新型iPad Proが3眼リアカメラ搭載か〜iPad…|AI技術を活用した介護テック 安心カメラ を介護…|1億800万画素の超高精細写真も サムスンの5Gスマホ|他

新型iPad Proが3眼リアカメラ搭載か〜iPad Proとminiのダミーを投稿

2021/04/08 17:20
Apple製品のリーク情報を発信しているサニー・ディクソン氏が、新型iPad Proと新型iPad miniのものとする、ダミーユニットの画像をTwitterに投稿しました。
新型iPad ProとiPad miniのダミーユニットディクソン氏によれば、新型iPad Proのリアカメラは3眼になるようです。
また、新型iPad miniらしきデバイスの外寸は現行モデルとの違いが見受けられないながら、画面サイズが異なると記しています。
Refreshed iPad Pros and iPad Mini dummies. Triple Camera array on the pros. Central camera up top on iPad mini; slightly thicker. Hard to tell and different in screen size. pic.twitter.com/5Luizv1T2r
— Sonny Dickson (@SonnyDickson) April 8, 2021
リアカメラは2眼と予想されていたが新型iPad Proは4月中旬から下旬に発売されると噂されています。
同モデルのものとするCADデータでは、リアカメラは2眼でした。
また、新型12.9インチiPad Pro……

【AI技術を活用した介護テック】「安心カメラ」を介護事業所・利用者個人宅へのテスト導入!:時事ドットコム

2021/04/08 17:16
【AI技術を活用した介護テック】「安心カメラ」を介護事業所・利用者個人宅へのテスト導入!:時事ドットコム  時事通信

1億800万画素の超高精細写真も サムスンの5Gスマホ

2021/04/08 14:35
 最新のAI(人工知能)が搭載されたスマートフォンで「5G商戦」に参戦します。
 サムスンが発表した今年初の5Gスマホは最新のAIが搭載され、一眼レフに匹敵する最大1億800万画素の超高精細な写真や動画を撮影できるようになりました。
 撮影した画像の消したい部分をその画像に適した背景に置き換えることも可能です。
 5Gスマホを巡ってはアップルの「iPhone(アイフォーン)12」をはじめ、新製品が次々と発表されていて、機能性を重視した5G商戦が本格化しそうです。

サンワ、フルHDに対応した500万画素WEBカメラ「CMS-V59BK」

2021/04/08 14:00
サンワサプライは、USB 2.0接続式のフルHD対応WEBカメラ「CMS-V59BK」を発売しました。
500万画素(2592×1944ドット)のCMOSセンサーを搭載したWEBカメラ。ヘッド部分は左右方向に360度、上下は90度可動でき、さまざまな向きでカメラを固定できる。
スタンド部分を液晶ディスプレイの縁に挟んで設置できる。加えて、カメラ用三脚穴を内蔵し、市販のカメラ用三脚に取り付けることも可能だ。また、2mのロングケーブルを採用した。
さらに、マイクを内蔵し、ZoomやMicrosoft Teamsなどの各種ビデオチャットに対応。複数人でのテレビ会議にも適するという。
価格は8,580円。
サンワサプライ

キャサリン妃は名モデルで名写真家 ビッグスマイルポートレートの撮影秘話が明らかに(Hint-Pot)

2021/04/08 13:01
キャサリン妃は名モデルで名写真家 ビッグスマイルポートレートの撮影秘話が明らかに(Hint-Pot) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

ソニー「α7R IV」のアップデート版(ILCE-7RM4A)が海外で登場

2021/04/08 12:41
ソニーの海外Webサイトに、ミラーレスカメラ「α7R IV」(ILCE-7RM4A)の製品情報が掲載されている。発売時期や価格は不明。日本での発売に関する情報もまだない。
新たな製品は、機種名こそ「α7R IV」のままだが、ILCE-7RM4という品番の末尾に"A"が加わっている。イメージセンサーや画像処理エンジンなどの仕様に違いは見られない。
スペック表から読み取れる2機種の違いは次の通り。
・モニター解像度が144万ドット→約236万ドットに高精細化
・「WhiteMagic」(RGB W配列による高輝度化が特徴の液晶パネル)の記載が消失
・ファインダー撮影用の「モニターオフ」が追加
・USB Type-C端子が5GbpsのUSB 3.2に対応
なお、ソニーは以前にも1型コンパクトカメラ「RX100 V」において、機種名をそのままに中身をアップデートした「DSC-RX100M5A」を、DSC-RX100M5の発売から約2年後に投入している。

ペイントとSnipping Toolがストア経由の更新に。カメラ機能などを変更したWindows 10プレビュー版も配信

2021/04/08 12:34
 Microsoftは7日(現地時間)、Windows 10 Insider Preview「Build 21354」をDevチャネルで配信開始した。
 Build 21354の配信にともない、画面キャプチャアプリの「Snipping Tool」と「ペイント」がMicrosoft Store経由でアップデートされるようになり、アイコンも刷新。配置場所もアクセサリフォルダ内ではなく、スタートメニューに表示されるようになっている。

【豪華プレゼント&クーポンあり】1億画素カメラ搭載、シャオミ「Redmi Note 10 Pro」レビューを14日放送!

2021/04/08 12:30
Autoジョブ名人の開発ロードマップも披露
RPAの導入スピードはクラウド超え ユーザックが最新動向と新製品を披露
MIL規格クリアで堅牢性も確保
税込み10万円台でテレワークもこなせるバランスよい性能、第11世代Core i5で1kg以下の高コスパ14型ノートPC「STYLE-14FH057-i5-UXEX-D」
自作ユーザーには馴染み深いCrucialブランドの会社
意外と知られていない? 巨大半導体会社マイクロンの日本とのつながり
待たなくていい、並ばなくてもいい
丸亀製麺で並ばずにテイクアウトできるモバイルオーダーを試してみた
単なるコネクティビティを超え、新たな企業間連携基盤を目指す「ATBeX Service Platform」
顧客と新たなビジネスをつなぐ。アット東京が生み出すプラットフォーム
仕事や勉強、普段使いなどに最適なパソコンを厳選
新生活の1台に! インテル第11世代Core i7搭載の法人向けノートなど、マウスコンピューターのオススメパソコンを紹介!
実用性を重視したシステム用SSD+データ用HDDのデュアル構成!
WQHD以上や高リフレッシュレートでのゲームプレイも! RTX 3070搭載で21万円台の高コスパミドルタワーPC「LEVEL-R049-iX7-……

「シュッピン、カメラの買取・販売価格 AIで需給により自動設定」

2021/04/08 12:08
シュッピン(東京都新宿区)が運営するカメラ専門店「マップカメラ」は、中古カメラの買取、販売価格を、AIを活用して需給に合わせタイムリーに自動設定する「AIMD」を3月29日にリリースした。
タイムリーに適正価格をお客に提示することで、より安心・安全に取引できるとともに、取引量の拡大、粗利率の改善につながる。またお客が「欲しいリスト」に登録している約130万件の販売価格の値下がり時や、約2万アイテムの買取価格が上がったタイミングで、リアルタイムにお客へ自動通知が行く仕組みとなり、より多くのお客へパーソナライズ化した情報をタイムリーに届けられるようになった。
WEB限定記事

2000円のネットカメラ「ATOM Cam」で使える1つ1000円のセンサーを家のあちこちに取り付けてみた

2021/04/08 12:00
 しかし、動作検知の機能は、ご存じの通りATOM Cam本体にも用意されている。映像が変化したとき、人や犬猫をとらえたときなどに通知・録画するのは元々できる。なので、そこにあえて別途モーションセンサーを使う理由はどこにあるのだろう……、と疑問を抱くのはもっともかもしれない。
 モーションセンサーの使い道の1つとして考えられるのは、カメラが映せない場所で動きを検知したときに通知・録画したいときだ。例えば、カメラが認識できる位置まで人が寄ってきてから録画を開始するのではなく、カメラの視界外の敷地に人が入ってきた時点で録画を開始する、というような使い方が考えられる。
 もう1つは、検知の精度をより高めたいときだろう。ATOM Cam単体の検知機能で、映像の変化を録画の契機にする方法だと、狙った変化以外のものにも反応してしまいがちだ。本来はカメラの方へ近づいてきた人に対してのみ反応させたいのに、少し離れたところを通り過ぎるだけの人影も検知してしまったりする。