ソニー 26日24時に新 α 発表? ティザー公開|老舗のカメラ販売・買取専門店 カメラのナニワ がeB…|性的写真を撮れないスマホつくって! NPO団体が…|他

ソニー、26日24時に新「α」発表? ティザー公開

2021/01/22 11:36
ソニーは22日、デジタルカメラ「α」のティザーページを公開した。ページには「The one never seen」の文字と、「January 26th, 2021 24:00 JST」という日付が表示されており、26日24時にαの新製品が発表されると思われる。
αは現在、Speed(高速性能)、Resolution(高解像)、Sensitivity(高感度)、Basic、Compactのコンセプト別に「α9 II」「α7R IV」「α7C」などのフルサイズミラーレスシリーズほか、APS-Cシリーズやプロ向け4Kカムコーダー「FX6」を展開している。

老舗のカメラ販売・買取専門店「カメラのナニワ」がeBayで海外販売を開始!

2021/01/22 10:35
世界最大規模のオンライン・マーケットプレイス「eBay(イーベイ)」への出店を通じ、日本セラーの「越境EC」を支援するイーベイ・ジャパン株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡田 雅之、以下イーベイ・ジャパン)は、カメラ、レンズの販売・買取を行う専門ショップ「カメラのナニワ」(株式会社ナニワ商会)が、eBayで新たに出店を開始したことを発表いたしました。
「カメラのナニワ」は、創業73年の老舗カメラ専門店のナニワグループでカメラのナニワ・レモン社・タカチホカメラの屋号で関東から九州まで広く店舗を展開しています。
これまで国内での店舗販売を主力としていましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響によるインバウンド需要の急減と、それに伴う世界中でのオンラインショッピングの需要増を受け、新たな販路としてeBayの越境ECを利用した海外のバイヤー(買い手)への販売を開始します。当面は海外での販売が可能な商品を選定しての販売を行い、その後は国内店舗との在庫連携や、将来的には自社倉庫も活用して海外向けの販売数を増やしていく予定です。
日本のカメラやレンズは海外で人気が高く、eBayでも取引が活発なカテゴリーです。直近である2020年第3四半期のデータでは、昨年同期比で流通額が35%アップと、日本から出品される全てのカテゴリーで一番の伸びを示しました……

「性的写真を撮れないスマホつくって!」 NPO団体がアップルとグーグルに「要望」準備(弁護士ドットコム)

2021/01/22 10:33
「性的写真を撮れないスマホつくって!」 NPO団体がアップルとグーグルに「要望」準備(弁護士ドットコム) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

iPhoneの写真がMacで使える「連係カメラ」を使ってみよう!

2021/01/22 10:00
 Macで作成した書類に挿入したい写真をデジタルカメラで撮るのって面倒ですよね。そんな時、Appleの「連係カメラ」機能が便利です。
 これは、iPhoneやMacを使って書類をスキャンしたり、カメラアプリで撮影したりすると、ワイヤレスでMacに転送され、書類に反映されるというもの。テキストエディットやFinderのほか、メールやメッセージでも使えます。使用条件は次の通り。

オンライン会議のカメラ問題 ~部屋を隠して美しく映るには?

2021/01/22 07:00
 さてさて、在宅勤務が進み多くの方がオンラインでの会議をしなくてはならない状況だったりします。その際によく話題に上がるのがカメラの問題。
 大概、組織の上の人は他の人に“オンライン会議ではカメラをONにしてください”と言います。しかし、嫌がる人も多いですよね。
 通常の会議は顔を出しているのに、オンラインだとだめなのはなぜ?とおもう方もいるかも。いくつか理由はあると思います――
2020年4月13日掲載の記事で続きを読む

Reolinkのネットワーク IP カメラに映像アクセスにつながる脆弱性、アップデートを

2021/01/22 06:11
JPCERTコーディネーションセンター(Japan Computer Emergency Response Team Coordination Center:JPCERT/CC)は1月20日、「JVNVU#96898747: Reolink 製 P2P Cameras シリーズにおける複数の脆弱性」において、Reolinkのネットワーク IP カメラ「P2P Cameras」シリーズに複数の脆弱性が存在すると伝えた。
これら脆弱性を悪用されると、攻撃者によって該当製品へ侵入される危険性があるほか、遠隔から攻撃者によってカメラ映像のような機密情報にアクセスされる危険性がある。脆弱性に関する情報は次のページにまとまっている。
Reolink P2P Cameras | CISA

Z 50をZ 50につけてみた(その2)

2021/01/22 06:00
Z 50をZ 50につけても間違いなく動作するのは、どちらも現行機なので当然ですが、その当然をしっかり保証する人たちのおかげです。驚いたのはAFの速さ。Z 50(レンズ)の性能はもちろん、十分に追随するZ 50(ボディ)のポテンシャルが高すぎるのでしょう。その実力を引き出すDX単焦点レンズを使ってみたいものです。……、F2程度には明るい24mmで沈胴でもいいから収納時はNIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VRと同等サイズで、最短撮影距離は15cmくらいなら他は凹凸凹であれば何も言いませんから……。
※本コンテンツはフィクションであり、実在の製品・団体・人物・地名とは関係ありません。

ニコン、「デジカメ3番手」脱却戦略に勝算あるか

2021/01/22 05:30
「台数を追うことをやめた」――新型コロナ禍でデジタルカメラ市場は大きく落ち込みました。
4月(のニコンの販売)は、レンズ交換式カメラの販売台数が前年同月比8割も減少しており、第1四半期(2020年4~6月)は本当に大変だった。ただ、中国を皮切りに世界市場は想定を超えるスピードで復調している。(市場全体の回復は)第2四半期(同7~9月)は想定を上回り、その基調は第3四半期(10~12月)以降も続くと考えている。
――フルサイズミラーレスカメラの強化策が遅れるなど、ニコン自身の戦略の失敗があったのではないですか。
(一眼レフとミラーレスの)食い合いを恐れたというより、市場を冷静に、客観的に見ることができなかった。
ミラーレス参入の際に一番懸念していたのは、(液晶モニターに映し出した像をファインダー越しに見ることのできる)電子ビューファインダー(EVF)の性能をどこまで上げることができ、さらに撮影枚数が少なくても許されるかだ。一眼レフで使われる光学式ファインダー(OVF)であれば、レンズからミラーを通してそのまま(撮影)対象物をみることができるが、ミラーレスのEVFは一度、電子データに変換して液晶・ファインダーに表示するため、ラグが生じる懸念がある。
一眼レフなら1000枚以上撮影できるが、消費電力が大きいミラーレスは500枚程度しか撮影……

Apple、iOS14.4 RCをリリース〜iPhone12で純正カメラでないと警告

2021/01/22 05:12
Appleは現地時間1月21日、開発者および一般登録ユーザー向けに、ベータ版の最終版となるiOS14.4リリースキャンディデート(RC)をリリースしました。来週にも正式版がリリースされると見込まれます。
報じられたように、iPhone12シリーズのカメラ修理時に純正以外の部品を使用すると、警告が表示されるようになります。
iOS14.4 RCのリリースノート以下、iOS14.4 RCのリリースノートを掲載します。なお英語からの日本語訳となります。
iOS14.4では、iPhoneでの以下の点の改善を含みます。
より小さなQRコードの「カメラ」での読み取りヘッドホンのオーディオ通知を正しく識別するために、「設定」でBluetoothデバイスの種類を分類するオプションiPhone12、iPhone12 mini、iPhone12 Pro、iPhone12 Pro Maxにおいて、iPhoneのカメラが純正のものと認定できない場合の通知
またこのリリースには以下の修正も含まれます。
iPhone12 ProでHDRフォトを撮影した時に歪みが生ずる問題「アクティビティ」データをアップデートすると「フィットネス」ウィジェットが表示されない問題キーボード入力時に入力が遅れる、あるいはサジェストワードが表示されない問題「メッセージ」でキーボ……

内藤 松雄さん

2021/01/22 00:00
「人との出会い」人生の軸に
 ○…「菊花会や大戸神社、古文書など下小田中は文化財の隠れた宝庫」。後世に伝えるため川崎市地域文化財への申請を進め、今年度も2件認定された。今は亡き父親が著した郷土史を片手に、関連書籍や近隣住民への聞き取りで歴史の裏取りに奔走する。「下小田中は古くからの文化が息づく奥深いまち。それを残していきたくて」
 ○…大学卒業後から24年間、川崎信用金庫で営業担当として勤務。元来の「人好き」を発揮し、顧客一人ひとりと対話を重ねた。稲田堤支店にいた30代半ばで担当した作家の浅田次郎氏との5年間は人生の宝。「毎週必ず2時間、先生と話し込んだ。一つの話題から何千倍にも想像力を働かせる姿に感銘を受けたよ」と懐かしむ。家業の農業を継ぐため、47歳で退職。地域にいる時間が長くなり、町会活動や文化協会にも携わるなかで、生まれ育った下小田中の魅力に気付いていった。
 ○…モットーは「一日一楽」。毎朝布団で、今日一日の楽しみを頭に巡らせてから起床する。年に4回の夫婦での海外旅行が息抜き。趣味の一眼レフを携えて、出会った人や建造物をフィルムに残す。「国によって違う造形やあいさつや景色。そういったものに触れていたい」
 ○…「人との出会いが財産」。特に師と仰ぐ法政大学時代の教授からは、人との繋がりの大切さを学んだ。今も心に留めるのは「どんな人……