F1チーム バイザーカメラによるダッシュボードの機密…|SIGMA fp Lと半年暮らして体感した L の意味|虫取り網で防カメ“目隠し”200万円希少バイク窃盗(…|他

F1チーム、バイザーカメラによるダッシュボードの機密データ漏洩を懸念

2021/09/20 17:15
ウィリアムズF1の車両パフォーマンス責任者を務めるデイブ・ロブソンは、F1の新しいヘルメットカメラを介して共有されるデータは“理想的ではない”と説明する。
F1ベルギーGPでフェルナンド・アロンソのヘルメット内に搭載された新しいヘルメットカメラが映し出す光景はファンから絶賛された。F1イタリアGPではジョージ・ラッセルにヘルメットカメラが搭載され、ファンにモンツァのドライバーズアイビューを提供した。
ファンの間では人気のあるヘルメットカメラだが、F1チームは他チームが利用できるダッシュボードのリアルタイムの機密データが公開されることに懸念を示している。
フォーミュラEでは、ダッシュボードのチームの情報を保護するために、ヘルメットカメラを介して放送するときに画面の下半分にデジタルでモザイク処理が入れられる。
「我々の観点からすると、それは理想的ではないと思う」とデイブ・ロブソンは語った。
「だが、繰り返しになりますが、人々の関心を引いて、面白いと思ってもらえるなら、それはすべてスポーツの一部だ」
「私ならあの位置にカメラは置かないだろうが、人々がそのようなビューが好きであるなら、問題はないと思う」
モンツァでの映像は、ウィリアムズのF1ドライバーにとっての困難さを浮き彫りにしました。ウィリアムズF1は、唯一、ダッシュボード……

SIGMA fp Lと半年暮らして体感した「L」の意味

2021/09/20 13:36
2021年4月16日に SIGMA fp L が登場してから半年が経とうとしている。この半年の間じっくりと fp L で撮影を行ったので、このカメラでどんな写真が撮れたのか改めてお伝えしようと思う。言葉で伝えれば fp L はどんな場面でも写真を楽しむ上でいい相棒だった。自由で写真が楽しい、そう感じたカメラだ。
SIGMA fp L(Amazon)以前にもレビューをした Iシリーズレンズの3本や先日発表された24mm F2 DG DN、90mm F2.8 DG DNといったミラーレスフルサイズセンサーカメラに最適化されたラインが充実してきており、今後もレンズラインナップの拡充が予定されている様で写真を楽しむ選択肢が広がりそうだ。今後も楽しみが約束されているのは嬉しい限りである。
特に Iシリーズレンズを付けた fp/fp L の佇まいは質感、手触り、感触は得も言われぬ高揚感を与えてくれる。プロダクトとしても「Made in Aizu」で培ってきた金属削り出しの技術が詰め込まれた伝統工芸品と言いたくなるほどのクオリティで、ファッションとして持ち歩きたくなる感覚は fp/fp L に触れたことがある人は共感してくれるだろう。
fp L 自体の特徴については下記のファーストインプレッションで記しているので、今回は実際に半年間一緒に過ごしてどんな写真が……

虫取り網で防カメ“目隠し”200万円希少バイク窃盗(テレビ朝日系(ANN))

2021/09/20 12:22
虫取り網で防カメ“目隠し”200万円希少バイク窃盗(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

引っ越し作業中のトラック狙い…カメラに窃盗の瞬間(テレビ朝日系(ANN))

2021/09/20 12:16
引っ越し作業中のトラック狙い…カメラに窃盗の瞬間(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

Webカメラのおすすめ5選。解像度、フレームレート、画角が選定ポイント。オンライン会議映えを目指すなら買っておきたい

2021/09/20 12:00
テレワークや動画配信に欠かせないのがWebカメラです。スマホやPCに内蔵されているもので構わないと思う人もいるかもしれませんが、“カメラ映え”が少しでも気になるならWebカメラを別に用意したほうがよいでしょう。解像度はもちろんのこと、無駄に鼻の穴を強調するような角度ではなく、自分をよく見せる角度にカメラを調整することもできるからです。
Webカメラ(Amazon)
Webカメラを選ぶ際のポイントはいくつかありますが、Web会議にのみ使うのか、それとも動画配信などでも使うのか、といった用途によっても異なります。Web会議の場合、使うツールによって解像度の制限があるほか、相手の通信環境によってフレームレート(fps)や表示画素数などが小さく(悪く)なり、思ったような映像を送れないかもしれません。そのため、フルHD(1920×1080)の解像度、30fpsのフレームレート程度あれば問題ないでしょう。
しかし、YouTubeなどの動画配信であれば、高解像度で視聴できる人が少なからずいることが想定できるので、解像度もフレームレートも高めのものが欲しくなります。
画角にも注意したいところです。会議室にいる複数人がすべて画面内に収まりたいのであれば、120°程度の広角のほうがよいですが、テレワークかつ自室で行なうのであれば自分ひとり写れば充分。むしろ、……