これぞ一眼レフ ペンタックス K-3 III で味わうファインダーをのぞく楽しさ

これぞ一眼レフ ペンタックス「K-3 III」で味わうファインダーをのぞく楽しさ

2021/05/16 07:00
 業界全体がミラーレス一眼へシフトする中、一眼レフオンリーなのがPENTAX……といっても、PENTAXはミラーレス一眼を手がけてないというとウソになるので注意なのだが(マークニューソンデザインのユニークな『K-01』やコンパクトデジカメ用の小さなセンサーを搭載した『PENTAX Q』があった)、ミラーレス一眼へシフトしない唯一のカメラブランドといって過言じゃない。
 そんなPENTAXが新たに開発したデジタル一眼レフはどんなカメラなのか。
 簡単にいえば、デジタルならではの機能を遠慮なく詰めこみつつ、一眼レフらしさをより進化させたカメラだったのだった。
デジタル一眼レフを追求したK-3 III K-3 IIIはAPS-Cサイズセンサーを搭載したハイエンドのデジタル一眼レフカメラ。いや、ハイエンド機というよりは、印象としては個性的な「基幹一眼レフ」。
 そもそもKシリーズ自体が個性的なのでその辺の話も踏まえつつ見ていきたい。
 まずボディは防塵防滴耐寒の頑丈さ。
 イメージセンサーの画素数は2573万画素。PENTAXなので伝統のセンサーシフト式のボディ内手ブレ補正を持つ。
 質実剛健的頑丈さとボディ内手ブレ補正はKシリーズの特徴だ。