オオタカとカワセミを激写!ニコン Z9 +800mm…|“モデル”良すぎだ! 細川直美 夫・葛山信吾が撮影し…|アートと AI顔認証サーマルカメラ と 入退室管理 …|他

オオタカとカワセミを激写!ニコン「Z9」+800mm VS キヤノン「EOS R3」+1200mm、超望遠カメラレン…

2022/06/07 20:20
■連載/ゴン川野の阿佐ヶ谷レンズ研究所
1200mmで240万円の超ド級望遠レンズ■Nikon編はこちら
Canonがフルサイズミラーレス用に発売した超望遠レンズが「RF1200mm F8 L IS USM」と「RF800mm F5.6 L IS USM」である。実用性で考えれば800mmとテレコンの組み合わせだが、最強超望遠を使ってみたいので、今回は1200mmと1.4倍と2倍のテレコンを借用した。開放絞り値はF8のため、テレコンで2400mmにするとF16と暗くなり、これまた使い処が難しそうである。Nikonの800mmと合わせて、オオタカとカワセミを撮影、同時に同じ被写体を狙うため写真家、小平尚典氏に協力してもらった。使用ボディはEOS R3で1200mmは基本、一脚を使って撮影した。
長さ537mm、重さ約3340gで専用フードを付けるとさらに迫力のある外観になる。
鏡胴には手ブレ補正の切り替え、ON/OFF、フォーカスプリセットボタンなどが並ぶ
オオタカはEXTENDER RF1.4xを使って1680mmで撮影オオタカは巣までの距離が遠いため1.4倍のテレコンを使用、これで焦点距離は1680mmになり、NIKKOR Z800mmに2倍のテレコンを付けた1600mmとほぼ同じになった。開放絞り値はF11になる。ボディの連写性……

“モデル”良すぎだ! 細川直美、夫・葛山信吾が撮影したポートレートが愛情いっぱい「ご夫婦の幸せ感が伝わってきます」

2022/06/07 20:20
関連記事「こんな美しいお母さん自慢」「やっぱり素敵」 細川直美&葛山信吾、長女の高校卒業式で“絵になる夫婦”ショット
おめでとうございます!細川直美、新大学生の18歳長女と仲よし親子ショット「雰囲気よく似てる」「美しいお母さん」
細川さん「新しい環境にちょっと緊張気味の娘だけど頑張れーっ」細川直美&マルシア、同期デビュー組の30年ぶり再会ショットに反響 「美魔女」「変わらずお綺麗」
同期だったんだ!「変わらない美しさ」「可愛いママ羨ましい」 井川遥、細川直美、新山千春ら“美人ママ”の卒業式コーデに注目集まる
井川さん本当カワイイな……。あのころみんな若かった! 萬田久子、細川直美、森口博子ら、“20歳”の振袖姿が初々しい美人ぞろい
モト冬樹さんも20代の姿を公開。北川景子、綾野剛が撮影したソロショットが“全て奇跡の1枚” 「史上最強に綺麗」「心が洗われる」とファンほれぼれ
ただただ見とれてしまう。「世界一可愛い」「美しすぎん?」 綾野剛にしか撮れない石原さとみの美人ショットが完全に2人だけの世界
「恋はDeepに」カップルだ!「この1枚は嬉しいな」 高橋真麻、夫が撮影した愛娘とのレアショットに感激 ファンも「こんな真麻さん撮れる人はいない」
夫婦ならではの距離の近さよ。関連リンク細川直美オフィシャルブログ細川直美Instagram

アートと「AI顔認証サーマルカメラ」と「入退室管理」の一元管理システム(データスコープ)

2022/06/07 19:41
2022年6月7日19:41
画像認証AIベンチャー企業であるデータスコープは、入退室管理専門メーカーのアートと業務提携契約を締結し、データスコープの「顔認証・温度検知端末 Face FC(フェイスエフシー)」とアートの「入退室管理システムX-LINE(エックスライン)」を一元管理する統合セキュリティシステムを全国に販売すると発表した。
システム構成:入退室管理+顔認証・温度検知端末連携システム「X-LINE+Face FC」(データスコープ)従来、「Face FC」と「X-LINE」は別々のシステムとして導入されていたが、今回の業務提携により2システムを統合システムとして導入・一元管理が可能となる。導入および運用コストを削減できるとともに、既設システムのリプレイスにおいても同様に一元管理を行うことができるという。
両社はアートの全国100社以上に及ぶ施工代行店及び保守・サービス網などを活用し、多様な利用シーンやユーザーニーズに合わせたセキュリティレベルを実現する“総合型ソリューション”として全国展開するそうだ。

高い要求にも応えてくれる、新MacBook Proはやっぱりベストバイ

2022/06/07 19:30
MacBook Proをテストした編集部・上岡は、ポテンシャルの高さに驚きを隠せない。
「一昨年にM1チップが発表されたときも驚きでしたが、M1 Pro/Maxはそれを上回る衝撃を受けました。いずれのチップもその飛躍的な性能で、画像や映像のプロのハイレベルな要求に応えてくれます。負荷が軽い作業は2つの高効率コアが行い、8つの高性能コアが負荷の高い作業を受け持つM1プロセッサの採用で処理能力が飛躍的に高まり、画像調整や動画の編集も実にスムーズ。私も趣味で一眼レフで撮った4K動画を編集するのですが、自分のPCだととてつもなく時間がかかります。でも、本機で試したところ、半分以下の時間で作業完了。YouTuberなど、日々動画を撮影して配信している人には力強い相棒になるでしょう」
また、画質の向上も見逃せない。
「ディスプレイの進化ですね。14インチ、16インチともにハイコントラストなLiquid Retina XDRを搭載。ダイナミックレンジが広いので、風景写真などの編集の際、夕景の微妙な光加減も的確に表示してくれます。また、SDXCカードスロットが復活して、写真や動画のデータが取り出しやすくなったことも特筆!」
↑革新的なパフォーマンスに加え、最大21時間(※)というMac史上最長のバッテリー駆動時間を実現。ロケ先など過酷なシーンでもプロをし……