価格は5,478円。
 視野角約77度のワイドアングルな大口径レンズとフルHD(1,980×1,080ドット)センサーを搭載し、最大1080/30fpsでの撮影に対応したWebカメラ。USBポートに接続するだけでカメラが使えるほか、内蔵するデュアルマイクもOS標準ドライバで動作し、接続後にすぐ使用することができる。
 ロゴにはLEDを採用し、カメラ使用時には点灯することで動作中かが簡単にわかるほか、物理的にカメラを隠せるカバーも搭載し、プライバシーも守れる仕様。上下30度/水平方向360度に向きが変更でき、ディスプレイ上部への装着や据え置きなども可能な三脚用ネジ穴つきのクリップも装備する。
 本体サイズは約105×65×60mm(幅×奥行き×高さ、スタンド含む)、重量約96g。ケーブル長は約1.5m。

クアッドカメラや大型ディスプレイ搭載の、ミッドレンジ5G(注1)対応スマホ「ZTE a1」2020年8月5日にKDD…

2020/07/30 14:04
ブラック
1.主な特長
大型ディスプレイ搭載の“手に取りやすい”5G(注1)対応スマホ
 手に取りやすく大画面
  幅約76mmに約6.5インチのディスプレイを搭載。画面占有率は約91.5%と握りやすさと大画面を両立した“手に取りやすい”スマホ。
  Snapdragon 765G 5G搭載
  5G(注1)対応のミドルレンジチップセットSnapdragon 765G 5Gを搭載。
 大容量ムービーも素早くダウンロード
  手振れ補正対応4Kムービー録画(注2)が可能。スマホで撮影した大容量ムービーも5G(注1)通信で素早く共有できます。
夜景や風景、接写まで、あらゆるシーンに適するクアッドカメラ
 マルチフレームノイズリダクション
  高速連写した複数枚の画像を合成することでノイズを最小限に抑え、暗いシーンでも鮮明な写真が撮影できます。
 AIカメラ
  複雑な操作をしなくても「AIカメラ」をONにするだけで、あらかじめ設定された13のシーンから最適な設定が自動的に行われ、誰でも手軽によりキレイな写真が撮影できます。
 約3,200万画素インカメラ搭載
  パンチホールカメラにより最大限のスクリーン占有率を実現。
  【美肌機能】で7段階の美肌度合いを調整できます。……