グローバルカメラバッグに関する市場レポート|ちょっぴりレトロでポップなお菓子デザイン!サンエック…|銘匠光学 Lマウント用の大口径中望遠レンズ TTAr…|他

グローバルカメラバッグに関する市場レポート

2022/06/06 11:52
2022年6月6日に、「グローバルカメラバッグに関する市場レポート, 2017年-2028年の推移と予測、会社別、地域別、製品別、アプリケーション別の情報」の調査資料を発表しました。カメラバッグの市場生産能力、生産量、販売量、売上高、価格及び今後の動向を説明します。世界と中国市場の主要メーカーの製品特徴、製品規格、価格、販売収入及び世界と中国市場の主要メーカーの市場シェアを重点的に分析する。過去データは2017年から2021年まで、予測データは2022年から2028年までです。
QYResearch(QYリサーチ)は市場調査レポート、リサーチレポート、F/S、委託調査、IPOコンサル、事業計画書などの業務を行い、お客様のグローバルビジネス、新ビジネスに役に立つ情報やデータをご提供致します。また、日本の皆様へのサービスをより一層充実するために、日本の現地法人を設けています。
■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
リンク
市場分析と見通し:世界のカメラバッグ市場
コロナ禍によって、カメラバッグ(Camera Bags)の世界市場規模は2021年に 百万米ドルと予測され、2028年まで、%の年間平均成長率(CARG)で成長し、 百万米ドルの市場規模になると予測されています。
カメラバッグ の世界の主要メーカーには、TENBA,……

ちょっぴりレトロでポップなお菓子デザイン!サンエックス「リラックマと遊園地」テーマグッズ

2022/06/06 10:12
ちょっぴりレトロでポップなお菓子デザイン!サンエックス「リラックマと遊園地」テーマグッズ  ニフティニュース

銘匠光学、Lマウント用の大口径中望遠レンズ「TTArtisan 50mm f/1.2 C シルバー」発売

2022/06/06 08:20
TTArtisan 50mm f/1.2 Cは、開放F値1.2の大口径でありながらコンパクトに設計されたAPS-Cセンサー対応の中望遠レンズです。美しいボケ味を生かしたポートレート撮影や、夜景などの光量の足りない場面で活躍するレンズです。絞りリングの操作は心地よいクリック感があり、外装はアルミニウム合金製で上質な仕上がりとなっています。
TTArtisan 50mm f/1.2 Cは、今回発売のLマウント用と、既に発売済みのソニーE、富士フイルムX、マイクロフォーサーズ、キヤノンEF-M、ニコンZ用と合わせ、全6種となります。
レンズ構成/MTF図5群7枚(高屈折低分散レンズ3枚)
仕様 対応レンズマウント:L(ライカ・パナソニック・シグマ) 焦点距離:50mm(35mm判換算:76mm相当) フォーカス:MF(マニュアルフォーカス) レンズ構成:5群7枚 対応撮像画面サイズ:APS-C 最短撮影距離:約0.5m 絞り:F1.2-F16 絞り羽根:10枚 フィルター径:52mm サイズ:約 Φ62mm×55mm(マウント部除く) 質量:約335g
サンプル
more sample↓
http://stkb.co.jp/info/?page_id=15888
▼ 商品ページ
[ 焦点工房オンラインストア ]
h……

カメラをお気に入り設定で着替える。内田ユキオ流“GR活用術”

2022/06/06 07:00
ミラーレスであれ一眼レフであれ、レンズ交換式カメラの魅力は「被写体に合わせてレンズを交換できる」ところにあります。また、デジタルカメラの多機能化と豊富なメニューにより、撮影シーンに応じて設定をさらに最適化できるようになりました。28mm単焦点でスナップを撮る人と、大口径の85mmでポートレートを撮る人、70-200mmでスポーツを撮る人とでは、同じカメラであっても設定は違うもの。フィルム時代の感覚では、別のカメラと言っていいほどです。
そんな時代にRICOH GRシリーズはレンズ一体型(28mmの画角。歴代でGR21のみ21mm)のスタイルを貫き、シンプルだからこそ感じられる楽しさや喜びによって根強いファンに支持されています。ナイフや筆記用具のようだと言われますが、どう扱うかは使い手次第、生み出すものもそれぞれ。それでも「28mmだけでは撮り切れないものがある」というユーザーに向けて焦点距離40mm相当のGR IIIxが発売されました。焦点距離の異なる2台が選べるようになったことで、使い分けの喜びが加わり、可能性が広がりました。そこで、提案したい使い方があります。

3年限定 心響く作品展

2022/06/06 05:00
 「pieni onni(ピエニ・オンニ)」は、フィンランド語で「小さな幸せ」を意味し、「座右の銘」でもある。その名を冠したフォトギャラリーを2020年7月、岐阜市清住町のビルの1階に開設した。約50平方メートルの空間で、写真を通して多くの仲間と感動を分かち合ってきた。
 公募展「山と風景」が今月5日で終了。すぐに11日に開幕する次の写真展の準備が始まる。
 「3年間限定で、全力を振り絞ってやろうと決めています。心に響く、ひたむきな作品を紹介していきたい」と、意欲を燃やす。
          ◆
 栃木県生まれ。学生時代は東京で暮らし、夫の仕事の関係で31年前に岐阜市に転居し、3人の子どもを育てた。
 写真との出会いは40歳代になってから。カメラ好きの友人に誘われ、「どうせなら」と30万円台の一眼レフを買い込んだ。「めちゃくちゃきれいに撮れる」と、写真にのめり込み、52歳から2年間、写真の専門学校で基礎から学び直した。その後は文化センターや岐阜市内に設けた教室で、写真の指導をする傍ら、写真家として主に人物をテーマとした撮影を続けてきた。
 ギャラリー開設は、「岐阜市には私がイメージするギャラリーがない」と感じたのがきっかけ。「公共施設を借りれば、期間中だれかが詰める必要があり、働いている人たちには難しい。写真クラブに所属して……