2022年のiPhoneは48メガのカメラを搭載 …|4月20日発売 CAPA5月号の目玉はコスパ最重視…|TTArtisan 21mm f/1.5 ASPH…|他

2022年のiPhoneは48メガのカメラを搭載、「8K動画」の撮影が可能に

2021/04/20 11:30
アップルはついに、2014年以来手つかずだったiPhoneの重要な仕様をアップグレードする準備を整えたのかもしれない。
アップルは長年、iPhoneのメインカメラを重視し続けているにも関わらず、そのハードウェアの仕様は競合他社に大きく遅れをとってきた。しかし、この状況に変化が訪れる見通しだ。
アップル関連の確度の高いリーク情報で知られるミンチー・クオによると、2022年のiPhoneのフラッグシップモデルには、スマホの写真撮影を次のレベルに引き上げる、まったく新しい4800万画素のメインカメラが搭載されるという。
ニュースサイトMacRumorsは4月13日、次のようなクオのコメントを掲載した。
「ピクセルサイズについて言うと、iPhone 12が約1.7um(マイクロメートル)、iPhone 13が約2um、新型2H22 iPhone(2022年のモデル)が約1.25umとされている。我々は、新2H22 iPhoneが48MPのダイレクト出力と12MP(4セルのマージ出力モード)出力を同時にサポートする可能性があると考えている。12MP出力では、新しい2H22 iPhoneのCISピクセルサイズは約2.5umに増加し、これはiPhone 12およびiPhone 13よりも大幅に大きく、既存のアンドロイド端末より大きく、デジタルスチルカメ……

【4月20日発売】CAPA5月号の目玉はコスパ最重視のカメラ&レンズ・買い物ガイド。必要十分な性能を備えたモデルがわ…

2021/04/20 11:16
【4月20日発売】CAPA5月号の目玉はコスパ最重視のカメラ&レンズ・買い物ガイド。必要十分な性能を備えたモデルがわかる!:時事ドットコム  時事通信

TTArtisan、「21mm f/1.5 ASPH」フルサイズミラーレス用4種を4/30発売に決定

2021/04/20 11:05
焦点工房は、「銘匠光学」より、「TTArtisan 21mm f/1.5 ASPH ミラーレス用 単焦点レンズ」4種の発売日を、4月30日に決定したことを発表した。対応レンズマウントは、ソニーE用、ライカL(バヨネット)用、キヤノンRF用、ニコンZ用をラインアップする。
21mmの広角焦点距離を備えたF1.5の大口径レンズ。広角ながらボケを生かした撮影が可能で、開放時はオールドレンズのようなソフトな描写、一段絞るとシャープな描写に変わるのが特徴とのこと。
また、10枚の絞り羽根によりF2.8〜F16まで美しい光条(光芒)を表現できるという。72mm径フィルターホルダーが付属し、レンズフィルターの使用にも対応する。
主な仕様は、焦点距離が21mm(35mm判換算)、フォーカスがMF、レンズ構成が11群13枚(ASPH非球面ガラス1枚、高屈折低分散ガラス5枚)、対応撮像画面サイズが35mmフルサイズ、最短撮影距離が0.5m、絞りがF1.5〜F16、絞り羽根が10枚。フィルター径は72mm(付属フィルターホルダー使用時)。
本体サイズおよび重量は、ソニーE用が56(直径)×76(長さ)mm、約420g。ライカL(バヨネット)用が60(直径)×74(長さ)mm、約430g。キヤノンRF用が63(直径)×73(長さ)mm、約440g。ニコンZ用が6……

M1 MacBookのWebカメラも目隠しできるプライバシーフィルターが店頭入荷

2021/04/20 11:00
 Webカメラを目隠しできるスライドカバーも備えたMacBook Air/Pro用プライバシーフィルター。販売価格は6,991円。
 視野角左右30度で覗き見を防止できるほか、Webカメラ部にあるカバーをスライドすることで、カメラを目隠しすることができる。シートの上部の縁にはマグネットを搭載し、MacBook Air/Proの液晶ディスプレイに簡単に着脱可能。
 対応機器はMacBook Air 13インチ(2018年~2020年モデル)とMacBook Pro 13インチ(2016年~2020年モデル)で、M1チップを搭載する機種にも対応するという。
 本体サイズは30×19.5×1.2cm、重量は39g。

雨晴海岸、称名滝 絶景を撮影 星野さん カメラ館で展示

2021/04/20 10:44
 月光で撮影した「夜絶景」シリーズはじめ、天の川と見附島(石川県珠洲市)、京都の景色など百九点を展示している。県内では、月光で虹が架かる夜の称名滝(立山町)や、麦畑に一本だけ咲くレンゲ(射水市)。雨晴海岸(高岡市)を撮影した動画作品も紹介している。

“バチェラー夫妻”友永氏&岩間さん「カメラに緊張」 『新婚さんいらっしゃい!』出演報告:紀伊民報AGARA

2021/04/20 10:23
 Amazon Prime Video製作の人気リアリティーショー『バチェラー・ジャパン』シーズン3に出演してカップルとなり、昨年7月に結婚した実業家の友永真也氏とブドウ農家・岩間恵さんが19日、それぞれのインスタグラムを更新。ABCテレビ・テレビ朝日系『新婚さんいらっしゃい!』(毎週日曜 後0:55)に出演したことを報告するとともに、喜びをつづった。
【写真】『新婚さんいらっしゃい』出演を報告した友永氏&岩間恵さん サインも公開
 友永氏は「【新婚さんいらっしゃい】に夫婦で出演しました 昔から見ていた番組で、出演者の方がみんなどうしてあんな喋り方をするんだろう?? もし自分が出たらあんな喋り方になるのかな?とか勝手に想像した事もありました 今回、自分の中で答え合わせが出来ました!」と出演を振り返り「僕の喋り方は皆様ご存知だと思いますので、どうなっているか楽しんでみて下さい 桂文枝師匠、山瀬まみさんのお陰で凄く楽しいエンタメにして頂けました」と感謝した。
 岩間さんも「新婚さんいらっしゃい見てくださった方、ありがとうございます ストーリーズでのたくさんのメンション嬉しいな~」と記し「まさかバチェラー参加して結婚して、小さい頃からおじいちゃんおばあちゃんと見てた番組に出る日が来るなんて。歴史ある番組に出させて頂いて良い思い出になりました」と伝えた……

パナソニックのベビーモニター/ベビーカメラ購入で必ずもらえるデジタルギフト「ママとパパ育児応援キャンペーン」を202…

2021/04/20 10:00
パナソニック株式会社は、2021年4月21日(水)より、「ママとパパ育児応援キャンペーン」を実施します。購入対象期間中にベビーモニター、ベビーカメラをご購入の上、キャンペーン応募サイトから応募いただいた方全員にデジタルギフトをプレゼントします。
<キャンペーン概要>
◎対象商品:ベビーカメラ KX-HBC200/ベビーモニター KX-HC705
◎キャンペーン名:「ママとパパ育児応援キャンペーン」
◎キャンペーンサイトURL:https://panasonic.jp/hns/campaign/babycamera_2021.html
◎購入期間:2021年4月21日(水)~ 2021年6月20日(日)
◎応募期間:2021年4月21日(水)~ 2021年7月5日(月)
◎応募方法:購入対象期間中に対象商品を購入し、応募サイトより必要事項を記入の上、購入証明書(レシート)と保証書を添付しアップロードしてご応募ください。
*キャンペーン期間は予告なく変更になる場合があります。
※対象商品、応募方法などの詳細はキャンペーンページにてご確認ください。
<特典内容>
ベビーカメラ(KX-HBC200):デジタルギフト金額 3,000円分
ベビーモニター(KX-HC705):デジタルギフト金額 1,00……

キヤノンPowerShot ZOOMがiFデザインアワード2021金賞に

2021/04/20 09:00
キヤノンは4月19日、望遠鏡型のデジタルカメラ「PowerShot ZOOM」が、「iFデザインアワード2021」でプロダクト分野の最高賞となる金賞を受賞したと発表した。
同賞のWebサイトによると、「『なぜ今までなかったのか?』と自問自答するようなデザイン。PowerShot ZOOMは望遠鏡とカメラを一体化したことで、写真と自然観察の全く新しい領域を切り拓く。右利きでも左利きでも直感的に使えるユニバーサルデザインが審査員から高く評価された」と記載されている。
iFデザインアワードは、ドイツのiFインターナショナルフォーラムデザインが主催する、1953年から続く国際的なデザインアワードのひとつ。プロダクト、パッケージ、コミュニケーション、インテリア/内装建築、プロフェッショナルコンセプト、サービスデザイン、建築の7分野で構成され、今回は52の国と地域から、約1万件の応募があったという。
PowerShot ZOOMのほか、カメラ製品からはデジタル一眼レフカメラ「EOS-1D X Mark III」、ミラーレスカメラ「EOS R5」、RFマウント用単焦点レンズ「RF800mm F11 IS STM」「RF600mm F11 IS STM」、デジタルシネマカメラ「EOS C500 Mark II」「EOS C300 Mark III」……

第20回:私は如何にして心配するのを止めて35mmを愛するようになったか

2021/04/20 07:00
土門拳の『写真作法』(ダヴィッド社)に収録されている「35ミリのワイドーその戦後的な意義」の一文もこれまでずいぶん引用してきました。読まれた本誌読者の方も多いと思うのですが、たまにはいつもと異なる箇所を拾ってみましょうか。でもどこを拾っても同じようなことを土門は述べています。
「35ミリのワイドは、大ざっぱにいって視角がちょうどいい -中略- ちょうどいいというのはモチーフに直結する」こう述べています。本書を読んで、35mmレンズの魅力を簡単に読み解くのは難しいのですが、土門が「ちょうどいい」というのですから「ちょうどいいのです」。写真の神様が言うのですから間違いありません。神様ですから自分たちで考えろという本当に大ざっぱなところがあるのでしょう。少し安心しました(笑)。
面白いのは、35mmレンズを入手しやすくするためでしょう。カメラを購入した時についてくる(昔はキットレンズという言い方はなく、レンズ交換式カメラは50mm標準レンズと一緒に購入するのが普通でした)50mmレンズは新品のうちに売り飛ばして、35mmに買い替えなさいとも述べています。説得力があります。このため当時は中古カメラ屋さんでは50mm標準レンズの在庫が溢れ、35mmレンズにはプレミアがついたとありますが、すでにウラのとりようがないので都市伝説かもしれません。
……

ピザ店に車が突っ込み3人けが 店内のカメラに瞬間が

2021/04/20 00:26
熊本市のピザ店に車が突っ込む事故があった。
3人がけがをしたが、いずれも軽傷だという。
熊本市内のピザ店。
従業員が作業をしていると、突然、白い乗用車がガラスを突き破り、店に突っ込み停車した。
19日午後6時ごろ、熊本市中央区の「ピザポケット世安店」に普通乗用車が突っ込んだ。
警察などによると、運転していたのは61歳の自営業の男性で、腰などを打ったが軽傷だという。
また、店内には当時3人の店員がいたが、そのうち2人が手を切るなどの軽傷。
現場のピザ店は、直線道路から2つに分かれる分岐点に位置していて、警察は運転手の男性に話を聞くなどして、事故原因を調べている。

5月号特集は「美しい色彩風景 春夏編」。絶景ガイド52か所を収録

2021/04/20 00:00
登場写真家(敬称略) イナガキヤスト、上田孔希、うさだだぬき、大坪邦仁、岡本大志、金子美智子、柄木孝志、菅家優介、喜多規子、木村琢磨、Keita kawazoe、小林 淳、saizou、佐々木和一朗、新海良夫、鈴木芳澄、清家道子、高橋良典、館野二朗、谷田洋史、対馬慎太郎、長尾岬生、西川貴之、萩原れいこ、平井葉月、藤原嘉騎、本間昭文、八木千賀子、山下峰冬、山梨勝弘、wasabitool