湯治で出会った棚田 ひと… 伝えたい 夫婦で写真集|オンライン会議にも使える!Vlogにおすすめのカメラ…|プロが使う本当に使えるカメラは?連載“私と愛機”まとめ|他

湯治で出会った棚田、ひと…「伝えたい」 夫婦で写真集

2021/05/02 11:00
 湯治で通うようになった肘折(ひじおり)温泉をきっかけに、山形県大蔵村の四季や人にほれこんだ夫婦が写真集を自費出版した。村と出会ってから10年の間に、活気が失われつつあると感じてきた。「写真で村の魅力を伝え、まちも、人も元気になってほしい」と願う。
 山形県寒河江市で会計事務所を経営する芳賀長悦(ちょうえつ)さん(68)、和代さん(68)。タイトル「七十二候(しちじゅうにこう)うつろい」に、日本の原風景が残る豪雪地帯で、季節の変化が強く感じられる村への思いをこめた。
 和代さんの病気がよくなるようにと、名峰・月山(がっさん)のふもとにある開湯1200年の湯治場、肘折温泉を訪れるようになった。
 一眼レフカメラを買ったばかりだった和代さんが、最初に撮った1枚が2010年の「人力車が行く」。観光案内で知られる人力車が駆け抜ける風景だ。背景に写る旅館はすでに閉館し、いまはもうない。
 「写真を撮るのが楽しくなっていった」という和代さんは、毎月1~3泊のペースで湯治に訪れるうちに、体もよくなり、温泉郷の人たちと言葉をかわすようになる。長悦さんも3年ほど遅れて本格的に撮りはじめ、2人で「四ケ村の棚田」やブナ林、朝市、祭りなどを撮影。村に入り込み、村民や湯治客の自然な表情をとらえていった。
 15年の「ぼく2才です」では、旅館の縁側に座る女性4……

オンライン会議にも使える!Vlogにおすすめのカメラ&スタビライザー7選

2021/05/02 10:30
@DIME記事の中からVLOGにおすすめのカメラに関する記事5本を厳選して紹介。
VLOG〈カメラ〉テレワークやライブ配信を超高画質化!ミラーレスカメラをWebカメラとして活用する方法
テレワークの心臓部となるのがWebカメラである。同じ解像度でもカメラによって画質の差はハッキリ現れる。YouTuberの動画配信にも欠かせないWebカメラにデジカメメーカー各社も注目。先陣をきったのがSIGMA「fp」である。小型軽量のフルサイズミラーレスで動画配信にも対応した。続いてCanonが最近発売された複数の一眼レフとミラーレスのEOSに対応した「EOS Webcam Utility Beta」をCanonU.S.A.にて公開して、自社のデジタルカメラのWebカメラ化を果たした。
【参考】https://dime.jp/genre/923035/
これさえあれば何でもできる!?Vlog入門機におすすめのパナソニックの万能コンパクトミラーレス「LUMIX DC-G100」
ここ最近、注目されているキーワード「Vlog」をご存じだろうか?「Vlog(ブイログ)」とは、一般的に日々の出来事を文章ではなく、動画として発信するブログのことをいう。スマホの普及、ブロードバンド回線の発達、そして、YouTuberをはじめとした動画配信者の隆盛によって、脚光……

プロが使う本当に使えるカメラは?連載“私と愛機”まとめ

2021/05/02 10:01
IMA 2021 Spring/Summer Vol.35 2021年4月30日発売
ミレニアルズからZ世代へ 写真家たちの未来 既存の価値観を覆し、新しいムーブメントを起こすのは、いつも若い世代と決まっている。2020年代のいま、世界中がコロナという未曾有の脅威に疲弊する中で、国家間の緊張関係や、根深い差別から目を背けることなく、ブラックライブスマター、ジェンダーギャップ、あるいは環境問題に声を上げている。香港、ミャンマーを始めとする政治運動を牽引しているのもミレニアルズからZ世代といわれる。人口の大多数を占める彼らは、ポストデジタルで、ソーシャルネットワークネイティブとしての圧倒的な発言力を持つ。写真表現のジャンルでも明らかな存在感を示し始めた若い才能たちの静かなる主張を、ここに集めた。

前モデルから何が変わった? 写真で解説する「Xperia 1 III」「Xperia 10 III」(1/2 ページ)

2021/05/02 10:00
関連記事可変式望遠レンズだけじゃない 「Xperia 1 III」のカメラはココが変わった
ソニーのフラグシップモデル「Xperia 1 III」はカメラが大きく強化された。焦点距離を70mmか105mmに切り替えられる可変式望遠レンズを搭載。AI超解像ズームとリアルタイムトラッキングAFにも期待したい。ソニーが「Xperia 1 III」発表 可変式の望遠カメラや120Hz駆動ディスプレイを搭載
ソニーが「Xperia 1 III」を2021年初夏以降、日本を含む国と地域で発売する。背面には1200万画素の広角レンズと超広角レンズに加え、新たに可変式望遠レンズを搭載している。6.5型の4K有機ELディスプレイは、120Hz駆動に進化した。ドコモが「Xperia 1 III」と「Xperia 10 III」の予約を開始 スペックも公開
NTTドコモが、4月16日午前10時に「Xperia 1 III SO-51B」と「Xperia 10 III SO-52B」の事前予約を開始した。Xperia 1 IIIの5G通信速度は下り最大4.2Gbps、上り最大480Mbps。Xperia 10 IIIはドコモオンラインショップ限定カラーとしてイエローを用意している。Xperia 1 IIとは何が違う? 写真で解説するプロ向け「Xperia PRO」……

画質を追求したミニマムカメラ、シグマ「fp L」 便利で遊べる新機能も

2021/05/02 07:00
 fpが約2460万画素だったのに対し、fp Lは約6100万画素。大ざっぱにいって2.5倍に増えたのである。この差はでかい。画質追求型fpといっていいかも。
fp Lはシステムアップして使うミニマムカメラだ シグマfp/fp Lはフルサイズセンサー搭載のミラーレス一眼の最小最軽量を誇る四角くてゴロンとしたボディが目立つのでそのままスナップ用カメラとして最適じゃないかと思われがちなのだけど、それはちょっと違うのである。違わないのだけど違う。
 なんというかボディが小さくて四角いのはそれが「ミニマムカメラ」だから。ボディはミニマムにして、あとは使う人が自分が使いやすいように組んでいくミニマムカメラなのだ。

【ラグビー×AIカメラ】スポーツの試合撮影と編集はAIで自動化 ドコモレッドハリケーンズがNTTSportictのA…

2021/05/02 04:53
AI自動スポーツ撮影ソリューションについて同社が取り扱うAI ソリューションの中心となるのは、Pixellot Ltd.(本社:イスラエル)が開発した無人撮影カメラで、AIによる自動撮影や編集機能を備えている。スタジアムなどの競技施設に設置することで、撮影コストを約10分の1に抑えることができる。また、動画の再生前に広告動画を自動挿入することも可能だ。
「Pixellot」は現在、サッカー、バスケットボール、ラグビー、アメリカンフットボール、バレーボールなど 14 競技の撮影に対応しており、「オートプロダクション」モードでは、本物のカメラマンが撮影しているかのような、自然なカメラワークになる。また、通常のAI撮影と合わせて、同時にパノラマでピッチ全体の映像も撮影されるため、撮影した映像を既存のコーチングシステムへ直接流し込むことで、ファイル変換などの手間をかけずにチームの練習、選手へのフィードバックや分析に活用することができる。