前後カメラを搭載——ヘルメットに後付けできるAR H…|[オタク社長の機材買ってみた]Vol.20 ガチのプ…|最先端技術を搭載したAIカメラで撮影! MIFAプレ…|他

前後カメラを搭載——ヘルメットに後付けできるAR HUDスマートドライブシステム「Argon Transform」

2021/03/01 11:30
同製品はヘルメットに後付け可能な、AR HUD(ヘッドアップディスプレイ)スマートドライブシステムだ。
GPSを利用したカーナビ機能や、ハンズフリーで通話/音楽を聴く機能、ドライブレコーダー機能に加え、後方には視野角170°を見渡せるリアカメラを搭載でき、バイクの運転などを支援する。
装着に当たりネジや穴開けは不要で、使用中のヘルメットに強力な両面テープで接着するだけで装着できる。
AR HUDは、スピードメーターや後方映像、GPSナビなどの映像をワンタッチ切り替えで表示できることがメリットだ。速度計を見るために目線を下に向ける、後方確認のため振り返るといった動作が必要なくなり、運転中の安全性を高められる。
フロントカメラの画素数は5MP、画像解像度は1920×1080pだ。視野角は90°で、動画フォーマットはMP4に対応している。また、フロントカメラ/リアカメラともに動画解像度は1280×720p/30fpsだ(画像/動画解像度はそれぞれ最大時)。
スマホアプリを使用すれば、本体の設定変更やナビゲーション操作に加え、音楽のプレイリストの再生/停止、コミュニティへの投稿などが行える。
リモコンはハンドルのそばに配置されており、ハンドルから手を放すことなく操作でき、安全性にも配慮されている。また、防水/防塵(IP65)にも対応している。

[オタク社長の機材買ってみた]Vol.20 ガチのプロ用スマホSONY「Xperia PRO」を買ってみた

2021/03/01 11:12
txt:手塚一佳 構成:編集部
世の中に「プロ」と名前のつく機材は多い。ご多分に漏れず、本稿を掲載させていただいている本誌もガチの業務用映像機材誌であるために「"PRO"NEWS」誌という名前だ。しかしこの「プロ」名称の大半は「なんか凄いぞ」程度の意味で、本当の意味でのプロ用=業務用である事はなかなかに少ないようだ。映像業務用Web専門誌である本誌は貴重な例外の1つであると言えるだろう。
そんな中、本誌同様の本当の「プロ」向けの機材が業界に投入された。しかもこれがなんと「プロ」という名称が氾濫しまくるスマートフォン(スマホ)の中での本物のプロ機材だ。今回、このプロ業務スマホ「Xperia PRO」の導入をしてみたので、例によって例のごとく自腹購入でのメーカー無配慮の本音記事をお送りしたいと思う。
なお、SONYのカメラとの連携についてはどうせ他の人がやると思うので、筆者はあくまでも通常のワークフローにこのXperia PROをぶち込んでみる事とした。当然、使うカメラは筆者が通常使いのマルチロールカメラ「Leica SL2-S」と、SIGMAのIシリーズレンズ「SIGMA 35mm F2 DG DN | Contemporary」である。
ガチのプロ用映像業務スマホXperia PRO爆誕Xperiaシリーズのスマホは映像の世界では極めてメ……

最先端技術を搭載したAIカメラで撮影!「MIFAプレー動画配信サービス」がスタート!

2021/03/01 11:07
 音楽とフットボールを通じて様々なコミュニケーションを創造する団体、MIFA(ミーファ)が運営するMIFA Football Park立川では、最先端技術を搭載したAIカメラ「Pixellot(ピクセロット)」を活用した「MIFAプレー動画配信サービス」を2021年3月より開始する。
「MIFAプレー動画配信サービス」とは、施設の利用者を対象に、プレー映像をスマートフォンやタブレットで視聴できるサービスだ。コート内に設置してあるカメラがフィールド全体を撮影し、AI搭載システムにより、ボールやプレーを追従するカメラワークで高品質のプレー映像を提供する。
 生配信や録画した映像をいつでもどこでも視聴可能。施設主催のプログラムの撮影やコートレンタルでの利用時の撮影、イベント利用など様々な用途でのサービスを予定している。また3月には無料体験キャンペーンを実施する。

会議室用webカメラ「ミーティングオウル プロ」 2020年日経優秀製品・サービス賞 受賞記念キャンペーン開催

2021/03/01 11:00
【 「2020年日経優秀製品・サービス賞 日経産業新聞賞受賞キャンペーン」の概要 】
 2月15日(月)~3月31日(水)までのご購入かつ、2月15日(月)~4月30日(金)までにーザー登録が完了した方全員に、2018年に同賞を受賞した「ポケトーク W(通信付き)」を1台プレゼント。
< 応募要項 >
■対象製品      : 「Meeting Owl Pro(ミーティングオウル プロ)」
■対象        : 2021年2月15日(月)~3月31日(水)までのご購入かつ、
            2月15日(月)~4月30日(金)までにユーザー登録が完了した製品
■応募時の注意事項  : ・プレゼント発送の前に、ご購入日の確認ができるレシートや領収書の確認をさせていただきます。
            ・「ポケトーク W(通信付き)」の色は選べません。
           ・「Meeting Owl Pro」の返品フリーサービスを申し込んだ場合はキャンペーン対象外です。
           ・ご連絡先の不備により発送やご連絡が付かない場合や、レシートの確認ができない場合は無効になることがあります。
■詳細        : https://meetingowl.jp/lp/nikkei-p……

カモシカ カメラじーっ 小松の海沿い、前川さん発見

2021/03/01 10:34
 26日午後4時ごろ、北陸道安宅スマートインターチェンジ(IC)付近の松林で、前川さんがジョギングしていたところ、10メートル先の木の陰からニホンカモシカがひょっこり顔を出した。写真を撮ろうとすると、カモシカは逃げる様子もなく、カメラの方向をじっと見ていたという。前川さんは「海沿いで見るのは初めて。ちょうど誕生日でラッキーなプレゼントのようだ」と話す。

Surface Duo 2は5G通信対応でカメラ機能が強化される?

2021/03/01 10:21
Microsoftの2画面スマートフォンであるSurface Duoの後継機の情報です。Microsoftの求人情報によると、Surface Duoの後継機は5G通信に対応し、カメラ機能が強化されるようです。
次期Surface Duoで5G通信をサポート?Microsoftは同社の求人情報で、LTEや5Gを含む無線周波数モジュール開発に精通している経験者を募集しました。
その職務は「Surface Duoデバイス上でのLTEおよび5G技術などを含む」としており、コードネーム”Zeta”と呼ばれる次期Surface Duoで5G通信をサポートすることが推測される内容となっています。
現行のSurface Duoは4G通信のみサポートしており、5G通信をサポートしていません。
カメラもアップグレードされる?第1世代のSurface Duoに搭載されたカメラの評判はあまりよくなく、Surface Duoの弱点であるとされています。
この改善のためか、ほかの求人情報には、機械学習と人工知能(AI)を使って画像処理を大幅に改善し、新しいカメラ体験を実現するつもりであるとしたものがありました。
これらの求人情報の内容がそのまま次期Surface Duoの仕様になるとは限りませんが、Microsoftが現行のSurface Duoの弱点に……

STM32マイコンで低コストのコンピュータ・ビジョン開発を可能にするエッジAI スタータ・キットを発表:時事ドットコム

2021/03/01 10:16
STM32マイコンで低コストのコンピュータ・ビジョン開発を可能にするエッジAI スタータ・キットを発表:時事ドットコム  時事通信

秋葉原/末広町駅1分。Youtuber/個人向け撮影&配信スタジオ「RADIOVOX AKIHABARA」リニューア…

2021/03/01 10:00
秋葉原の末広町駅から1分!撮影スタジオRADIOVOX AKIHABARAがパワーアップしてリニューアルを完了いたしました。料金も秋葉原では安い1時間1000円から利用可能となります。
新しくなったスタジオでは4つの撮影ルームと1つの共有ロビーが設置され、大きくパワーアップいたしました。
⑴白ホリゾント・全面白一色の部屋「NAKED」
一面にRの白ホリゾント壁がある撮影ルーム。歌動画・宣材写真・ポートレート写真・商品撮影など幅広くご利用いただける真っ白な部屋。
⑵全面グリーン・クロマキー配信専用の部屋「PARADE」
動画配信を意識した、全面がクロマキー用のグリーンで塗りつぶされた部屋。背景の合成配信をするYoutuberには最適になっています。
⑶ソファとテーブル・Youtube配信向けの「WALZ」
有名なYoutuberに多い、ソファとテーブルが配置されたスタンダードな王道Youtuber向けの撮影ルーム。番組撮影や小規模の対談や面談にも使える部屋。
⑷和室と洋室「未来・無限大」
和室と洋室を1つの部屋に詰め込んだ部屋。様々な背景で撮影を行うことができるのが魅力。洋風のレンガ壁や、障子や襖、掛け軸などが背景として用意されています。
⑸共有ロビー
撮影用LEDパネルライトや装飾備品・電源ケーブ……

自動でAI画像認識が可能なカメラモジュール

2021/03/01 09:00
関連記事64の測距ゾーンに対応したToF測距センサー
STマイクロエレクトロニクスは、最大64の測距ゾーン対応のダイレクトToF測距センサーモジュール「VL53L5」を発表した。従来品と比較してタッチフォーカスや複数のターゲット識別などの性能が向上している。測位、測距機能を備えたIoT向けUWBデバイス
NXPセミコンダクターズは、IoT向けの測位、測距機能を備えた超広帯域無線(UWB)デバイス「Trimension SR150」「Trimension SR040」を発表した。スマートロックなどの新しいIoT技術向けに最適化され、高精度で相対的な位置情報を提供する。0.3Mピクセルの高速デジタルイメージセンサー
オン・セミコンダクターは、解像度0.3Mピクセルの高速デジタルイメージセンサー「ARX3A0」を発表した。アスペクト比は1:1で、1/10インチの正方形フォーマットのため、高さの低いモジュール設計に対応する。3D三角測量用途向けCMOSイメージセンサー
Teledyne e2vは、3Dレーザー計測用途に特化したCMOSイメージセンサー「FLASH」ファミリーを発表した。水平解像度が4Kと2Kの2種類を用意し、6μmのグローバルシャッターCMOSピクセルを搭載する。産業機器向けの積層型CMOSイメージセンサー
ソニーは、裏面照……

ピンポン玉サイズでフルHD/WDRの前後2カメラドライブレコーダ

2021/03/01 08:15
フロントカメラのセンサーはSONY Exmorを採用。WDR搭載で、映像の白飛びや黒潰れなどの明暗差を抑制して録画できる。解像度と画角はフロントが最大1,920×1,080ドット/対角145度、リアが640×480ドット/対角100度。
オプションのRCA変換コネクタを使うことで、同梱のリアカメラの代わりに、使用中のバックカメラの映像を録画できる。なお、バックカメラはアクセサリー電源からの給電が条件となる。
microSDカードスロットを搭載し、最大256GBまで対応する。なお、16GBのmicroSDカードが付属する。毎月3回SDカードの定期フォーマット作業を注意喚起を行なうことで、フォーマットを行なわなかったことでの録画の失敗や本体、カードの故障を防ぐとしている。
本体にGPSとWi-Fiを搭載。Wi-Fiを使って、専用のスマホアプリ「KaKa」と連動し、スマホでライブ映像の確認、SDカード内の録画データの再生に加え、録画データをスマホにダウンロードすることもできる。本体メニューの設定変更もスマホアプリから行なえる。
Gセンサーを搭載し、記録モードは常時/衝撃/手動(強制補助)に対応する。内部マイクも搭載し、ON/OFFが可能。
重量はフロントが約52g、リアが約22g。取り付けブラケット、シガー電源ケーブル……

10人ぐらいの会議まで対応!スピーカー、マイク、カメラを搭載したBoseのオールインワンUSB会議デバイス「Vide…

2021/03/01 07:52
ボーズは、2~3人が集まるミーティングスペースから10人程度の中規模会議室まで対応するオールインワンUSB会議デバイス「Bose Videobar VB1」を発売した。推奨小売価格は138,000円(税別)。
「Bose Videobar VB1」は、高さわずか50mmのボディに高性能なスピーカー、マイク、カメラを搭載したオールインワンUSB会議デバイス。
ボーズ独自の小型トランスデューサーを搭載し、相手方の音声やマルチメディアプレゼンテーションにおいても、室内全体に自然でクリアなサウンドを再生。
また、6つのビームステアリングマイクを備え、室内の音声を検出して収音、ノイズを除去してリモート参加者に配信する。
さらに、4K対応ウルトラHDカメラとオートフレーミングにより、クリアな映像を実現。プレゼンターやホワイトボードなど、室内の様子をリモート参加者がクリアに観ることができるという。
もちろん、PCとはUSBケーブル 1本で接続できるので、テーブルの上もすっきり。さらには、付属のテーブルスタンドやウォールマウントキット、またはオプションのVESA取り付けキットを使用して、インテリアに合わせて設置することができる。
設定は、Bose Work Configuration Utilityアプリ、またはWebブラウザーサービスを使用……

クリアな会話ができるWebカメラでオンラインMTGも快適に

2021/03/01 07:00
テレワークの普及により、その存在感が一気にアップしたのがWebカメラ。映像をリアルタイムで見られることに感動する時期はとうに終わり、今や次のステップとなる映像と音質のクオリティにこだわる段階へ突入したといっても過言ではないでしょう。
ASUS(エイスース)の「ASUS Webcam C3」(実勢価格:6500円前後)は、シャープでスムーズなビデオストリーミングとクリアなオーディオを実現したWebカメラの最新モデル。キレイな映像と明瞭な音声で、オンライン会議での評価がアップするかもしれませんよ?
【次ページ】デュアルマイク内蔵でクリアなビデオ通話を実現▶
12

自分のPCからAIカメラの操作が試せる IoT x AIカメラ「S Camera Basic」にトライアル機能

2021/03/01 02:15
IoTとカメラの組み合わせは、例えば工場や作業現場の管理、倉庫の荷物管理や生産品の仕上がりチェックなど、見ることで管理する業務をデジタル化し、さらにAIによるデータ分析を加えることで、判断を要する業務も代替や効率化が可能となる。しかし、AIカメラの活用時には、カメラの取り付けやネットワークの選択、AIアルゴリズムを用いたデータの活用という課題もある。
そこで、株式会社ソラコムは、セルラー通信を搭載することでこれらの課題を解決。手軽に導入できる「AIカメラ S Camera Basic(サープラスカメラ)」において、一通りのAIカメラ操作を試せる「トライアル」機能を2021年2月26日より提供開始した。今回提供開始する「トライアル」機能では、手持ちのパソコンから専用画面を通じて「S Camera Basic」の一通りの操作を試すことができる。
同社は、これからの社会で必要となる技術を誰もが使える社会を目指す「IoTの民主化」を掲げ、SORACOMプラットフォームを通じて、テクノロジーによるイノベーション創出に貢献すると述べている。

AIカメラ「S Camera Basic」とは2019年7月から販売している「S Camera Basic」は、SORACOM Airのセルラー通信と、AIが実行できる演算機能を標準搭載したカメラ。スマ……