戦略バトルRPG 日向坂46とふしぎな図書室 AR…|コムテック 360度カメラ用いた2カメラ型ドライブレ…|コンサルで叩き込まれる 思考の枠組み 2選 PLCや…|他

戦略バトルRPG『日向坂46とふしぎな図書室』 ARカメラを使用したプレゼントキャンペーンを実施!

2021/02/19 17:00
株式会社ソニー・ミュージックソリューションズ(本社:東京都港区、 代表取締役:古川愛一郎、渋谷学)は、本日2021年2月19日(金)より、日向坂46新作スマートフォンゲームアプリ 『日向坂46とふしぎな図書室』 にてARカメラを使用したTwitterキャンペーンを実施いたします。公式Twitterアカウント(@hinatosho_info)をフォローの上、指定されたハッシュタグとともにARカメラで撮影した写真をツイートしていただいた方の中から抽選で10,000名様に、『日向坂46とふしぎな図書室』オリジナルクリアファイルをプレゼントいたします。
【ひな図書ARカメラ】
■ARカメラ概要
ゲーム内に登場するSDキャラと一緒に写真撮影をお楽しみいただけます。
ARカメラで撮影したのちにシェアボタンを押していただくことでシークレットスタンプを取得することができます。
シークレットスタンプは全18種。ぜひお楽しみください。
※撮影イメージ
ひな図書ARカメラ:https://ar.hinatosho.com/
※PCではご利用いただけません。
※対象ブラウザはSafari(iOS)又はGoogle Chrome(Android)となります。
※ARカメラ(学生証メーカー含む)は2021年4月30日(金)までお楽……

コムテック、360度カメラ用いた2カメラ型ドライブレコーダー「ZDR037」発売(日刊自動車新聞)

2021/02/19 15:16
コムテック、360度カメラ用いた2カメラ型ドライブレコーダー「ZDR037」発売(日刊自動車新聞) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

コンサルで叩き込まれる「思考の枠組み」2選 PLCやポジション・マトリクスを説明できますか

2021/02/19 15:01
 そこで、あなたはA社に対し、従来のデジタルカメラとは一線を画した「最軽量の一眼レフカメラ」という新製品の開発を提案しました。技術陣のなお一層の頑張りが求められるものの、開発に成功すれば、新しい市場を開拓できるのは間違いありません。
 このように、ポジション・マトリクスを使用する際は、タテ軸・ヨコ軸の指標に何をとるかが重要です。ここでは「重量」と「インスタ映え度」をとりましたが、それはこのフレームワークを何に使いたいのか、という「目的」によっても変わります。ほかにも機能、品質、価格、スタイル(デザイン)など、さまざまな指標が考えられ、まだない市場を探し出したり、差異化戦略をとるうえで、非常に有効なツールです。

i-PRO AIネットワークカメラ向けにVieureka対応技術を開発

2021/02/19 13:40
Vieureka対応i-PRO AIネットワークカメラ(左 WV-X2232LJ、右 WV-X1534LNJ)
パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、パナソニックi-PROセンシングソリューションズ株式会社と共同で、i-PRO EXTREMEシリーズAIネットワークカメラ(※1)(以下、i-PRO AIカメラ)向けに、Vieureka(ビューレカ)プラットフォーム(以下、Vieureka PF)の対応技術(Vieureka Manager接続通信ソフトウェア)を開発しました。クラウドを活用してVieureka Managerに接続することで、i-PRO AIカメラ上でAI・画像解析アプリケーションの遠隔管理を可能にします。本機能は、2021年3月以降、5モデルの対象機種ごとに順次導入予定です。
今回の開発により、Vieurekaパートナーは、これまでのVieurekaカメラ(VRK-C201、C301)に加え、i-PRO AIカメラを用いたサービス開発・提供が可能になり、レンズ選定や屋外対応などi-PRO AIカメラの豊富なラインナップを活用することができます。これにより、店舗前の人数・車台数をカウントして店舗運営に活かしたい場合、屋外型カメラの選択が可能になるなど、様々なサービスの応用シーンが拡がります。
さらに、従来からi-PRO ……

「ANA ホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん」と アクションカメラの先駆者として世界中で人気を博する「GoPro…

2021/02/19 12:46
「ANA ホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん」と アクションカメラの先駆者として世界中で人気を博する「GoPro」がタイアップ開始:時事ドットコム  時事通信

約25万円の「Xperia PRO」にはXperiaの命運がかかっている(佐野正弘)

2021/02/19 12:44
ソニーモバイルコミュニケーションズは2021年2月10日に、スマートフォン新機種「Xperia PRO」を発売しました。春商戦が本格化する中での投入となったXperia PROですが、そのお値段は市場推定価格が22万8000円、税込みで約25万円と、そのターゲットが春商戦の中心となる学生やファミリー層ではないことは明らかでしょう。
▲ソニーモバイルコミュニケーションズが販売を開始した「Xperia PRO」。性能が最新ではないにもかかわらず価格は税込みで約25万円と非常に高額だしかもXperia PROは、同社の「Xperia 1 II」をベースに開発されており、チップセットは「Snapdragon 865」と、クアルコムの最新チップセット「Snapdragon 888」を搭載している訳ではありません。にもかかわらずこれほど価格が高いのはなぜか?といえば、「PRO」という名称にある通りプロ向け、より具体的には映像のプロやセミプロに向けたスマートフォンであり、コンシューマーを対象にした製品ではないからです。
実際Xperia PROには、通常のスマートフォンにはないHDMI端子が搭載されており、ここにカメラなどを接続することでモニターとして活用できるようになっています。ソニーは映像制作の現場で用いられているマスターモニターに強みを持っており、その技術や……

ソン・フンミンとベイル、「ビッグW」コンビ結成? カメラ目線の新ポーズを披露

2021/02/19 12:37
4-1で勝利したELヴォルフスベルガー戦、2人が見せたゴールパフォーマンスをクラブ公式SNSが公開 トッテナムは現地時間18日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32第1戦でヴォルフスベルガーと対戦し、敵地で4-1と快勝を収めた。クラブ公式SNSは韓国代表FWソン・フンミンとウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、2人揃って披露したゴールパフォーマンスの写真を投稿している。
 ジョゼ・モウリーニョ監督の指揮の下、一時はプレミアリーグで首位に浮上していたトッテナムだったが、直近5試合で1勝4敗と失速しており、順位も9位まで落としている。過密日程を考慮し、ヴォルフスベルガー戦では主力の一部を温存して臨んだが、最前線に入った韓国人エースが均衡を破る。
 0-0で迎えた前半13分、右サイドでボールを受けたベイルが鋭いクロスを供給すると、ゴール前に構えていたソン・フンミンが頭に当ててゴール左隅へ流し込んだ。ソン・フンミンは笑顔でベイルの元へ駆け寄り、ハイタッチと抱擁を交わすと、2人揃ってカメラに向かってダブルピースのポーズを決めていた。さらに同28分には、右サイドでボールを受けたベイルが華麗な切り返しでマーカーを翻弄すると左足を一閃。貴重な追加点を決めた際にも、“ビッグW”ポーズを披露していた。
 トッテナム公式インスタグラムは「名コンビの“ビッグW……

割引や販路拡大など、アップル「iPhone 12/12 mini」の販売に新たな動き

2021/02/19 12:20
毎週末、「価格.com新製品ニュース」でアクセス数の多かったニュース記事をランキング形式でお届け(2021年2月12日〜2月18日)。
今週のランキングで注目したいのが、アップルの「iPhone 12」(2020年10月23日発売)と「iPhone 12 mini」(2020年11月13日発売)に関する動きだ。2020年の発売から約3、4か月が経過し、割引や販路拡大など、最近になって新たな展開が見られる。
たとえば、週間ランキング3位に入った記事によると、NTTレゾナントの「goo Simseller」が「iPhone 12」「iPhone 12 mini」の取り扱いを開始したことがわかった(「OCN モバイル ONE」とのセットで提供)。さらに、2021年2月22日11時までの発売記念として、通常よりも比較的お得な特別価格で展開している。
このほか、今週のランキングには入らなかったものの、ドコモオンラインショップで2021年2月1日以降、「5G WELCOME割 新規契約」で「iPhone 12」「iPhone 12 mini」を購入した際、dポイント20,000ポイントをそれぞれ贈呈することが発表された(関連記事:ドコモ、iPhone 12/12 miniの「5G WELCOME割」など2/1以降の割引変更を発表)。
さらに、2021……

【DMMいろいろレンタル】HTC NIPPONと共催で第4期VIVEアンバサダーを募集 VRブランド「VIVE」機材…

2021/02/19 12:00
■VIVEアンバサダープログラムとは
VIVEやVIVE製品の魅力を積極的に発信する方々のために、もっとVRを楽しめるようにご提供させていただくプログラムです。VIVEアンバサダーに選ばれた方には、VIVE製品とVIVEPORTコンテンツの魅力をブログ、SNSや映像配信チャンネル等でVIVE利用に関する感想や情報を積極的に発信するなど、PR活動に参加していただきます。この度は、第1期(8名)、第2期(25名)、第3期(12名)に続く、第4期(5名)の募集となります。
第4期はパソコンおよびPCパーツ・周辺機器を販売する株式会社Project WhiteのTSUKUMO(ツクモ)ブランドで販売されている「G-GEAR」のVIVE Ready認定ゲーミングノートPCおよびVIVE Cosmos Eliteの3セットと、VIVE Pro EyeのPCセットの2セット(合計5セット)がアンバサダー特典に決定しました。
■応募期間:2021年2月19日(金)~2021年2月25日(木)
■募集人数:5名
■応募方法:「DMMいろいろレンタル」の特設ページ
(https://www.dmm.com/rental/iroiro/tieup/htcvive.html/)より応募
※厳正なる審査の上、事務局よりEメールまたはツイッターDM……