2000万画素カメラ搭載のブックスキャナー KCA1…|日本の高校生が気球で成層圏まで飛ばしたカメラが8年越…|夢のトリプルディスプレイを実現!テレワークやビデオ会…|他

2000万画素カメラ搭載のブックスキャナー「KCA1900」先行販売中

2020/11/24 17:15
また、スキャン画像の微妙な「傾き」も気になるものですが、自動トリミング機能があるため、スキャン対象の形を自動で検出し、傾きを修正します。他にも、見開きページを押さえるために写り込んでしまった指の影も、自動で検出して削除する機能を備えています。

日本の高校生が気球で成層圏まで飛ばしたカメラが8年越しの帰還、撮影された映像がノーカットで公開中

2020/11/24 17:00
日本の高校生が気球で成層圏まで飛ばしたカメラが8年越しの帰還、撮影された映像がノーカットで公開中  GIGAZINE

夢のトリプルディスプレイを実現!テレワークやビデオ会議にも最適。最大4K/60Hz表示対応のMacBook Pro/…

2020/11/24 15:16
夢のトリプルディスプレイを実現!テレワークやビデオ会議にも最適。最大4K/60Hz表示対応のMacBook Pro/Air対応 7in1ドック TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK TB4  時事通信

シグマ、ミラーレス専用設計の新レンズを12月1日にオンラインで発表

2020/11/24 14:52
シグマは11月24日、オンライン形式での新製品発表会「SIGMA STAGE Online」の開催を告知した。内容はミラーレスカメラ専用設計の交換レンズDNシリーズに関するものとしており、12月1日(火)21時の開始を予定している。詳細は不明。
同社の公式YouTubeチャンネル(SIGMA Station)のほか、TwitterおよびFacebookアカウント上でのライブ配信を予定。同社代表取締役社長の山木和人氏がプレゼンをつとめるとしている。
また、同日同時刻に英語版(事前収録したもの)の配信も予定されている。
同社がオンライン形式で新製品発表会を開催するのは、これで4回目。1回目は「SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS|Contemporary」および1.4倍および2倍テレコンバーター、APS-C用のLマウント交換レンズ3本(16mm F1.4、30mm F1.4、56mm F1.4)を発表。2回目は「85mm F1.4 DG DN|Art」、3回目は「105mm F2.8 DG DN MACRO|Art」だった。いずれも、LマウントまたはEマウント用のミラーレスカメラ専用設計レンズに関するものとなっている。

クローズサーキットテレビカメラ COVID-19のビジネスへの影響、および段階的な成長、見通し、予測に関連するマーケ…

2020/11/24 14:34
市場の詳細な分析 クローズサーキットテレビカメラ (2020-2027)
クローズサーキットテレビカメラ Statistify Market Researchによる市場分析の要約は、さまざまな地域でこの垂直トレンドにつながる現在のトレンドの徹底的な調査です。予測期間は、主要な要因とパラメーターが市場の大幅な繁栄に役立つ期間です。この市場レポートは、同様の制限、革新、SWOT分析、CAPEXサイクル、および市場の構造に焦点を当てており、市場の推定値はCAGRパーセンテージで表されています。レポートはさらに、世界の産業の成長を遅らせることができる要因を概説しましたクローズサーキットテレビカメラ
クローズサーキットテレビカメラ市場は細分化されています。産業用ベルトドライブのメーカーは、顧客向けの強力でクリーンで効率的なベルトドライブの開発に継続的に取り組んでいます。 クローズサーキットテレビカメラは主要な市場参加者の一部です。機会を最大限に活用するために、市場ベンダーは、成長の遅いセグメントでの地位を維持しながら、成長の速いセグメントの成長見通しにさらに焦点を合わせる必要があります。
レポートのサンプルPDFコピーを入手する @ https://statistifymarketresearch.com/reports/covid-19-impact-……

自動車用カメラクリーニングシステム市場(Covid-19更新)ドライバー、ダイナミクス、および2028年までの業界の…

2020/11/24 14:13
グローバル自動車用カメラクリーニングシステム市場調査では、市場の新しい進歩と展望について説明しています。この調査では、業界の主要な課題、採用動向、将来の成長の可能性、競争の見通し、主要な推進要因、制約、市場のエコシステム、機会、およびバリューチェーン分析を分析します。市場調査の目的は、業界全体の新たなアプリケーション分野を特定することにより、今後の新たな機会と開発動向を知ることです。
COVID-19の影響
進行中のCOVID-19パンデミックに関する最新の経済シナリオと市場規模を反映するために、レポートが改訂されました。 COVID後の設定では、この調査では、開発予測と現在および将来の収益予測を確認します。この調査はまた、パンデミックの結果としての業界の進化するパターンとダイナミクスをカバーし、市場全体に対するエピデミックの影響の正確な概要を提供します。
市場競争力のある成長:
この調査は、市場の主要プレーヤーの戦略的プロファイリングを提供し、コアコンピテンシー、市場シェアを体系的に分析し、市場の競争環境を描きます。 Continental AG、Denso Corporation、dlhBOWLES、FicosaInternacional SA、KAUTEX TEXTRON GMBH&CO。KG、MAGNA ELECTRONICS I……

産総研:世界最高レベルの広角の低反射性と防曇性を兼ね備えた光学部材を開発

2020/11/24 14:04
◆モスアイ構造体光の波長以下の周期を持つナノ構造により光の反射率を低減できる構造体。広い入射角範囲、広い波長帯域で反射率を低減できるため、太陽電池やディスプレー、レンズなどの光学部品への応用が期待されている。[参照元へ戻る] ◆防曇曇りを防ぐ機能。材料表面の親水・撥水処理などにより防曇機能を付与できる。親水処理によって防曇機能を付与するには、超親水表面(10度以下の水接触角)とすることが有効で、超親水表面では、水滴が生成される前に水膜化するため防曇機能を発揮できる。[参照元へ戻る] ◆ナノ構造体光の波長以下の周期を持つ構造体。ここでは、おおよそ200nmの間隔を持つ構造体。[参照元へ戻る] ◆射出成形軟化させたプラスチックを、圧力(射出圧という。10〜3000kgf/cm2)をかけて金型に充填して、プラスチックの成形を行う方法。[参照元へ戻る] ◆無機親水膜親水性をもつ無機材料を成膜したもの。[参照元へ戻る] ◆超親水水の接触角を測定した時、10度以下の水接触角の状態を持つものを超親水状態という。[参照元へ戻る] ◆曲率半径曲線上のある点におけるその曲線の曲がり具合を示す指標であり、その曲率の逆数が曲率半径である。曲線上のある点付近の曲線は、その点での曲率半径を半径とする円で近似でき、曲率半径が大きいと曲がり具合が緩く、曲率半径が小さい……

AKASO、前後デュアルディスプレイを搭載したアクションカメラ「Brave 7」

2020/11/24 13:45
AKASOは、アクションカメラ「AKASO Brave 7」を11月23日より、同社WEBサイトで発売したと発表した。
前後デュアルディスプレイを搭載したアクションカメラ。背面の2型タッチスクリーンを使って、カメラビューを切り替えながら、フレーミングやアングルをモニター可能。カメラアングルは170度、140度、110度、70度から設定できる。
また、「水中機能」も搭載。独自のIPX8技術により、水深10mにおいて最大30分間の防水性能を実現したという。水中の青さを補正できる「レッドブーストダイブモード」を採用した。
さらに、6軸ジャイロ採用の「電子式手ブレ補正機能」を搭載し、傾きや動きを補正可能。このほか、星空撮影に使用できる「ワンクリック遅延設定」などの機能も搭載した。

[OnGoing Re:View]Vol.116 ソニーCinema Lineのニュースター「FX6」登場!ついにシ…

2020/11/24 12:37
ソニー公式YouTubeチャンネル「Get ready for Cinema Line」9月上旬、ソニー公式YouTubeチャンネルで「Get ready for Cinema Line」という動画を目にされた方は多いのではないだろうか。当の筆者もこの動画を見てFX6の存在を知ったのだが、本機のαのロゴを見て??と思った。中身はもしかするとα7S IIIのムービーカメラ版なのか?という疑問が沸いた。
今回送られてきたパッケージには取説は付いておらず、詳しい仕様は何も分からないままテストしている状況だ。しかし、本機の外観の小さなサイズとは正反対にポテンシャルの高さを感じることが出来る。今回返却までの時間が短くサッと触った程度であるがインプレッションとして書いていきたい。
外観での大きなポイントは上記の通り“軽量コンパクト”。このサイズならドローンへ搭載や、ジンバルに載せて、はたまたVENICEやFX9での収録時のサブカメラとしてなど、幅広い制作領域で活躍できそうである。
側面部を見てみるとほぼFX9と共通のボタン配置や、可変NDなどのつまみ類が採用されている。FX9のメニュー操作はそれまでのソニー製小型業務機で採用されていた“クルクルピッ”のダイヤルが廃止され操作性が向上したのだが、本機では同じ機構はサイズ縮小化によるためなのか搭載されず。……

AI活用のカメラ画像から路面状態をリアルタイムに判別する実証実験

2020/11/24 12:14
降雪や気温低下に伴う積雪路面や凍結路面の発生は、車両の事故やスタックを引き起こす誘因であり、道路管理において大きな課題だ。福井県では平成30年2月豪雪において、立ち往生車の発生により、国道8号に約1500台の車両が長時間にわたり滞留し、県民生活に支障をもたらしたという。このような背景の下、日本気象協会とスペクティは2019年からカメラ映像に着目し、最新のAI技術を駆使した冬季の各種防災情報の取得とリアルタイム提供サービスの開発を共同で進めている。
そこで今回、両者が共同開発したAIによる「路面状態判別技術」を福井県内にある路面状況確認カメラに応用し、精度検証を目的とした実証実験を開始する。今までは計測機器が設置されている部分の情報しか得られなかったが、広範囲に設置されたカメラ画像を用いてAIで判定することで、路面状態の面的な分布が得られるため、より網羅的な実況把握が可能になるとしている。
同実証実験により、リアルタイムに路面の凍結や積雪状態を判別することで、通行の安全や除雪作業・凍結防止剤散布作業の実施判断、作業効率の向上を目指す方針だ。