DJI 年末にかけて新製品を3つ投入 その気になる新…|ソニー 一部のカメラやレンズで供給に遅れ|世界のクローラーカメラシステム市場は 2027年まで…

DJI、年末にかけて新製品を3つ投入。その気になる新製品とは?噂のシネマカメラ、Action 2、Mavic3?ティ…

2021/10/12 22:09
DJIサイトで新製品発表のティザーが加わった。今回はなんと3つの製品が登場するようだ。それにしても2021年は新製品リリースが多い!
ティザーサイトには3つの意味深なアイコンが並び、それぞれ10月20日、10月27日、11月5日と発表の日が記されている。果たして新製品は何だろうか?少し紐解いてみたい。
まず一つ目のRECのアイコンは万国共通で録画ボタンであることから、噂されているシネマカメラではないかと推測される。
二つ目は、パノラマ撮影のメタファーで、バージョンアップが待たれるAction 2ではないかと予想される。3つめは、このインジケータは、DJIドローンのバッテリー部分からいよいよMavic 3の登場ではないかと思われる。
この3製品を上から並べると1、2、3と数字が揃う。今のラインアップでアップデートされていない機種を考えてみると自ずから見えてくる。
何が出るのか予想が広がるが、まずは10月20日から始まる発表ラッシュが楽しみだ!とにかくDJIから目が離せない。

ソニー、一部のカメラやレンズで供給に遅れ

2021/10/12 18:25
ソニーは10月12日、「デジタルイメージング商品の供給に関するお知らせとお詫び」と題したページを公開し、デジタル一眼カメラや交換レンズ、プロフェッショナルカムコーダの一部製品で供給に時間がかかる場合があると明らかにした。
供給に遅れが出始めたVlog向け一眼カメラ「ZV-E10」
世界的な半導体不足などによる影響で部品の調達が遅延し、一部のデジタルイメージング製品の生産が遅れている。出荷まで時間がかかる恐れがあるという製品は以下の通り。
デジタル一眼カメラ

世界のクローラーカメラシステム市場は、2027年まで年平均成長率8.5%で成長する見込み

2021/10/12 18:00
世界のクローラーカメラシステム市場は、2027年までに3億1238万米ドルに達する見込みです。
レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください:https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bw2846
市場の概要:
世界のクローラーカメラシステム市場は、2020年に約1億7,647万米ドルと評価され、2021年から2027年の予測期間に8.5%以上の健全な成長率で推移すると予想されています。クローラーカメラシステムは、携帯型のビデオ検査システムで、鮮明な画像で信頼性の高い正確なデータを提供します。パイプライン評価に対する政府の取り組みの高まり、製品の技術的進歩、下水道管理システムの絶え間ない上昇が市場の成長を促進しています。例えば、2018年2月にEnvirosight社は、Rovver X下水道クローラー用のVC500コントローラを発売しました。このコントローラーは、オペレーターがPACPに準拠した検査を構築し、それをワイヤレスでクラウドにアップロードすることを可能にします。さらに、民間プレーヤーによる投資の増加や磁気クローラーの採用が、今後数年間の需要を押し上げると予想されています。例えば、2019年2月、Eddyfi Tech……