F1技術解説:ベルギーで新導入されたヘルメットカメラ…|世界の眼底市場は 2021年~2027年の予測期間中…|アルカ互換クイックシューを搭載した軽量ビデオカメラ …|他

F1技術解説:ベルギーで新導入されたヘルメットカメラ『ドライバーズ・アイ』

2021/09/20 11:17
 2021年F1第12戦ベルギーGP、第13戦オランダGP、第14戦イタリアGPの3連戦で各チームが走らせたマシンを、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが観察、印象に残った点について解説する。今回は、ベルギーで初めて導入されたヘルメットカメラ『ドライバーズ・アイ』を取り上げる。
────────────────────────────
 F1ベルギーGPでのフェルナンド・アロンソに続き、イタリアGPではジョージ・ラッセルのヘルメットに超小型カメラが搭載された。そのユニークで迫力ある映像を、TV中継でご覧になった方も多いことだろう。

世界の眼底市場は、2021年~2027年の予測期間中、CAGR 4.3%で成長すると予測される

2021/09/20 11:00
眼底カメラは、眼球内部の画像を撮影することができます。角度の変化、カラー、レッドフリー画像、アンギオグラフィ撮影などが特徴です。眼底カメラは、専用の低出力顕微鏡にカメラを取り付けたもので、眼球内部を撮影することができます。これらの画像は、いくつかの異なるタイプの眼疾患の診断と治療に役立ちます。この市場には様々なプレイヤーやバイヤーが存在し、完璧な競争環境となっています。眼底カメラメーカーは、価格、製品の革新性、品質などの面で競争しています。
レポートの範囲を確認するためのリクエスト:https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC310
人口の増加に伴い、糖尿病性網膜症、白内障、結膜炎、網膜変性疾患、加齢性黄斑変性症などが増加しています。さらに、子どもたちは、緑内障、結膜炎、夜盲症などの目の疾患にかかりやすくなっています。目の病気は、視力を低下させることで、その人の生活の質に大きな影響を与えます。
見ることの問題は、貧血、聴覚障害に次いで3番目に多い障害です。ScienceDirectによると、2020年までに全世界で約3,850万人が失明すると言われています。発展途上国で見られるもう一つの一般的な目の障害は白内障です。これは、資格を持った医……

アルカ互換クイックシューを搭載した軽量ビデオカメラ、一眼動画に対応するビデオ雲台「SVH-501」:時事ドットコム

2021/09/20 09:46
アルカ互換クイックシューを搭載した軽量ビデオカメラ、一眼動画に対応するビデオ雲台「SVH-501」:時事ドットコム  時事通信

リコーGR IIIx登場でわかった40mmレンズの魅力と使い方

2021/09/20 09:00
先に述べたように、40mmのレンズはフィルムコンパクトカメラに多く採用されており、私的にも昔から馴染みのある画角だったので、リコーGR IIIxを実際に使うまでは、さほど新鮮味はないのではないかと考えていました、ところが使い始めてみると、筆者にはカラダに合う画角であると再認識しました。
筆者は本来35mmレンズマニアですから、35mmの画角にずっと慣れ親しんできたわけで、28mm画角のGR IIIを手にした時は意識的に“一歩寄らねばならない”という感覚で被写体に接してきたところがあります。リコーGRにはフィルム時代から28mmの画角でゆくのだという絶対的な思想があり、こちらもそれを前提としてこれまでおつき合いをしてきたわけです。
GR IIIの28mm画角を使いこなすためには、アングルや絞りの設定で広角レンズのクセを抑制して撮影することがコツなのではないかと考えていました。いかにも広角レンズで撮りましたという写真になるのを避けるためです。それにGR IIIに搭載されたレンズは実焦点距離18.3mm F2.8ですから開放絞りでも被写界深度はそれなりに深く、中庸な撮影距離ですと、すぐにパンフォーカス的な表現になります。
優れた写真は、写真から撮影レンズの画角や焦点距離が認識しづらいことがあります。Exifを確認しないと使用レンズの焦点距……