新型ホンダ・ヴェゼルのACCをロングドライブと渋滞で…|Xiaomi 独自のスマートグラスを発表 カメラ デ…|iPhone 13 Proはカメラのみならず 体験レ…

新型ホンダ・ヴェゼルのACCをロングドライブと渋滞で試す 先代よりどれくらい良い?(MotorFan)

2021/09/19 10:12
新型ホンダ・ヴェゼルのACCをロングドライブと渋滞で試す 先代よりどれくらい良い?(MotorFan) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

Xiaomi、独自のスマートグラスを発表。カメラ、ディスプレイも搭載

2021/09/19 07:29
Xiaomiは9月14日、スマートウェアラブルデバイス「Xiaomi Smart Glasses」を発表しました。スマートグラスは、直近ではFacebookも発表していますが、単にカメラやスピーカーを搭載しているだけではなく、Xiaomiの製品はディスプレイも搭載します。
この手のスマートグラスでは、レンズ部分に映像を反射させたり、網膜に投影させたりといったものが増えていますが、Xiaomi Smart Glassesは右側レンズ部分にディスプレイそのものを内蔵します。OLED同様に素子が個別に発光するMicroLEDイメージング技術を採用。OLEDよりも長寿命でありながら、より高い画素密度を実現できるとしています。
ディスプレイチップのサイズはわずかに2.4mmx2.02mmで、ピクセルサイズは4μm。この極小サイズを実現したことで、メガネのツルに収納が可能になったとしています。ただし、カラー表示はできず、単色表示となります。これは、光が複雑な光学構造を透過できるよう、つまり、ディスプレイ越しでも十分に明るい視界を確保するためとのことです。

iPhone 13 Proはカメラのみならず。体験レベルを引き上げる新OLEDディスプレイ(本田雅一)

2021/09/19 07:04
iPhone 13/13 Proが発表されました。今年も予定通りに新しい高性能SoCが採用され、新しいSoCのパワフルな演算能力でカメラが進化しているようです。なんだか既視感があるな? と思っている方もいるでしょうが、発表イベントではバッテリー持続時間が伸びていることも強く訴求していましたよね。
バッテリー持ちが良くなった理由について、Appleはバッテリーに割り当てる容積を増やしてそもそものバッテリー容量が増加していることと、A15 Bionicの省電力性能が高くなっていることなどを挙げています。
しかし、どこまで貢献しているかは条件に依存するため評価が難しいものの、LTPOという新しいプロセスで生産されているOLED基板もかなり貢献しているはずです。
この技術は120Hzという高リフレッシュレートを実現するPro Motionや、ピーク値ではない画面全体の明るさを1000nitsまで高めることができたディスプレイの最大輝度にも関連しています。バッテリー持続時間への寄与の度合いは動作条件に依存しますが、iPhone 13 Proという端末全体の体験レベルを引き上げていることは間違いありません。
Apple Watchで導入された技術がiPhone 13 Proに
LTPOはOLEDや液晶を駆動するための基板に薄膜トランジスタを形成……