車椅子検知用IoTカメラソリューション B’s Su…|スマートフォン一体型無散瞳眼底カメラ Eyer が薬…|AliExpressで50MPカメラのBlackvi…|他

車椅子検知用IoTカメラソリューション「B's Support Solution (車椅子検知)」をリリース。IoT…

2022/11/24 15:35
IoTソリューションのコンサル・企画・開発・販売をおこなう株式会社B’s STYLE(岡山県岡山市北区、代表取締役社長:宮内 浩)は、2022年10月より、 カメラの映像から車椅子を検知し通知するシステム「B's Support Solution (車椅子検知)」の提供を開始いたします。
「B's Support Solution (車椅子検知)」とは
 「B's Support Solution (車椅子検知)」は、設置したカメラの画像から、車椅子のお客様など、指定のサポート対象を検知し、施設管理者やフロント・コンシェルジュなど、お客様のサポーターとして待機している担当者へいち早く通知します。
『バリアフリー化がまだできない』『バリアフリー化が途中の場所』などでも、最新・最善のサポートサービスをお客様に提供する助けとなるシステムです。
ご利用イメージ
【ホテルエントランスでの導入例】
 エントランス、優先駐車場付近などにカメラを設置します。
 検知エリアを車椅子のお客様が通ると、検知し通知します。
検知・見える化で広がるサポートの可能性
 今ある設備に、比較的少コストで「IoT」や「AI」をプラスすることで、サポートが必要そうな方をいち早く発見する助けとなります。
また、お客様を素早くサポート出来るこ……

スマートフォン一体型無散瞳眼底カメラ「Eyer」が薬事認証を取得

2022/11/24 15:30
アルムは、2022年3月にフェルコムと眼科領域の遠隔医療にまつわる協業に向けた資本業務提携契約を締結し、眼科領域におけるヘルスケアICT事業の共同展開を進めてまいりました。
この度、薬事認証を取得したEyerは、スマートフォンと一体化したポータブル無散瞳眼底カメラです。 軽量・小型で、患者さんの瞳孔を広げる散瞳薬を使用せずに簡単な操作で高画質の眼底・前眼部撮影ができるため、院内ベッドサイドや往診時、高齢者や小児の検査など、場所を選ばず様々なシーンでご活用いただけます。
また、アルムが開発・提供する医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」と連携して使用することで、Eyerで撮影した検査画像を遠隔地の医師と共有する「眼科の遠隔診療モデル」を実現できます。例えば、現場の医療従事者がEyerを用いて撮影した検査画像をJoinを通じて遠方の専門医に共有することで、アドバイスを受けることができます。これにより、時間・コスト・距離の短縮を実現し、患者さんのQOL向上に貢献します。
Eyerは、2022年12月ごろより販売開始予定です。Joinをはじめとするアルムの医療ICT製品と連携しながら、眼科領域での医療DXの推進を目指します。
■Eyerについて
<特徴> 高画質・高感度撮影:特許取得技術による高画質撮影が可能。低光量撮影のため眩し……

AliExpressで50MPカメラのBlackview A85がプレミアセール

2022/11/24 15:29
A85は豪華なデザインと卓越したパフォーマンスで、ブランドの評判をより高めました。
携帯電話のデザインが画一化する昨今に、Blackviewは精巧なデザインの追求を惜しみません。
そうして生まれたスマートフォンがAシリーズのA100とA95です。
A85は、トレンディな美しさを備えたAシリーズの革新とスタイルの遺産に準拠したデザインとなっています。
またその軽量薄型のボディに、より鮮やかな色と、より優れたカメラ品質に、より高速なOS、そしてより大きな容量のメモリ、ストレージ、バッテリーを兼ね備えています。
AliExpressのBlackview A85のリンク:https://s.click.aliexpress.com/e/_oCfLctR
カラーバリエーションのあるトレンディな軽量薄型ボディに、6.5インチの90HZディスプレイ
Blackview A85は90HZリフレッシュレートの6.5インチHDディスプレイを持っています。
また、A85の背面のガラスは洗練されたメッキがされています。
さらに、厚さ8.65mm、重量193gで、Blackviewの精緻な職人技を完璧に表しています。
もう1つの売りは、カラーバリエーションが豊富なことです。
カラバリは、スカイミラー、スペースブラック、ディ……

レンズ交換やマニュアル撮影が楽しめる! 見た目も機能も本格的なインスタントカメラ「NONS SL660」

2022/11/24 15:03
クラウドファンディングサイトmachi-yaでキャンペーン中の「NONS SL660」は、インスタント式なのに一眼レフの機能を持ち合わせたユニークなカメラ。
シャッタースピード調整やレンズ交換などのマニュアル撮影もできるのに、出力はチェキで使うフィルムな製品なんですよ。撮影は本格的なのに、ウィーンと出てフワッと現れる写真がなんともノスタルジー。
お得なキャンペーンも実施中とのことですが、終了も迫っていたので改めてチェックしておきましょう!
フィルムはインスタントでも本格的Image: Tomo Ark.,Ltd撮ってすぐに現像した写真が楽しめるインスタントカメラ。
デジタルが主流の世代には逆に新鮮な体験となり、フジフイルムのチェキなどの人気がリバイバルしていますよね。
Image: Tomo Ark.,Ltd多くのインスタントカメラは付属の単焦点レンズでしか撮影ができませんが、一眼レフ機構を持つ「NONS SL660」は対応するマウントであれば好みのレンズを使用可能。
Image: Tomo Ark.,Ltdさらにシャッタースピードや絞り調節まで可能なため、スキルやレンズ次第でバラエティ豊かな表現も可能ですよ。
Image: Tomo Ark.,Ltd本体はUSB Type-Cケーブルで直接充電するタイプ。
満充電……

ミラーレス一眼カメラ「X-T5」を守る、ハクバの液晶保護フィルム新製品

2022/11/24 14:30
 「FUJIFILM X-T5/X100V専用 液晶保護フィルムIII」は、反射光を抑える反射防止(AR)コートを採用し、貼る前よりも高い視認性を実現。業界最高クラスの全光線透過率95.6%の透明度で、正確な色調と明暗の階調をストレートに映し出す。
 撥水・防汚効果のあるフッ素コートにより、指紋が付きにくく、指紋が付いても簡単に拭き取ることができる。また、帯電防止効果により静電気の発生を抑え、液晶画面に埃や塵を寄せ付けない。さらに、傷に強いハードコート処理を施しており、フィルム表面の「すり傷」や「爪あと」などが残りにくい表面硬度(3H)と保護力で液晶画面を美しい状態のまま保つ。
 シリコン粘着層により、貼った時に入ってしまった気泡が自然に消える。微細な埃であればシリコン粘着層が取り込み気泡を発生させない。また、シリコン粘着層の自己吸着性により、フィルムを画面に置くだけで自然に貼り付くため簡単に貼り付けることが可能。貼り付けに失敗しても吸着力を損ねずに貼り直すことができる。
 各機種に合わせた専用サイズなので、パッケージから取り出してそのまま貼り付けが可能。また、三菱レイヨンが開発した超極細繊維のクリーナーが付属している。フィルムを貼り付ける前に、油膜や埃、指紋などの汚れをキレイに拭き取ることができる。
 高品質な日本製のフィルムを採用し、……

「味ぽん®」が「AIカメラ」を本気で開発!半径1メートルのしあわせ顔を自動認識し撮影する『しあわせ、ぽん!カメラ』登場!

2022/11/24 13:00
株式会社 Mizkan(本社:愛知県半田市、代表取締役社長兼 CEO:吉永 智征、以下ミツカン)は、「半径1メートルのしあわせ」を提案する「しあわせ、ぽん!」プロジェクトを本年5月から始動。さまざまなコンテンツを通じて、家族や気の合う友人たちと過ごす身近なしあわせを提案しております。
その「しあわせ、ぽん!」プロジェクトの第5弾の企画として、「しあわせ顔」を自動認識して、写真を撮影することができる、「しあわせ、ぽん!カメラ」の開発を行い、11月30日のカメラの日に先駆けて、公開いたしました。
このカメラは、食卓の真ん中にある味ぽんだからこそできる、食卓を囲む人々に「ぽん!」としあわせがやってきて笑顔になる瞬間を、記録することできます。
『しあわせ、ぽん!カメラ』とは
「しあわせ、ぽん!カメラ」は、味ぽんにカメラの機能が加わった、プロトタイプのAIカメラです。味ぽんの目線で、食卓にあふれる何気ない「しあわせ顔」を撮ることを目的に開発しました。カメラが食卓にある「笑顔の総和データ」から、『しあわせな瞬間』を定義、AIによる表情解析アルゴリズムが「笑顔」の値を判定し、カメラの前の人が「しあわせ顔」になった瞬間に、自動で写真を撮影することができます。
『しあわせ、ぽん!カメラ』の特徴・「しあわせ顔」をカメラで認識して、写真を自動で撮影……

SIGMA fpやIシリーズレンズなど体験できる「Touch & Try」が開催。12月3・4日に二子玉川 蔦屋家電にて

2022/11/24 12:56
シグマは、同社製品の体験会「SIGMA Touch & Try」を12月3日(土)、4日(日)の2日間にかけて開催する。会場は二子玉川 蔦屋家電2階 特設ブース。
ミラーレスカメラ「SIGMA fp」シリーズや、“プレミアムコンパクトプライム”を謳う交換レンズ「Iシリーズ」などの体験ができるイベント(対象製品は後述)。このほか、オリジナルグッズの販売や、SIGMAのものづくりを体現する展示、カメラの使い方講座、同社代表取締役社長・山木和人氏が参加するトークセッションも用意する。
製品貸出は11時00分~16時00分まで(最終貸出し受付15時00分)。1回につき1機種を貸出し。1機種における貸出し時間は120分となっているが、開催時間内であれば何度でも貸出し可能としている。記録メディアは要持参。三脚などの貸し出しはない。事前の申し込みおよび予約は不可で、当日の受付け順での貸出しとなる。
トークセッションは、写真にも造詣の深いというミュージシャンの高野寛氏と山木社長が登壇。テーマは、コロナ以降の「旅」。開催時間は12月3日(土)18時00分~19時00分(開場17時50分)。会場は二子玉川 蔦屋家電2階シェアラウンジ。先着30名の予約制となっている。
SIGMAのものづくり展示では、映画「トップガン マーヴェリック」の撮影に使……