一眼レフ(SLR)カメラ市場のグローバルな洞察とトレ…|カメラと写真・映像のワールドプレミアショーCP (シ…|Galaxy S21 UltraとiPhone13 …|他

一眼レフ(SLR)カメラ市場のグローバルな洞察とトレンド2017年から2027年

2021/10/11 22:18
一眼レフ(SLR)カメラ 市場レポートは、現在の状況における市場に関する詳細情報とデータを提供する、ローカルおよびグローバル市場のソートされた分析です。このレポートは、企業がROI(投資収益率)を最適化できるように、ResearchInsightsによってまとめられました。
このレポート一眼レフ(SLR)カメラ市場は、市場全体のようなビジネスを推進する重要なパラメーター、ポリシーなどの経済関連要因、市場セグメントの収益創出範囲、リソースコストなどを調査しました。
サンプルコピーを要求します。  
https://www.theresearchinsights.com/request_sample.php?id=420800&mode=ab
レポートは、市場の競争力のある風景と市場の主要ベンダー/主要プレーヤーの対応する詳細な分析を提示します。
トップ企業:- グローバル一眼レフ(SLR)カメラ市場:キヤノン、ニコン、ソニー、ペンタックス、オリンパス、フジフィルム、パナソニック、サムスン、ハッセルブラッド、ライカ、シグマその他。
製品タイプとアプリケーションによって分割された世界的な一眼レフ(SLR)カメラ市場
このレポートは、タイプに基づいて一眼レフ(SLR)カメラ市場をセグメント化します:-
タイプ別
エン……

カメラと写真・映像のワールドプレミアショーCP (シーピープラス)2022出展募集中!! 10月20日(水)まで

2021/10/11 21:40
一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)[代表理事会長:石塚茂樹所在地:港区芝浦3-8-10 MA 芝浦ビル]は、カメラと写真・映像のワールドプレミアショー「CP (シーピープラス) 2022」を、リアル展とオンライン展のハイブリッド方式で2022年2 月に開催します。 ただいま出展募集中です。
CP (シーピープラス)は、最新の映像機器製品や技術、サービスを紹介し、映像機器産業の未来と写真・映像文化の楽しみや広がりを伝える世界最大級のショーとして、今後も引き続き、日本から世界へ情報発信して参りますので、なにとぞご協力賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
【CP 2022 イベント概要】
名  称:CP (シーピープラス)2022
開催日程:リアル展:2022年2月24日(木)~27日(日)
オンライン展:2022年2月22日(火)~27日(日)(2月22日、23日はプレ・イベント)
開催場所:リアル展:パシフィコ横浜
オンライン展:https://www.cpplus.jp/
入  場:無料(完全予約制)
主  催:一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)
後  援:経済産業省/観光庁/神奈川県/横浜市/横浜商工会議所/日本貿易振興機構(JETRO)(予定)
主な出展分野:カメラ、……

Galaxy S21 UltraとiPhone13 Pro Maxのカメラ画質を比較

2021/10/11 19:16
Galaxy S21 Ultraのほうが良いとの意見が多数?リーカーのIce Universe氏(@UniverseIce)は、2021年1月にリリースされたSamsung Galaxy S21 Ultraと、先日発売となったばかりのiPhone13 Pro Maxのカメラ性能を比べました。
S21 Ultra vs iPhone 13 Pro Max pic.twitter.com/Tsr5Vw9r7a
— Ice universe (@UniverseIce) October 10, 2021
様々な意見が見かけられますが、全体的に見てGalaxy S21 Ultraのほうが良いというユーザーが多いようです。
同氏は、夕方に撮影した比較画像も投稿しています。1番目と3番目がS21 Ultra、2番目と4番目がiPhone13 Pro Maxです。
1、3 S21 Ultra
2、4 iPhone 13 Pro Max pic.twitter.com/919ldvUPAI
— Ice universe (@UniverseIce) October 10, 2021
こちらの比較でも、S21 Ultraのほうがより明るくクリアに写っており、Instagramなどに直接投稿しやすい、との意見が目立っています。
……

厳島神社「大鳥居」修理現場にカメラが潜入 際立つ職人技 広島・宮島

2021/10/11 18:35
続いては宮島のシンボル厳島神社の「大鳥居」。いまも続く大規模修理現場に再びTSSのカメラが入りました。そこでみた”職人の技”とは…。
工事用のネットに覆われてから2年3か月…。熟練の職人たちが修理を続けています。
【野川アナ】先月21日
「宮島・厳島神社の大鳥居が見えてきました。外からは少しシルエットが見えるかなという状態です」
70年ぶりの大規模修理工事が進む厳島神社の大鳥居…。鳥居の柱が海底に刺さっているわけではなく、東西に置かれた楠の主柱2本とその前後に4本配置された杉の袖柱のあわせて6本の柱が浅瀬に置かれ、その重みで動かない構造になっています。
今年8月には大鳥居を支えていた重しである「鎮石(しずめいし)」およそ4トンを取り出し、一つ一つ丁寧に洗う洗い清め行事が行われ、先月、その石は再び大鳥居の屋根の下にある箱状の「島木(しまぎ)」の中に収められました。
【木村アナ】
「きょうは屋根や主柱を中心に作業が行われているということですが、どのくらい進んでいるのか取材させていただきます」
階段を登ると太い柱を前にローラーを使って手作業で何かを塗る職人の姿が…。
【厳島神社・原島誠 技師】
「耐震補強、地震に強いように炭素繊維を用いて補強する作業。黒いのが炭素繊維で、塗っているのはそれを定着させるための樹……

ユピテル、新型360°&リアカメラドラレコ発売…あおり運転対策を強化

2021/10/11 18:15
ユピテルは、前後・左右・車内を記録できるドライブレコーダー「marumie(マルミエ)」シリーズの最新モデル「Q-31R(カー用品量販店モデル)」「ZQ-31R(カーディーラー専売モデル)」を10月13日より発売する。
新製品は、360°フロントカメラとリアカメラをセットにしたドライブレコーダー「Q-30R」「ZQ-30R」の後継モデルだ。好評だった広範囲の記録性能はそのままに、新たにあおり運転の対策機能や、安全運転サポート機能を搭載。また画質性能にもさらなるチューニングを施し、従来機以上に明るく記録可能とし、日中はもちろん夜間での視認性を高めた。
新製品は、水平360°・垂直240°のフロントカメラで、車両の全周囲を記録する。前方はもちろん、通常のカメラでは死角となる左右や車内まで記録。バイクや自転車などのすり抜けによる当て逃げや、駐車中の車上荒らしまで、360°カメラならではの広範囲記録で撮り逃しを防ぐ。また360°カメラ単体では記録しきれない車両後方は、リアカメラがしっかり記録。200万画素のフルHD高画質で、後続車のナンバーなど識別性が求められる箇所も鮮明に。後方からのあおり運転対策に効果を発揮する。
また、後方車の異常接近を自動で検知し、ドライバーにあおり車両の存在をいち早く知らせる新機能を搭載する。映像は専用フォルダに自動保存。記録……

iPhone14 Proのパンチホールカメラは横長になる?イメージ画像が公開

2021/10/11 18:00
リーカーのベンジャミン・ジェスキン氏が、パンチホールカメラを採用すると噂のiPhone14 Proのイメージ画像を制作、Twitterに投稿しました。
iPhone14 Proのフロントカメラのデザインはどうなる?iPhone14 Proシリーズのフロントカメラはパンチホールデザインになると、アナリストのミンチー・クオ氏やリーカーのジョン・プロッサー氏が予想しています。
プロッサー氏はディスプレイ上部中央に1つだけ穴のあるパンチホールカメラデザインのイメージ画像を公開していました。
最近になり、iPhone14 Proシリーズのフロントカメラはパンチホールデザインだが、穴は1つではなく2つという予想が増えています。
ジェスキン氏はあくまでもコンセプトデザインだがとし、横長のパンチホール1つのイメージ画像を投稿しました。
Here’s how I would like #iPhone14Pro to look like
*This is an original concept, not based on any actual or undisclosed Apple product pic.twitter.com/mk90ipPZ6L
— Ben Geskin (@BenGeskin) October 9, 2021