ダッシュボードカメラ市場―製品タイプ別(1 チャンネ…|キヤノン:多彩な動画表現を実現可能なフルサイズミラー…|撮る楽しさを再認識 手軽なインスタント式だけどレンズ…|他

ダッシュボードカメラ市場―製品タイプ別(1 チャンネル、2 チャンネル)、技術別、ビデオ品質別、流通チャネル別、アプ…

2022/11/17 17:58
以下は、予測期間中に市場の成長を促進する他の要因です。
● 車両盗難増加する
● 保険料中にドライブレコーダーの利点
● 交通事故の負担増加する
● 自動車セクター中に研究開発(R&D)支出の増加
● 新型ライトビークルの販売が急増
レポートは、製品タイプ別(1 チャンネル、2 チャンネル、背面図)、技術別(ベーシック、アドバンスト、スマート)、ビデオ品質別(標準解像度(SD)・高解像度(HD)カメラ、およびフル HD ・ 4K カメラ)、流通チャネル別(店舗およびオンライン)、アプリケーション別(自家用車および商用車)、および地域別によってセグメンテーション、そのサブセグメントの詳細な分析についてさらに概説しています。
ビデオ品質に基づいて、市場は、標準解像度(SD)・高解像度(HD)カメラ、およびフル HD ・ 4K カメラに分割されます。これらのセグメントのうち、フル HD ・ 4K カメラ セグメントは、2033 年末までに最大の収益を獲得すると予想されています。これは、フル HD ・ 4K カメラに対する需要の高まりに起因しています。これは、世界中で交通事故の数が増加している、とより高品質の映像を求める需要が急増しているだけでなく、より詳細な情報を簡単に取得できるためです。2022 年の道路交通事故に関する世界……

キヤノン:多彩な動画表現を実現可能なフルサイズミラーレスカメラ「EOS R6 Mark II」を展示[Inter B…

2022/11/17 17:44
キヤノンは、Inter BEEで2022年12月中旬に発売するフルサイズミラーレスカメラ「EOS R6 Mark II」を展示した。
有効画素数最大約2420万画素フルサイズCMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC X」により、高い解像感と常用最高ISO102400(静止画撮影時)の高感度を両立。また、ボディー内5軸手ブレ補正機構を搭載しており、レンズ内光学式手ブレ補正機構を搭載したRFレンズとの協調制御により、最高8.0段の手ブレ補正効果を発揮するという。

撮る楽しさを再認識。手軽なインスタント式だけどレンズ交換やマニュアル撮影ができる「NONS SL660」を使ってみた

2022/11/17 17:05
昨今盛り上がるアナログ写真。なかでもインスタント式は現像の手間もなく、撮ってすぐ楽しめるのが魅力ですよね。
「インスタントってボタンを押すだけだからカメラの醍醐味がないじゃん!」と思った方、お待ちください。世の中にはそんな常識を破るユニークなカメラもあるんです。
クラウドファンディングサイトmachi-yaに登場した「NONS SL660」は、インスタントなのに一眼レフのレンズが使え、絞りやフォーカスも操作できる本格派な一台なんですよ。
写真をこよなく愛する筆者が、実際の製品でいろいろ試してきたレポートを是非最後までご覧ください。
マニュアル撮影が楽しいインスタントカメラPhoto: junior改めて「NONS SL660」は、絞りやシャッタースピードなどを自ら設定するフルマニュアル撮影が楽しめるインスタントカメラ。
フィルムは富士フイルムから展開されているinstax SQUAREを利用します。
Photo: juniorレンズ交換式でカメラ側のマウントはキヤノンEFマウント。
マウントアダプターを用意すれば、M42やヤシカ、コンタックスといった往年のオールドレンズも楽しめますよ。
Photo: junior軍艦部(カメラの上部)にはシャッタースピード設定ダイヤルが備わり、隣の液晶には露出計とフィルム残数が表示……

府中市内の京王線の踏切でもAI,3Dカメラで異常検知の運用を・・西武鉄道が実施へ

2022/11/17 14:03
府中市議会議員(無所属)の ゆうきりょう です。昨日(11月16日)朝日新聞多摩版に、「西武鉄道はAI(人口知能)や3D画像解析システムを用いて、踏切内の異常を検知するシステムの運用を開始した」と報じています。記事では「踏切内に取り残された人を、カメラで検知する。国交省によると、3Dカメラを使った踏切向けシステムは国内で初めてで、AIを使った踏切向けシステムは国内で初めて、AIを使ったものは2例目」とのことです。
またこのシステムは、「3Dのものは2つのレンズで距離や高さなどを立体的に認識し、AIのものは骨格などを検知して人を認識する」「共に、踏切内に3秒以上とどまっていた場合に運転士に異常を知らせる仕組み」とのことです。西武鉄道では年内に2つの踏切でこうしたシステムを導入するとしています。
この西武鉄道の取り組みは、大変重要な成果です。身体の不自由な方など踏切を渡るのは大変怖いものです。私も踏切をご高齢の方で、ゆっくり渡っている光景を見ると、いつ踏切が鳴るのか冷や冷やしながら見ています。
この前のブログ※でもお伝えしましたが、私も京王電鉄にこうしたシステムの導入を要望しましたが、ぜひ実現するよう求めたいと思います。
※参考ブログ⇒ 京王線 東府中駅そばの踏切の安全対策は喫緊の課題、AIの活用で視覚障碍者を守れ! – 市民派無所属 府中市……

日本初上陸!!合体するバックパック、Arrisシリーズ!

2022/11/17 13:40
Arrisシリーズが生まれたのは、アメリカはユタ州のソルトレイクシティ。
冬季五輪の会場ともなった自然豊かな土地で、まじめな社長がまじめに開発してきたバックパックの知見を集結して作った、究極のバックパックが今回ご紹介しているArrisシリーズです。
① 出し入れしやすい工夫が満載!モジュラー単体で使っても便利!男女ともに背負いやすいフレーム設計!
② 35リットルの本体に、モジュラーを合体して、約50リットルまで容量増加可能!!
③ キャンプに強い!!三層構造 継ぎ目テーピングで丈夫で水に強い!新開発の超軽量生地で大容量なのに軽い!
④ 出張もお任せ!機内持ち込み可能、ノートパソコンの出し入れも簡単!!
⑤ 一眼レフカメラもPCも保護して収納!究極のバックパック
詳細、使い方の動画を、FIRST STEPで是非ご覧ください。
https://firststep.en-jine.com/projects/arris?p_token=64718fe837954f8eae0ed7493b101bbb

【11月18日発売】キヤノンEOS R6 MarkⅡ & ソニーα7RⅤなど新製品の年末大特集! 別冊付録は現行デジ…

2022/11/17 13:00
株式会社 ワン・パブリッシング(東京都台東区/代表取締役社長:廣瀬有二)は、2022年11月18日(金)に「CAPA 12月号」(定価1210円・税込)を発売いたします。
巻頭特集は「年末大特集! 新製品2022Late」と題し、今秋登場&発表のキヤノンEOS R6 MarkⅡやソニーα7RⅤなど注目モデルをいち早くレポート。第2特集は各メーカーの人気機種購入の決断ポイントをズバリ解説する「どちらを選ぶ? 2022年末カメラ購入ガイド」を、撮影テクニックはすっかり冬の被写体となった「夜景&イルミネーションを楽しむ‟裏ワザ”撮影術」をお届けします。さらに今月は、現在販売されているカメラ92製品を網羅した別冊付録「オールデジタルカメラBOOK」付き。CAPA12月号もカメラ・写真を楽しむための記事が満載です。
……

高性能なのに「寄れない」最近のスマホカメラ 解決するには?(1/2 ページ)

2022/11/17 12:30
関連記事「iPhone 13 Pro」のカメラは総合的にピカイチ 気になる「マクロ機能」や「フォトグラフスタイル」もチェック
新型iPhoneが出たらやること、それはカメラレビューだ。「iPhone 13 Pro」のカメラはデザインこそ「iPhone 12 Pro」を引き継いでいて変わり栄えしないように思えるが、センサーが変わっていたり、気になる機能が追加されていたりと、いろいろ遊べるのである。メインカメラが大幅に強化された「iPhone 14 Pro」 4800万画素の実力はいかに?
毎年恒例、新型iPhoneのカメラレビューの季節がやってきた。今回レビューする「iPhone 14 Pro」のカメラは、今までよりセンサーサイズが大きくなっただけでなく「4800万画素で撮影」できるようになった。「iPhone 14」のメインカメラは“13 Pro並み”だが他は弱い? 14 Proとの違いも含めて徹底レビュー
「iPhone 14」の背面には超広角カメラとメインカメラの2つのカメラが搭載されている。「iPhone 13 Pro」と同じカメラになったメインカメラは「iPhone 13」と比べてワンランク上がった印象で、フロントカメラにも力が入っている。動画撮影には「アクションモード」が楽しく、普段使いには十分といった印象だ。予想以上に優秀だった「P……

「Snapdragon 8 Gen 2」でAndroidスマホのカメラはどう進化するのか

2022/11/17 12:08
 資料を見ると、徐々に対応するカメラの数が増え、より大きな写真・動画を撮影できるようになり、扱えるデータ量が増えてきたことがわかる。
 Snapdragon 845ではカメラ2つ、マルチフレームでの処理に対応し、Snapdragonでは、さらに深度も活用でき、コンピューティングフォトグラフィーへ歩みを進め始めた。
 Snapdragon 865では、2つのカメラでそれぞれ14ビットのデータを扱い、8Kの動画撮影もサポート。Snapdragon 888では、トリプルカメラに拡張。1年前のSnapdragon 8 Gen 1は3カメラに加えて、扱えるフレーム数が6→30フレームに拡充、18ビットのデータもサポートするようになった。