100万円達成 車の必需品 3カメラドライブレコー…|うますぎる 終電繰り上げ 鉄道写真 投稿職員の正体は|子どもの感性を育んでくれる高性能キッズカメラおすすめ…|他

【100万円達成】車の必需品『3カメラドライブレコーダー』を先行販売。前方・後方・車内を全部同時確認&同時録画できる…

2021/01/20 23:00
『3カメラドライブレコーダー』の応援購入金額が100万円を突破いたしました!
応援購入していただいた皆様、誠にありがとうございます。
クラウドファンディングでの先行販売は2021年02月25日18:00まで実施しております。車を取り巻く環境が変化している中、ドライブレコーダーはほぼ必需品となりつつあります。
■「3カメラドライブレコーダー」の大きな特徴■
前方、車内、後方と3箇所の圧倒的広範囲をカバーし、死角を減らして記録可能!
ミラーが大きく約12インチの大画面IPS液晶で視野角が広くて斜めからでもくっきり!
タッチだけで楽々表示カメラ切り替え可能、3画面同時表示も!
センターカメラは稼働式で手動で360°無段階調整ができます。本製品の特徴でもある、フロントカメラやリアカメラではカバーできない死角を記録することができます。
後部座席の車内の低い位置までよく見える、車内状況がよくわかります。
その他にも下記の特徴を備えております。
ディスプレイ駆動方式には、IPS方式を採用。横からの角度でも見えやすい! ミラー型ドライブレコーダーの弱点でもある映像切替の面倒くささを無くしました! スマートフォンのように指で直感的に操作可能! センターカメラは稼働式で手動で360°無段階調整ができます。 夜の運転で暗い……

うますぎる「終電繰り上げ」鉄道写真 投稿職員の正体は

2021/01/20 21:16
 国土交通省が20日から首都圏で始まる終電繰り上げを呼びかけるために、ツイッターへ投稿した鉄道写真が「うますぎる」と話題になっている。
 最初の1枚はJR常磐線の北松戸駅を夜に通過する快速列車の写真で、13日夕方に投稿された。昨秋に撮影したという。
 背景はぼやけているのに、高速で動く列車はくっきり映っている。明るさを確保するためにシャッターを開く時間を長くとりつつ、列車がぶれないようにズームレンズを動かす「ズーム流し」と呼ばれる手法で撮られたものだ。背景が動く分、躍動感が出る。
 投稿されるとすぐに「写真上手くて笑う」「設定を教えて欲しい」「動画全盛の現代に、写真の存在感を示した」などと、ツイッター上で拡散された。
 終電繰り上げ前日の19日夕にも、JR山手線の列車が新宿駅近くの高架橋を通る写真が投稿された。列車はくっきり映っているが、背景の新宿・歌舞伎町のネオンはぼやけている。こちらは、カメラ自体を横に振る「流し撮り」だ。
 撮影したのはいずれも、国交省鉄道局危機管理室の男性職員(41)。中学1年生の時に親の一眼レフカメラを借りて以来、約30年間にわたって鉄道写真を撮り続けてきた「撮り鉄」だ。カメラ雑誌などを参考に、独学で撮り方を覚えた。普段はおもに新型コロナウイルス関連の対策を担当していて、今回はその流れで初めて写真を載せるこ……

子どもの感性を育んでくれる高性能キッズカメラおすすめ6選

2021/01/20 19:50
写真を撮る大人の姿に、幼い子供は興味津々。成長するにつれ、「自分もカメラを操作してみたい」「自分が見た景色を撮影して、家族に見せたい」といった気持ちが芽生えてきます。そんな子供にぴったりなのがカメラのおもちゃ。成長に合わせて選べば、好奇心や集中力が育まれるでしょう。
【参考】クリスマスプレゼントにいかが?楽天ユーザーが選んだ子供が本当に夢中になれるおもちゃ6選
子供用カメラのおもちゃにはどんなものがある?カメラのおもちゃには、カメラごっこを楽しむ赤ちゃん用から、大人用カメラに近い機能を備えたものまで、様々なタイプがあります。年齢や子供の興味に応じて選ぶといいでしょう。
【参考】台湾で子供用のデジカメが大ヒットしている理由
2歳以下の子供には“ごっこ遊び”で楽しめるカメラのおもちゃを大人の真似をしたがる1~2歳の子供には、撮影ごっこができるカメラのおもちゃがおすすめ。シャッターを押すと音やメロディが流れるなど、楽しい仕掛けを備えたものもあります。子供が舐める可能性もあるので、素材の安全性もしっかりチェックしましょう。
3歳から5歳の子供にカメラのおもちゃを持たせるなら、軽くて操作が簡単なキッズカメラを実際に写真撮影ができるキッズカメラには、3歳ぐらいから扱える製品もあります。3~5歳頃はまだ握力や指先の力が弱いので、軽くて持ちやすく、……

レザータイプから伸縮自在なものまで厳選!街中でもアウトドアでも撮影しやすいカメラストラップおすすめ8選

2021/01/20 19:34
カメラストラップはカメラ購入時に付属していることも多いですが、機能性が高いストラップに交換することで、より快適に撮影できるようになります。この記事では、様々なタイプのカメラストラップをご紹介。選び方についても解説していますので、シーンや好みに合ったストラップを見つけるための参考にしてください。
【参考】撮影がラクになる!あると便利なカメラアクセサリー6選
購入前に要確認! カメラストラップの種類と、付け方・選び方一般的なカメラストラップは、大きく分けると3つのタイプがあります。首から下げるネックストラップ、肩に斜めがけするショルダーストラップ、手首に付けるハンドストラップです。
また、素早く長さを調節できる「速写ストラップ」と呼ばれるタイプや、手に巻き付けてカメラを持ちやすくする「グリップストラップ」などもあります。
カメラストラップの取り付け部は主に、輪っか(細紐やリング/写真上)タイプとテープ(平紐)タイプの2種類があります。カメラ本体の取り付け部の形状によっては合わないタイプがあり、取り付けできないこともありますのでご注意ください。また、ストラップの接続部の幅とカメラ本体の取り付け部のサイズが合うかも確認しましょう。
輪っかタイプの付け方は、スマートフォン用などのストラップと同じように、取り付け部に細い紐を通せばOKです。スト……