スズキ スペーシア 車いす移動車 デュアルカメラブレ…|ステレオカメラ市場2020最新のトレンドと技術進歩を…|一眼レフをWebカメラ化するアダプター サンコーが2…|他

スズキ スペーシア 車いす移動車、デュアルカメラブレーキサポートを標準装備

2020/09/16 17:30
スズキは、福祉車両ウィズシリーズの『スペーシア 車いす移動車』の安全装備を充実するなど一部の仕様を変更し、9月16日より発売する。
スペーシア 車いす移動車は、介助者の負担を軽減するため、車両後部のスロープをワンアクションで開閉でき、車いすでのスムーズな乗せ降ろしを可能とした福祉車両だ。
今回の一部仕様変更では、夜間の歩行者も検知する衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」を標準装備。また、「ハイブリッドX」グレードにはUSB電源ソケット(2個)や時間調整付フロント間欠ワイパーを新たに装備して使い勝手を高めた。
スペーシア 車いす移動車は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」に該当する。
価格は157万円から174万6000円。
《纐纈敏也@DAYS》

ステレオカメラ市場2020最新のトレンドと技術進歩を公開-ソニー、パナソニック、富士フイルム、コダック、キヤノン、ニコン

2020/09/16 16:13
グローバルステレオカメラマーケットリサーチレポート予測2020 – 2026は、ビジネス戦略家にとって洞察に富んだデータの貴重な情報源です。業界の概要と成長分析、過去および未来のコスト、収益、需要、供給のデータ(該当する場合)を提供します。レポートはまた、ステレオカメラ市場への新しいCOVID-19パンデミックの影響を考慮し、予測期間中に予測される市場変動の明確な評価を提供します。リサーチアナリストは、バリューチェーンとそのディストリビューター分析の詳細な説明を提供します。この市場調査は、このレポートの理解、範囲、およびアプリケーションを強化する包括的なステレオカメラデータを提供します。
レポートは、市場の競争力のある風景と、市場の主要ベンダー/主要企業の対応する詳細な分析を示しています。  グローバルステレオカメラ市場のトップ企業:  Fujifilm、Kodak、Canon、Lytro、Faro Technologies、Matterport。、Sony、Panasonic、Go Pro、Nikonなど。
(このレポートを最大20%割引で利用できます)
リンクをクリックして、レポートの無料サンプルコピーを取得します。
https://www.marketinsightsreports.com/reports/08182218715/c……

一眼レフをWebカメラ化するアダプター、サンコーが2980円で発売 専用ソフト不要

2020/09/16 15:36
関連記事モジュール式アクションカム「Insta360 ONE R」に機能追加 Webカメラ化、360度ライブ配信など
「Insta360 ONE R」に新機能を追加するアップデートが実施される。オリンパス、OM-DをWebカメラにするソフトをMacにも対応
キヤノン、富士フイルムに続き、オリンパスがMacに対応。ソニー製カメラをWebカメラ化する公式ツールが登場 αシリーズやRX100シリーズなどが対象
ソニーは、同社のデジタルカメラをWebカメラ化するツール「Imaging Edge Webcam」を公開した。プラネックス、見守りカメラ「スマカメ」をワイヤレスWebカメラ化するソフト
プラネックスコミュニケーションズが、ネットワークカメラ「スマカメ」をワイヤレスWebカメラ化するWindows向けソフトウェアを公開した。MacでGoProがWebカメラになるアプリ公開 HERO8 Blackで
アクションカムのWebカム化、一番乗りか。関連リンクサンコー 直営オンラインショップ

どうして日本ばかりが優れた一眼レフカメラ製品を作り出しているのか=中国メディア

2020/09/16 14:12
どうして日本ばかりが優れた一眼レフカメラ製品を作り出しているのか=中国メディア  ニフティニュース

【ビデオ会議は苦手!?】カメラをONにするのはハラスメント?注意すべきこととは。

2020/09/16 13:43
新型コロナウイルスの影響で、在宅での勤務機会が増えたため、ビデオ会議を使ったコミュニケーションが増えています。社内会議はもちろん、取引先との打ち合わせなどでも利用することができるため、利用者数は急増しているようです。
そこで、「ビデオ会議はどれぐらいの頻度で実施していますか?」という質問をしたところ、最低でも『月に1回(49.4%)』と回答した人が約半数いらっしゃいました。
緊急事態宣言時に比べるとオフィスへ出勤される機会も徐々に回復していますが、ビデオ会議の機会も増えつつあるようですね。
ビデオ会議の気になる点。「カメラは写す?映さない?」
従来の会議とビデオ会議で大きく異なるのが、画面越しに相手の表情はもちろん自分の表情も映ることです。
「ビデオ会議(テレカン)はカメラをONに設定していますか?」と質問したところ、半数以上の方が『はい(57.1%)』と回答しました。
一方でカメラをONに設定している方により詳しく伺ったところ、「会社や上司や部署の方針でカメラをONにしていますか?」に対して『はい(57.1%)』と回答し、また「カメラをONにすることに対して抵抗がありますか?」に対しても『はい(60.2%)』と回答していることがわかりました。
つまり、環境上カメラをONに設定することを強いられているものの、自分の表情が……

ニコン、F1.2でフルサイズミラーレス対応の単焦点レンズ「NIKKOR Z 50mm f/1.2 S」

2020/09/16 13:30
ニコンおよびニコンイメージングジャパンは、「ニコン Z マウント」を採用したフルサイズ(ニコンFXフォーマット)ミラーレスカメラ対応の大口径標準単焦点レンズ「NIKKOR Z 50mm f/1.2 S」を発表。12月に発売する。
NIKKOR Zレンズの「S-Line」に属し、開放F値1.2で美しくなめらかなボケを実現する大口径標準単焦点AFレンズ。絞り機構を中心に、前後対称型にレンズ群を配置する理想的なレンズ構成を大口径「Z マウント」により実現。光を無理に屈折する必要がなく、きわめて高い光学性能を発揮するという。
また、明るい開放F値1.2ならではの解像感と、浅い被写界深度を生かした美しいボケを高い次元で両立。ポートレートをはじめ、立体感のある表現を静止画・動画を問わず楽しめる。
さらに、「マルチフォーカス方式」を採用することで、高速・高精度なAF性能を実現。開放F値1.2の浅い被写界深度でも正確にピントを合わせられる。
操作性では、開放F値1.2のレンズ交換式フルサイズ(ニコンFXフォーマット)デジタルカメラ対応交換レンズにおいて、初めてとなる「STM(ステッピングモーター)」を搭載。動画撮影時の静音性や滑らかなフォーカシングを可能にしている。
主な仕様は、焦点距離が50mm、最大口径比が1:1.2、レンズ構成が15群17枚(……

カメラ技術市場2020競争力のある洞察-ニコン、ソニー、パナソニック

2020/09/16 12:42
カメラ技術市場レポートは、業界アナリストによる直接的な情報、定性的および定量的評価、バリューチェーン全体の業界専門家および業界参加者からのインプットをまとめたものです。レポートは、セグメントごとの市場の魅力とともに、親市場のトレンド、マクロ経済指標、支配要因の詳細な分析を提供します。レポートは、市場セグメントと地域に対するさまざまな市場要因の質的影響もマッピングします。
このレポートのサンプルコピーを取得:
https://www.marketinsightsreports.com/reports/05212029301/COVID-19-Impact-on-Camera-Technology-Market-Global-Research-Reports-2020-2021/inquiry?Mode=11
グローバルカメラテクノロジー市場のトップリーディングカンパニーは、ニコン、ソニー、パナソニック、FLIR Systemsなどです。
製品に基づいて、カメラ技術市場は主に分割されます
センサー
マイクロコントローラーとマイクロプロセッサー
IC
エンドユーザー/アプリケーションに基づいて、このレポートはカバーします
健康管理
工業用
家電
自動車
その他の
カメラテクノロジー市場……

サンコー、手持ちの一眼カメラやビデオカメラを“WEBカメラ化”する変換アダプター

2020/09/16 12:15
サンコーは、「HDMI to USB WEBカメラアダプタ」 の発売を開始した。
HDMI出力機器の入力に対応した、HDMI to USBコンバーター。手持ちのビデオカメラや一眼カメラのHDMI出力に接続し、USB経由でノートPCなどにつないで、“WEBカメラ化”できるのが特徴だ(HDCP信号には非対応)。
なお、ドライバーソフトのインストールや設定などは必要なく、パソコンのUSBポートに差し込むだけで利用ができるという。
対応OSは、Windows 10とMac OS。本体サイズは35(幅)×65(高さ)×10(奥行)mm、重量が約30g。デモソフトCD(サポート対象外)などが付属する。
価格は2,980円。
サンコー