iOS 14 アップデート後 インスタなどアプリの…|“気軽なフルサイズ一眼カメラ”需要に応える驚きのサイ…|iOS 14.0.1公開 カメラのプレビュー問題を改善|他

【iOS 14】アップデート後、インスタなどアプリのカメラロールが空っぽに!?原因と対処法をまとめました♡

2020/09/25 21:01
ホーム画面のアレンジが話題となっているiOS 14ですが、その他にも様々なシステムが変更されています♩
ところが、その影響でアップデート後アプリのカメラロール画像が表示されなくなり、画像のシェアができなくなった…という人も多い様子!
インスタやLINEなどのカメラ機能がついたアプリで、画像が表示されない場合の対処法などをご紹介します。
プライバシーの設定が原因!?
iOS 14ではユーザーのプライバシーをより尊重するため、カメラロールへのアクセス制限が3段階で設定できるよう変更されています。
そのためアップデート後インスタなどのアプリを開くと、アクセス権を問うポップアップが表示されます。ここで多くのユーザーが何気なく、1番上にある「写真を選択」を押してしまいがちなんです!
すると、画像のようにストーリーやフィードのカメラロールが、空っぽの状態に…。
通常通りすべての写真から画像を選びたい人は、ポップアップ表示の「すべての写真へのアクセスを許可」を選択しましょう♩
これでカメラロールにある画像すべてが、アプリ上でも確認できるようになりますよ。
設定を間違えてしまったら…設定を間違えてアプリを起動してしまっても、設定を変更し直せば元通りになるので安心してくださいね。
まずは設定アプリを開き、写真が表示されな……

“気軽なフルサイズ一眼カメラ”需要に応える驚きのサイズ感! ソニーの新型ミラーレスカメラ「α7C」

2020/09/25 20:30
ソニーは2020年9月15日、フルサイズCMOSイメージセンサーを搭載した光学式ボディ内手ブレ補正機構内蔵のデジタル一眼カメラとして世界最小・最軽量を実現した新型フルサイズミラーレスカメラ「α7C」を発表。発売は10月23日の予定で、参考価格(税込)はボディ22万9000円、同時発表の新標準ズームレンズ「FE 28-60mm F4-5.6」とのレンズキットが26万2900円となっています。
↑カラーはシルバーとブラックの2種類。ちなみに、同シリーズにおいてカラバリの登場は初となる
人気α7シリーズにまさかの新ライン登場ソニーのフルサイズミラーレスカメラ「α7」シリーズには、高解像の「α7R」、高感度に強い「α7S」、スタンダードモデルの「α7」という3つのラインが存在しています。現在、α7Rは第4世代の「α7R IV」(2019年9月発売)、α7Sは「α7S III」(2020年10月発売予定)、無印α7は「α7 III」(2018年3月発売)となっており、順番的に次に登場するのはスタンダードモデルの第4世代「α7 IV」かと思われていました。
そうした大方の予想を裏切り、小型・軽量を追求した新ラインとして登場したのが今回の「α7C」です。同社のAPS-Cセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ「α6600」とほぼ同等のサイズ感と質量を実現(α7Cのサ……

iOS 14.0.1公開。カメラのプレビュー問題を改善

2020/09/25 20:00
パイオニア、カーAV新製品のティザー。「あなたのクルマを、オンライン化する」
9月25日 16:40

ヴァイテックイメージング、JOBYのアクションカメラや 360 °カメラ用三脚付きセルフィースティック テレポッドス…

2020/09/25 19:10
ヴァイテックイメージング株式会社は、JOBYのアクションカメラや360°カメラ用、三脚付きセルフィースティックの『テレポッドスポーツ』を10月6日より発売する。価格は6,800円(税別)。
『テレポッドスポーツ』は、アクションカメラや360°カメラ用の、三脚付きセルフィースティック。長尺でありながら剛性に優れ、大人数のグループショットやアウトドアのアクションシーンに適している。ハンドグリップ、セルフィースティック、ミニ三脚、伸縮ポールスタンド、の4通りの使い方ができる。
撮影シーンに応じて使い方は4通り伸縮ポールとベース三脚は、それぞれ単独でも組み合わせでも使用可能なモジュラーシステムになっている。
▲ベース三脚は単独ではミニ三脚としても、脚を閉じればカメラのハンドグリップとして使用可能。
▲単独でセルフィースティックとなる伸縮ポールは、ベース三脚を装着すれば360°カメラ撮影に便利な伸縮ポールスタンドとなる。
フレキシブルなモジュラーシステム500gまでの機材を装着できる1/4インチねじマウントを装備しているため、他の製品と組み合わせて使うことも可能。
▲アクションカメラの代わりにスマートフォン用マウントを使用したり、ベース三脚をゴリラポッドにすれば、巻き付けて固定できる。
仕様伸縮ポール
伸長:1200mm……

キヤノン、RFマウント採用のシネマカメラ「EOS C70」を発表、60万円を想定

2020/09/25 18:52
関連記事EOSをWebカメラにするソフト、正式版を公開へ 最新機種にも対応 9月下旬に無料で
キヤノンのカメラをWebカメラにするソフトが9月下旬に正式リリース。最新機種「EOS R5」「EOS R6」への対応や、カメラ側からの録画機能を実現した。価格は無料。瞬時にズームできる望遠鏡カメラ、キヤノンが「Makuake」で限定販売
キヤノンマーケティングジャパンがポケットに入る望遠鏡型カメラ「PowerShot ZOOM」の限定販売を開始した。高倍率ズームレンズでスポーツ観戦などをしながら撮影できる。4Kカメラ100台で3D撮影・リアルタイム編集できるスタジオ キヤノンが川崎にオープン
キヤノンは、自由視点映像、3Dデータコンテンツの撮影から編集まで行える「ボリュメトリックビデオスタジオ‐川崎」をオープンした。100台を超える専用4Kカメラを設置。撮影とほぼ同時に高精細な映像や3Dデータを生成でき、ライブストリーミング配信にも対応する。キヤノン、「EOS R5」などの供給が遅れる可能性 予想を上回る注文で
キヤノンは、「EOS R5」など7月9日に発表した新製品について、供給に時間がかかる可能性があると公表した。注文数が予想を上回ったため。関連リンクキヤノンのプレスリリース