“グニャっと曲がる”アーム付き A4サイズ対応WEB…|私は“にわか”なのか?~西武・岡田雅利に魅せられたカ…|ウェブカメラとマイク ライトが一体化した Movo …|他

“グニャっと曲がる”アーム付き、A4サイズ対応WEBカメラ「HUE HD Pro」

2021/03/03 11:43
PHILO Tradingは、USB接続式のWEBカメラ「HUE HD Pro」を3月3日より販売すると発表した。
曲がるアームを備え、360度回転に対応する書画カメラ。被写体に合わせて角度調節でき、キャプチャーサイズはA4に対応。また、マイクとLEDライトを内蔵した。
価格は13,980円。
このほか、WEBカメラ「HUE HD」も同時に発売。キャプチャーサイズはA5に対応し、LEDライトは非搭載となる。価格は9,980円。

私は“にわか”なのか?~西武・岡田雅利に魅せられたカメラ女子と、20年前の“お姉さん”の記憶~(文春オンライン)

2021/03/03 11:12
私は“にわか”なのか?~西武・岡田雅利に魅せられたカメラ女子と、20年前の“お姉さん”の記憶~(文春オンライン) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

ウェブカメラとマイク、ライトが一体化した「Movo WebMic」が便利そう!

2021/03/03 10:51
自宅からビデオ会議に参加したり、動画をライブ配信したりする人にとってウェブカメラは欠かせないツールだ。最近のパソコンやタブレット端末、スマホにはカメラが付いていて大方の場合はそれで事足りる。
しかし映像と音質をグレードアップしたい人は要チェックのアイテムがクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。ウェブカメラ、マイク、照明が1つにまとまった「Movo WebMic」だ。
映像は4KかHDMovo WebMicは球形デザインで、スタンドを使ってデスク上に置くことも、クリップでPCに固定することも可能だ。
まずカメラの性能はというと4K(3840×2160)とHD(1920×1080)の2種が用意され、選べるようになっている。フレームレートは4Kが25fps、HDが30 fpsだ。
明るい環境での会議などではHDで十分だが、ビデオ配信などでフォロワーに鮮明な映像を届けたい人は4Kを選ばない手はない。
明るさは3段階調整そしてカメラを取り囲むようにマイクが設置されていて、さらにその外側に3段階で明るさを調整できるLEDライトがくる。つまりビデオで誰かとつながるとき、Movo WebMic 1つではっきりとした映像とシャープな音声となる。
加えてMovo WebMicにはイヤホンジャックもあり、お気に入りのヘッドフ……

SHOTEN カメラウッドグリップ SONY α7C 用 と FUJIFILM X-S10 用 発売:時事ドットコム

2021/03/03 10:16
SHOTEN カメラウッドグリップ SONY α7C 用 と FUJIFILM X-S10 用 発売:時事ドットコム  時事通信

よしみカメラ、E-M5 Mark III用の拡張グリップ

2021/03/03 10:00
オリンパスOM-D E-M5 Mark III用グリップエクステンション フォグリップ オリンパスのミラーレスカメラ「OM-D E-M5 Mark III」専用の拡張グリップ。ブラックとシルバーの2種類をラインアップしており、それぞれグリップ部のカラーもブラック、グリーン、ブルー、ブラウン、オレンジ、レッドの6色から選べる。同社直販サイトでの販売価格は、いずれも1万5,700円(税別)。
カメラのバッテリー開口部にあたる部分に、開閉式のプレートを備えており、グリップを装着した状態でのバッテリー交換に対応する。また、撮影時はプレートを開くことでカメラを「手のひらで支える」ようにして持てるため、安定感が向上するとしている。グリップ部にはレザー素材を使用しており、握りやすさにも配慮した。
ベース部分はアルミ合金製で、アルカスイス互換形状を採用。フラットな場所に置いた際には水平を保てるように設計しているという。底面には1/4インチネジ穴を備えている。

ニコンD780のファームウェアVer.1.02が公開

2021/03/03 10:00
更新内容(C:Ver.1.02) 以下の現象を修正しました。
・非CPUレンズを装着して、TTL調光でのスピードライト撮影時、撮影画像が適正露出にならない。
・[画像編集メニュー]>[RAW現像]で、[ピクチャーコントロール]の[色合い(色相)]を調整後、拡大ボタンを押してプレビューさせると[色合い(色相)]の調整値が調整前に戻ってしまう。

昔のカメラも活用! コストかけずに「バエるリモート会議」テクニック

2021/03/03 08:00
総論 リモート会議が一般的になった際に、多くの人はWebカメラやいいマイクを買いに走ったりしていたが、あまり機材量を増やしてもセッティングが面倒になるだけで、あまり使われなくなっているのではないだろうか。
新しい機材は確かに面白いが、手持ちの機材でもこれまで使ってこなかった機能が意外に良かったりする事がある。新しい機材を買いに走る前に、手持ちの機材の性能をもう一度チェックしてみると、無用な出費を防げるはずだ。
特にライティングは、今家庭内の多くの照明器具がLEDになって、色や明るさが可変できるようになっている。使えるものは何でも使うという気持ちで、カメラの前で色々テストしてみるといいだろう。実際にカメラで撮れた絵で確認するというのが大事なポイントで、逆に言えば見た目さえよければ、何を使って実現しているかはどうでもいいのである。
買わずに工夫したり自分で作るというのが、クリエイティブなやり方だ。こうした発想や知恵は、社会でも必ず役に立つだろう。就職を控えた学生さんに限らず、リモート会議にお金をかけずクオリティアップしたい方も、子供の頃を思い出して遊びのつもりで、バエる写りを実験してみてはいかがだろうか。

エレコム、Windows Hello顔認証に対応した200万画素WEBカメラ

2021/03/03 06:46
エレコムは、フルHD対応の200万画素WEBカメラ「UCAM-CF20FBBK」を3月上旬より発売すると発表した。
Windows 10標準搭載の「Windows Hello顔認証」に対応したWEBカメラ。「パスワード入力不要の生体認証により、パスワード漏えいリスクを軽減する」と同社では説明する。
また、ノートパソコンの画面フレームに取り付けたり、机の上に設置したりして使えるマルチスタンドを採用。さらに、無指向性マイクを内蔵し、ヘッドセットなしでも通話できる。
主な仕様は、受像素子が1/6型CMOSセンサー、有効画素数が約200万画素、動画記録画素数が最大1920×1080ドット(動画)、最大フレームレートが30fps。
本体サイズは約100(幅)×26.5(高さ)×64(奥行)mm(ケーブルを含まず)、重量は約85g(ケーブルを含む)。ボディカラーはブラック。
市場想定価格は7,678円。
エレコム

「Xperia 5 II」のPhotography Proで“カメラ修行“が楽しい件

2021/03/03 06:00
 筆者も、これまでデジタルカメラではオート一択(業務での撮影は、とにかくプレゼンなどをスピード第一で撮りまくるのです)でしたが、「Photography Pro」では、露出やシャッタースピードを変えてみながらじっくり撮影するのが楽しい。寒空のなか、密を避けて人のいない場所で撮影していたら、あっという間に時間が経ってしまって、体が心底冷えてしまったことも……。夜の撮影は、まだまだ難しく、拡大してみるともっとピントをあわせてシャープに撮りたいのですが、うまく撮れるとまた良い気分。Xperia 5 IIの実力を引き出していない筆者ですが、精進できる余地があることは楽しいのです。